(2007.10.19up / 2011.11.05update)
Back

かとう ちはる【加藤千晴(平治)】『詩集宣告』1942


詩集宣告

詩集 宣告

加藤千晴 第一詩集

昭和17年5月1日 現代社(京都)刊

99p 18.7×13.0cm 上製 \1.35


見返し  (臼井喜之助宛献呈) 扉  中扉  中扉

   序 1  2  3  4

 津田君
 僕の詩集には、この手紙を序文にして下さい。これが最も適切だと思ふから。
いろいろと言ひたいことも多いのだが、何よりも先づ、君自身の数々の現實問
題や心の苦悩にもかかはらず、多くの心勞と時間とをこの詩集のためにさいて
くれて、全く赤手空拳、あらゆる困難とたたかってくれた君に對する感謝を述
べなければならない。だが、それをどうして筆舌に盡すことが出来よう。アメ
リカとイギリスに對する宣戰が布告されたので、僕が詩集の上梓を見合せても
よいといふ意見を電話した時の君の忠告はどんなに心を打ったことであらう。
成程、文學を机上の遊戯としないものにとっては、今こそ自分の裡に掴み取っ
た眞實を、愛する大地へ、故郷へ、投げつける時なのであらう。時代の激情は、
人々の生活に大きな嵐を生起し、人々は心の根據の荒寥におののいてゐるのだ。

加藤千晴

今は、人々は眞實に目覚めて、身輕にならねばならない時だ。
 思へば長い間、われわれは苦しい生活に喘いで来たものだ。殆んどわけの分
らない重苦しい壓迫であった。偽善と衒學に操られ、限りない虚化不實の中に、
われわれの青春と理想とを無駄にしてしまったのだ。僕も今では頭の霜を思ふ
やうになったのはさびしい。そして、そのさびしさを、今ここに得たこの貧し
い詩集が幾分なぐさめて呉れるのだ。人知れず、かれこれ二十年の間、僕は文
學を愛して来た。しかし世上の文學は商業主義に毒され、モラルを持たず、忌
むべき世相を反映する暗黒時代の中にあった。それは生活の根柢を離れ、空々
しい感傷の遊戯に過ぎなかった。僕は文學する情熱も涸れ、屡々絶望してしま
つた。そしてただ孤獨に、やるかたない精神を空しく悲歌してゐた。僕が生命
を感じ、精神の生活を知ったのは詩においてであり、詩は意志を以て深く自己
の内奥から汲まれなければならなかった。
 僕にとって、詩は最後の道であった。追ひつめられて行き當った血路であっ
た。ここにのみ僕は許され、ここにのみ僕は救はれるのだ。これは僕の運命で
あった。僕の疲れ果てた身も心も、詩の中で再び燃えた。僕の一切の不幸も詩
の中で歡喜を生んだ。何故なら詩は眞實であるからだ。それこそモラルである
ものだ。それこそ秩序への方向だ。僕の生活はそこに建てられ、この駑馬の精
神を駆るものは詩のきびしい鞭だけである。
 友よ、時代は壮絶を極める。夜が明けるのだ。嵐だ。嵐だ。長い虚妄の歴史
が過ぎて行くのだ。新しい生活のために、すべてが身悶へる。われわれの生存
の間に起りさうもないと思はれたことが現に来たのだ。われわれは生きること
が出来るし、また生きねばならない。古い幻影をかなぐり捨てて、人々は身ぐ
るみ嵐の中に立つだらう。
 このささやかな詩集が、折しもかうした転換期に生れ出ることは、僕らにと
つて深い意義を持つであらう。僕らの路は今後もなほ蕭殺として嶮しいこと
であらうが、僕らの意熟が一層高まる時、人間生活への探求の道すがら、この
詩集は思ひ出深い記念になることだらう。ほんとに長い間、僕らは堪へて来た
のだ。屈辱や悲哀にさいなまれ、生活に憧憬れ、秩序を求めて苦悩して来た。
 僕らは今、時代の偉大なる情熱を感じてゐる。秩序、秩序。このもののため
にあんなにも僕らも苦しみたたかったではないか。世路に迷ひ孤怨に日を送る
僕も、今は心貧しく生きることが樂しい。そして、黒い紙で被ったラムプの下
で、この手紙を書きながらも、殆んど涙ぐましいほどにも深い深い感動を覚え
てゐる。

