(2008/04/19up)
Back

にしざき すすむ【西崎晋】『Chanson sansparoles』1938


CHANSON SANS PAROLES

詩集 CHANSON SANS PAROLES

西崎晋遺稿詩集

昭和13年4月25日 二〇世紀刊行所刊行

26.1×19.0cm 上製 ¥1.00


    献辞

広告

ヘラクレイスの湯

序歌

自分のことのやうに疲れて

おれはアイヂプトスにゐた方が良かつた 1  2

乾いた樋もある揺れる目も見えたな

CHANSON SANS PAROLES

バルコンに背をむけて

招ばれて花の日にかへる

神かけて

森の緑の楽器の緑の音楽は

開きの充填

あなたの手紙にかけてあつた

重いアタマに油を雨に調味料は

アトランチカの椅子でねた振り

形に於て樹にちかく

植物

柘榴の森といふ象徴  1   2

森や海にゐたことについては

董の大尉に言へるなら

生誕

AU DELA DU

L’ECUME INCONNUE

美しい季節

HORATIOSOLILOQUY

バリイ島以前の癖

アドニス祭

希望に燃え上る共謀 1   2

アドニス祭

ロゼツテイ風の村

乾いた時  1   2

腹部疾患に於けるデイアン・カレエの用途方  1   2   3

スタニスラフスキイ聖典  1   2

(白紙)

目次 1  2

奥付


「新領土」昭和12年12月 「西崎晋備忘」宗 孝彦 1    2   編集後記 上田 保

「新領土」昭和13年 2月 「西崎晋詩抄」  
「新領土」昭和13年 2月 「西崎のプロフィール」 饒正太郎
「新領土」昭和13年 2月 「西崎晋逝去のこと」 酒井正平 1   2

「新領土」昭和13年 5月 「西崎晋遺稿詩集」 近藤 東

「新領土」昭和13年 9月 「ポアンの里の人々 a」 酒井正平
「新領土」昭和13年10月 「ポアンの里の人々 b」 酒井正平
「新領土」昭和13年11月 「ポアンの里の人々 c」 酒井正平

メモ:サイズ、見返しや本文の用紙、扉や本文の組み方までほぼ江間章子の詩集『春への招待』と同じである。 (ただし印刷所異なる)。

 また彼が書いたといふ、雑誌掲載の小説に、田中克己と思しき人物が登場してゐる由ですが、さてそれがどんなものであるのか不詳です。 情報をお待ち申し上げてをります。

 (田中克己日記『夜光雲』昭和十三年のページより) 十月二十三日(日)
午後、酒井正平に新宿に会ふ。故西崎晋氏、「星座」に僕のことを書いた小説のせてゐた由。

CHANSON SANS PAROLES

TOP