  昭和十六年十二月
                      加藤千晴

目次 p8  p9 p10

T 石をたたく

p11

 冬の歌

出て行かう 出て行かう
風の鳴つてゐるところに
窓も扉もやぶれてしまふ
行きくれて佇むものよ
くらい嵐のなかに立て

古い戸棚や抽斗のなかで
誰かがわたしを呼んでゐる
何といふ親しげな聲だらう
しかしわたしは行かねばならない
親しい聲よ 左様なら

p12

出て行かう 出て行かう 心を決めて 別れを告げて
花も葉もない樹々でさへ
土にその根を護るものを
わたしの胸には何があらう

出て行かう 出て行かう
風の鳴つてゐるところに
あなたの胸に火をつけて
わたしの胸に火をつけて
くらい嵐のなかを行かう

p13

 祈り 1

世の中の人たちが
私にをしへてくれたことは
みんな嘘でした
みんなつまらないことでした
神さま
私はあなただけをたよります
あなたは何も言はないから

人間に言葉を禁じて下さい
かれらの言ふことは非道いことです

p14

その言葉が悪いゆえに
あのやうに人間がみにくく汚れ
鬼のやうなものになつたのです

神さま
人間を救つて下さい
かれらがよい言葉を言ふやうにして下さい
神さま
私のねがひをきいて下さい

 祈り 2

p15

私が字を書き本を讀み
世間に心をゆるさぬゆえに
私の妻と私の娘は
私の偉大であることを信じながら
しつかにごはんをたべてゐる

神さま
私をゆるして下さい
そのしほらしいたましひたちに
何のよろこびも齎らさない
やくざなものをゆるして下さい
小さな燈の下で
ごはんをたべる人たちに
お菜やお魚をたべる人たちに

p16

もつとよい日をあたへて下さい

神さま
私に弓と矢をさづけて下さい
小さな燈のまはりには
大きな闇がひろがつてゐて
あの暗い山々や谷のあたりには
どんな恐しいものがゐるか知れません

神さま
小さな燈の下にゐる
かよわいものを救つて下さい
いはれのない私の生ゆえに
私のそばでごはんをたべる人たちに
かはらぬ愛をそそいで下さい
私もかれらの幸をねがひ
はげしく泣くでありませう

 地 球

p17

われわれがその上に棲んでゐる地球は
空に投げた鞠のやうなものだといふが
友よ こんなせつないことがあらうか

男と女が愛しあつて
こんなに世の中はにぎやかだけれど
雌のかまきりが雄のかまきりを食べるのだ

地球が一ぺんまはつたからと言つて
どうして眼をさまさなければならないのか
ああ 仕事がいそがしい 仕事がいそがしい

 哀 歌

p18

お茶をのみ 煙草をのみ
かうして私は死ぬだらう
いつたい何杯のお茶と何本の煙草を
私はのんだことだらう
おお 悔いのために泣かねばならない

人間といふ奇妙なものに生れて
氣むづかしげに生きてゐる
いかほど心をくだいても
この愚かしさ この惨めさ
名もない昆蟲にもおよばない

かうして私が泣くときでも
誰がなぐさめてくれるといふのか
多くのものが私を嗤ひ
やさしいものは来てくれない
やさしいものは来てくれない

 石をたたく

p19

石をたたいても
石をたたいても
どんなあとがのこるのだ
石をたたいても
石をたたいても
つかれてたふれてしまふだけだ
石はかたく
石はつれなく
つめたくむごいかたまりだ

かなしいさだめをなきながら
石をたたいてゐるものよ
そのおそろしいかたまりを
そのいぶかしいなきがらを
むなしくたたいてゐるものよ

 石

p20

石よ

幾千年のながい嵐に

おまへは何を夢みたか

 霜 夜

霜のふるさむい夜更
眼がさめたら
おれの眼に涙があふれてる
へんにせつない夢をみたんだ
おれは夢のなかで
小説を讀んでたんだ
高雅なフランス語の小説だつたよ

p21

男と女の別れなんだ
行つてしまふ男の靴の音を
女はだまつてきいてゐる
それがひどくせつないんだ
さう さう
こんな文句があつたわい
 Nous y vivrons la-bas,             あそこで暮らそう
 tous les deux…                    二人でともに…
おれの胸のなかで
この字がまだ鼓動してるんだ
夢といふやつは
ほんとのことよりもつとほんとだな
おれはきりぎりすのやうにせつないよ
ああ 仕方がない
ころもかたしきひとりかも寢よう

 戀慕の歌

p22

   1

いとしいものよ
世智を捨ていのちに生きよ
いのちこそは燃えるもの
いのちこそは望むもの
ああ いとしいものよ
世智を捨ていのちに生きて
かぎりない寛容の世界に行かう
おぞましい世智の沼には
穢れと恥ぢが泡立つてゐる
いとしいものよ
その胸を その心を
世智の汚れにそめてはならない

p23

ひたすらにいのちに生きて
ひたすらに燃えて望めよ
ためらふことなく おそれることなく
さあ いとしいものよ
眼をあげて
手をさしのべて
ひろいひろい愛の大空に
雲のやうに流れて行かう

   2

何といふみじめなことだ
あなたはそんなに遠くにゐる
私の足はうごかない
手もとどかないし
聲もきこえないらしい
それに闇がせまつてくるのだ
いとしい姿がうすれてゆく
ああ
おそろしく強いカで
この石のやうな空間をうち碎け

p24

   3

私は愛のためにたたかふだらう
あなたの中の世の中とたたかふだらう
私はそれをほろぼさねばならない
さうしたときにこそ
あなたは私のものになるだらう
そして私をやすらかにしてくれるだらう

U 皿

 皿

p25

皿を洗へ

けふは何をもりしや

あすはまた何をもるべき

皿を洗へ 皿を洗へ

 心 景

たちまよふは叡智の息吹
秩序の絃のふるへかそけく
翳(かげり)ふかきこの教養の朝

p26

ゆるやかにゆるやかに生命は沸り
思慕の花いまほぐれんとして
見よ
慈愛の雲なびきたる
きよらけき理性の空に
希求の鷲の翔けりゆくを

 麥 畠

麥畠 麥畠
生きてわれ
ふたたびかかる日に逢ひぬ
五月の空の青ければ
かぐはしき風のわたれば
麥畠 光に醉ひてそよぐぞかし

p27

委畠 麥畠
ああ とことはに
われ生きて
いつさいの苦患をはなれ
光のなかに歌はばや
み空なる鳥のごとくに
ひたぶるに
ひたぶるに 歡びの歌うたはばや

 荷 車

p28

荷車を曳くものあり
黄昏のなかにたどたどと
軌るその音の佗びしきかな
これやこの人間の勞苦の軌り
聽かずや あはれ
かそかにも心のそこに
いともにぶくいともたゆげに軌りゆく
わが生の重き荷車の音

 花辨のごとく

p29

こぼれ散る花辨のごとく
われ悲しみの歌をうたひぬ

光のなかに咲きかがやきし
そのかみの情熱の日を歌ひつつ
執着の床より散りて消ゆる花辨
汝 そも何を識り得しや

ああ われ夢に老いんとして
胸に散りにし花辨のいくばくなる

 鴨 川

その流れ紅燈のかずを映したれども

p30

湛へしはただ憂悶の色ならずや
その流れ絃歌のひびきをつたふれども
身にしむはただ悲愁の風ならずや
誰か知る 鴨川の水
そもいくばくの涙と夢を流し去りしや
時は夢 情は夢と
流れてつきぬ哀怨の川
さりながら つきせぬは流れのみかは
あはれ まことも いつはりも
ただうたかたと知るや知らずや
果て知らぬ愛惜の川 堰くすべもなし

p31

 初 秋

われ憂愁の床に覚めて
窓に初秋の知るきを見る
流離の夢をかへりみれば
わが失ひしものいくばくぞ
蟲のね嫋々と胸をうちて
人の思ひはせつなきかな
あはれ空の日の情熱は
雲の行方か 水の行方か

p32

 生 活

われ星空の下にありて
遠き沙漠を想ひしが
わが生活は宿命の壁に
貧しき洋燈を掛けたるのみ
ひとり寂寥の爐を燃やし
われは巷に老いゆくか
ああ いづちよりいづちへ過ぐる
わが胸にとよむ潮騒

 壁

永く空しき「時」に向ひて
色あせし壁に残りたる

p33

年ふりし汚点こそかなしけれ
記憶の滓によごれたる
わが倦み果てし心にも似て

 わが心極北に棲む

都大路をわれは往けど
女の胸にわれは眠れど
わが心極北に棲む
呼べどなほ遠くさかりて
わが心ほのかに翔くる
峻峭たる氷山のほとり
寂寥の竈は燃えたるなり

 鶯

p34

なにゆえにわれ
かの山かげにのがれたりけん
はげしき夏の日ざかりに
生くるすべなく思ほえて
くるほしくかの山かげにのがれしに
岩間つたひて水はしり
樹々はわれをあはれむごとく
もくもくとしてうなだれたりしが
いづくにか鶯の
たからかに啼きたりけり
天日燃えてはげしき夏
あはれそも何に堪へてか
あめつちにひとりひびきし
かの鶯のたかきさへずり

p35

わが胸をこそ搖りにけれ
かくてわれ
生きがたきをも生きたりしが
鶯よ
囁けよかし いまさらに
わがむなぬちに塒して
かなしめる心をよびて
啼けよかし 啼けよかし
あめつちもつらぬけよかし

V 宣告

 宣 告

p36

僕らは宣告されたのだ
 「おまへは亡びる」と
何もかも明白になつてきた
僕らの一挙手一投足は
いかに間違ひだらけのものだらう
だがしかし
悠々として雲は流れる
ああ 美しい日よ
僕らはこんなにすがすがしい
さあ どんどん行かう

 毀れた玩具

p37

窓の下に棄てられて
雨だれに朽ちようとしてゐる
毀れた玩具
重い空氣の間に摺り減つた
むざんな生活の形見である
おお 悔恨と悲憤の夢を吐いて
永劫の彼方に消えよ
その意味なき哀樂の屑

 雨

夢に疲れた私の心に
しとしとと沁み入る雨よ
過ぎゆく夏の悔恨に泣くのか
すべての夢をなげうつて
私にも泣けといざなふのか

p38

私は疲れた
私は病んだ

雨よ 雨よ
夏のをはりのかなしい雨よ
ただしとしとと心に泌みよ
忘却のしづかな眠りのなかに
母のやうにこの身を搖れよ
私は疲れた
私は病んだ

雨よ 雨よ
しとしととけふ降る雨よ
あすからは如何に生きよう

p39

ああ 偉人の手のやうに
この病熱の胸をやさしく撫でよ

夢に疲れた私の心に
雨よ しとしとと泌み入れよ

 夜あけ

時は私をふりすてる

歴史のやうに無感情に
おまへは操られた頁にすぎない
私は「今日」に投げ出された

街 燈

たそがれに悩む街路に
びつくりさせて街燈がつく

p40

あをざめた心の街路にも
ぶつきらぼうに街燈がつく

 時 計

時計が止つてゐる
おそろしい

時計が動いてゐる
おそろしい

 室 内

p41

黄昏の窓に身を焦せて
水のやうな空をあふぐ
女よ そんなにも寂しいか
硝子鉢のなかの金魚のやうに

部屋によどんだ悒傷の闇に
蒼い裸身は浮彫される
ああ どんなに歡びを希つても
海を皿には盛られようか

 星

p42

夏の夜更に
暗い窓にならんで
世の中のことを語りあつたが
それはくだらないことだと氣がついた
暑くるしい夜空に
星がちらちらと見えたが
星はおれの胸にとびこんで来た
世の中に愛なんてあるものか
おまへも星をひとつ呑むがいい

 月明の下で

僕が月明の下を歩いたとき
人家は水底の岩のやうに
まつくろにうづくまり

p43

すれちがふ人のさまは
魚のやうな寂しさであつた

月はあざわらふ妖婦のやうに
雲の面紗のかげから
誘惑の絲を投げちらしてゐた

僕の歩いてゐる路は
どこまで行つてもつづいてゐて
花苑のそばを行くときには
はげしく百合のにほひもした

p44

僕は月明の下を歩き
貝殻のやうにだまつてゐる
家々の内部を想つたが
そこはみだらな吸盤であつて
うすきたない襤褸をしやぶつてゐた

きこえないやうな音樂が
水のやうな青い世界に
僕をつれて行つた
僕はそこでのびのびと泳いだ
どんな高いところへも昇つて行つた

僕は月明の下で
とうとう僕を見失つた

 雨夜の愁ひ

p45

つめたい冬の両が
今宵あらゆるものを濡らすだらう
あらゆるものはつめたく顫へるだらう
あたたかいものは たつたひとつ
僕の寢床
今宵もまた いつものやうに
おのおのの眠りを眠るだらう
あのきよらかな少女たち
あなたたちもいつかは
天使のやうな赤んぼを生むだらう
そして赤んぼの可愛らしさは
あなたたちを氣ちがひのやうにするだらう
きよらかな少女が
天使のやうな赤んぼを生むといふのは
かくべつ變つたことではないけれども
そんなありきたりのものの道理が

p46

このつめたい雨の夜には
僕の寢床を釜のやうに熱くするのだ
こんなすばらしい思ひだけで
僕の人生はたくさんだといふのに
蟇口のやうに自分の心をぴちんと閉めて
仔細らしく鞄をかかへて歩く男が
どうして僕でなければならぬのだらう
ああ あの路のまがりかどでは
葉の脱ちた街路樹が
凍え死なうとしてゐるだらう

しかし しかし
このつめたい冬の雨が
このあらゆるものを濡らす雨が
いつたい誰の涙だといふのだらう

 流れに寄せて

p47

流れのそばで
娘は花を摘み
私は草の上に寢る
白い花をいつぱい盛つた
灌木の疏林のなか
春の日は
空も水も光にふくらみ
平和の歌をうたつてゐる

むかしの女よ
娘の年よりも古いむかし
この同じ流れのそばで
私たちは別れた
かりそめの
逢ひと別れをかなしんで
二人はかたく抱き合つた

p48

そして あのとき
この流れに
おまへの流す笹舟が
いくつもいくつも消えて行つた
ああ 時は夢なるかな

花を摘んでゐる娘よ
おまへの毎日の幸福を
私はこんなにも希ふのだが
白い花が咲きみだれ

p49

空も水もかがやいてゐる
こんなにも樂しい日が
いつまたおまへに訪れよう
ああ 流れて行く 流れて行く
あの日も この日も
行方も知らず流れて行く

そして そして
春の流れよ
おまへは何をささやくのか
かうして靜かに
いつまでも いつまでも
おまへは何をささやくのか

W 詩のよろこび

p50

 うらぶれ

この足が敷石を踏むときでも
この手が吊革を把るときでも
どうして人の世のうらぶれに
にがい涙をとどめ得よう
ながい無爲の月日も流れて行つたが
天使のすがたは見たこともない
ああ 月の出てゐる風景でさへ
版画のやうにさびれてしまつた

 嘘

p51

二人が結婚したとき
若い二人は
自分たちは乞食になつてもいいと言つた
そして彼らもまた 他人と同じやうに
年をとり やがて死ぬのだと考へたときに
二人は泣いた
だが それは嘘であつた
あんなにも眞實な心で二人は嘘をついたのだ

 夜

p52

あかりを消して
寢床にはいると
部屋はまつくらになり
ひつそりとなる
そのとき
時計の音と僕の心臟だけが
かすかにひびきあふ
それらはひそひそ話をはじめる
僕をそつちのけにして
のべつにめんめんとやつてゐる
何をそんなに語りあふのか
僕にも分らない

p53

 感 興

星を見れば
僕の心はこなごなになる

どこかの處女よ
僕を救つてくれ

幾何學の定理が
僕を絞め殺さうとするのだ

 幻 映

p54

何處なのだらう
何時なのだらう

あなたが立つてゐる
まつたき裸身で
まつたき自由さで
恍惚としてゐる
あなただけが存在して
ただ輝きわたつてゐる
まつたき飽滿のなかに
まつたき靜寂のなかに

 詩のよろこび

p55

あんなときでも
僕はよろこんだ
このたはけた犬め

詩のよろこびは
僕を八つ裂きにするだらう

死を夢みた野獸のやうに
僕は誰も知らないところに行かう

 宝 石

p56

宝石を探し
青石を磨き
愛するものにささげる
人類のただひとつの情熱

夢と涙が凝固して
歡喜と陶醉に結晶した
宝石 おお 掌の星
人類のただひとつの慾望

 運 命

いつの頃か
日光が僕をあたためたとき

p57

僕の中にひとつの植物が萌芽した
ながい年月
僕は部屋に閉ぢこもり
その不思議な植物とともに暮した
それは見事に葉を繁らせ
あでやかに花を咲かせ
時にははなはだしく匂つたりした
僕はその葉の毒にたふれ
その花の匂ひに氣を失つた
僕の涙で
その茎はふとり
その根は強くなつて行つたが
僕は弱り果てて
もう部屋を出る力もなくなつてしまつた

 心

空氣のなかに溶けこまねばならぬ
あらゆる物體に浸透して
まつしぐらに進まねばならぬ
氣が遠くなるほども際限なく
どこまでも分解しなければならぬ

p58

どこにも達し どこにも居るために
さんらんとして碎けねばならぬ

人 生

   1

 何處かに波の音がしてゐたのかしら
あたたかい砂の上であつた おそらく宇
宙のなかにあるものは おそろしくやは
らかい時間と温度と そして僕らだけな
のだらう 僕はあなたの膝にもたれて
胸のピアノに単丁調な音階をたどつてゐた
 何度も繰りかへし 繰りかへし……
あまりの愛に言葉もなく ただ許し合ひ
あはれみ合ひ ほとんど何も感じないや
うな世界に 二人は居たのだ 何時まで
ともなく

p59

   2

空間を區切つた壁のなかに 僕は木材
の卓に對つてゐた 窓にはさびれ果てた
景色が見えて それが恐しい遠さを示し
てゐた 僕の前には皿があつて 皿の上
には一片の肉があつた その肉の影響か
ら 重苦しいものを感じて 僕は誰かを
呼ばうとする しかし誰も居ないのだ
母も 愛する女も 彼女たちは居ないの
だが 彼女たちの眼が そのとき何處か

p60

らか僕を觀た もう仕方がない 僕はこ
の肉を食はねばならぬ ああ愛するもの
よ 裏切られ 辱しめられて 彼女たち
は何處かへ行つてしまつたのだ このひ
どく悲しい肉片を僕に與へて──

奥付


詩集『宣告』への言葉(全)(加藤千晴詩集刊行会発行)

2004.9.19開催の「加藤千晴詩集出版記念会」に於いて、資料として配布されたものを補綴。

萩原朔太郎
君の詩の透明にして純一なる、「荷車」等なかなか傑作と存じます。

三好達治
御家集「宣告」小生共までお見せ下され深謝仕り候。一巻を貫流する詩趣詩魂、頗る同感に耐へず候。折角御精進願上侯。

伊吹武彦
いま手に取ったばかりですが、題や表紙から、何かジャンセニスト的な厳しいものを感じます。印刷もいいし、紙も当節にしては上等です。(これが昔だつたら・・・と悔まれますが、) ご苦心の作、拝見したものや、しないのや、御精進のあと、ゆつくり拝読します。あなたを等持院のラフオルグといつてはいけませんか。

丸山 薫
貴詩「宣告」を頂きました。これは近頃めづらしく智恵の實の熟れた詩泉です。大変愛讀出来そうです。いづれ四季にも書いていだだきませう。

竹村俊郎
ご高著拝読、真摯人を撃つもの有之、感銘致され侯。益々御精進御祈り申上候

高橋新吉
詩集「宣告」御送り下され拝見しました。「石をたたく」の分だけ全部よみました。あとはその中に拝見するつもりです。あの分だけの感想を言へば、中々好い詩があります。 貴君の思想はキリスト教的なものではないかと思つたりしました。折角御精励の程祈ります。ちよつと御礼言上まで。金剛佐智子と云ふ女の詩人が京都にゐますが知つてゐますか。

伊東静雄
先日は御高著と鄭重な御葉書いただいてゐながら、恰度病臥中にて、お礼も申さず甚だ失礼いたしました。只今床上にて御詩拝見いたしをるところであります。 しかし頭脳全く生気なく、到底責任ある感想申し上げられさうにありません。只詩句の柔軟さははつきり印象いたしました。又後日、何か感ずることありましたら申述べたいと存じます。 京都は大学生のときゐて、なつかしくありますが、一向に行く機会もありません。もし大阪にでもおいでの折にはお立ちより下さい。

竹中 郁
御高著拝受。有りがたう存じました。素直な表現もいいと存じました。

古田宗司
御著「宣告」拝見しました。あなた自身の言葉をさぐり当ててゐられることがわかります。しかし堂々まはりをしてゐてはいけないと思ふ。足ふみは禁物です。 もっと前へ出なければいけません。全身で出発しなければいけません。もつと大膽でなければいかんと思ふ。

野間口鐡子(旧姓加藤)
詩集「宣告」を二冊頂戴いたしました。私の只今おつき合いしてゐる友達にもお目にかけたいと思って居ります。みんないい子持ちであり、また立派な奥さまになつてをられてをりますので、 なかなか行ったり来たりも出来かねてゐますが、でもみんなやさしい方々ですから。
 私は兄上さまの詩集を紅薔薇の咲いた庭で、一人子供たちから離れて読み、一人涙にくれました。あれやこれやと、悲しいことや苦しいことが思い出され、考へられ、 俗っぽい女であり母である私には、ただ可憐な千草ちやんの姿を思い浮べて泣けてくるのです。こんなつまらない私などでも母であれば、 子供たちは私の座つてゐる部屋をこよなくあたたかい處と思ひ、安心しきつて遊び、外で悲しいことがあつても、泣いて帰って告げればそれで済んでしまふ子供。 千草ちやんはどうして居られるのかしら。外でいぢめられたらどうするのかしら。下らない愚痴をお笑い下さい。小さくして死んで行つた私のサー坊などは、まだまだ仕合せな子供でございました。 しかし、お兄さま、よくこそ詩を書いてゐて下さいます。本当に有難うと申上げます。

佐藤春夫
御高著正に拝受御礼申しあげます。然るところ生憎と取込中にて未だ精讀致さず、不用意に管見申上てもいかがかと存じますのでさしひかへます。そのうちゆるゆる拝読仕り度、
右拝受の御禮のみ。

京大新聞新刊紹介欄
宣告(加藤千晴)著
「宝石をさがし、宝石をみがき、愛するものにささげる、人類のただひとつの情熱」
これが加藤氏の詩だ。私は毎晩この本を枕もとに置いてねる。さうして朝のめざめに一章づつ声高く讀んでみる。何か生きることが楽しいやうだ。(現代社発行、一円三十五銭)

千家元麿
詩集「宣告」御送り頂いて楽しく拝見して居ります。「麦畠」「鴨川」等、好い詩と思ひます。どの詩も美しく人の心を感動させる力があると思ひます。ゆつくり拝見したく思ひます。 御送りくださつたのを感謝します。御元気で御精進を祈ります。

田中冬二
御高著「宣告」を戴き御礼も申上げません中に日がたつて了ひました。何か小感でも併せて申上げ度思つてゐた處です。御作品中「冬の歌」「鴬」のやうなもの、 「麦畠」のやうなものの中に、貴君の詩精神が生きてゐるセ思ひました。「皿」「時計」「夜明け」のやうな短いものは、出来不出来によつて格段の結果を生じます。

高森文夫
貴方は小生の荒涼とした時間のなかに、まるで天恵のやうに温かく幸福な時間、この世において最も貴重な有難いものを贈って下さいました。貴方の詩の底流をなし、肌理をこまかくし、 頑な心をも疲れた胸をも打つモラルこそ、我々世代の詩人達が失つてゐる、それ故にその恢復を願ってゐる最も貴重なもののやうに小生には思はれます。何卒ご自愛下さい。 そして貴方御自身のためばかりでなく、我々のためにも詩を書いて下さるやう意志して下さい。小生は衷心よりそれをお願ひする者の一人です。

杉山平一
詩集「宣告」をお送り下さいまして洵に有難うございました。お名前は何かで拝見して記憶いたしてをります。
 御序文を含めまして全編人生的な命題に向つて投げられてある熱情に持たれるものがございました。私は「祈り二」を涙ぐましい感銘を以って拝領いたしました。 「皿」「荷車」も好きであります。「毀れた玩具」や雨の詩などもよいと存じました。自分の好みであります。
 益々お元気に静作あらんことを祈り上げてをります。

塚山勇三
貴方の詩にはどこかくらさがあることを僕は感じました。その暗さを不自然なものとは思ひませんでした。それは真実のランプが燃えて心像に生ずるかげ、 さう云つたものと思つたからです。ランプが燃えれば燃える程、かげは濃くなるからです。いま読み終ってこんなことを特につよく感じました。

入山雄一(津田賢一郎氏宛)
先日は加藤氏の詩集ありがたく拝受、毎夜枕もとにおいて、朝のめざめに一章づつよんでよろこんでおります。近ごろよき詩に接する機会が少なかつたので、よけい感心させられております。 私のこのみからは、「祈り 二」「石をたたく」「石」「皿」「麦畠」などが好きですが、ほんとにどれもこれもよい詩です。
昨夜の編輯会議で加藤氏の詩をこちらの新聞で世間に紹介することにきめておきましたから、まことに恐れ入りますが、来る二十七日 (土)午前中に、 近作一、二(未発表のもの)十四字詰二十行か三十行、貴兄のお手もとまでもらつておいて下さいませんか。七月五日号にのせるつもりですが、 すでに竹中郁氏に頼んだのが出来る頃なので、もしそれが来たらも一号あとになるかも知れません。まづは当用のみお願ひまで
  日曜のあさ 編輯室の一隅にて

市原一郎
「宣告」の中なる愛諦の一句一句、まこと心眼をしばたたき乍らひもとくものは郷土に自分一人であることが憚りながら自負されます。海が荒れると空に鴎の啼く声がします。 昔のことが思ひ出されてなりません。何の屈託もなげに、あの長坂の松林や、砂邱や、日本海の波打際を散歩し、相語り、絵をものせんとした事どもが。

平田内蔵吉
留守中に頂いた貴詩集『宣告』只今有難く読ませていただきました。
「月明の下で」などよく私に解る詩です。この詩集を頂いた頃は、僕は氷の中で守備をしていたのですが、今、東京の夏の夜を静かにこの書に対して、心澄むものがあります。
 「詩のよろこび」や、「宝石」、といふ詩も良い詩ですね。貴君の詩業の醇一を遥かに祈ってやみません。大変遅れたわけですが、ここに厚く御礼まで。

大木 實
御高著『宣告』ご恵送くださいまして有難うぞんじました。
お葉書をいただいた昨日、丁度、丸山さんがお見えになり、お噂さなどいたしました。
 ご精進を陰ながらお祈りもうしあげます。

春山行夫
詩集『宣告』を有難う存じました。よきご精進を祈ります。

佐々木房子
 御高著わざわざ私にまでご恵贈下され、有難く御礼申し上げます。
 のびやかな気持ちで拝詣できそうな御本で、ゆるゆる味はせていただくのを楽しみにしております。兄に見せてからなど考えておりますうち、御礼がたいへん遅くなり、お許しくださいませ。

 金剛サチ
 (上略)
 日々の生活がしっくりと詩の中にとけこんで、営みの板についた落ちつきを思はしてくれました。随分長らくこの道には御精進かと伺へます。人の世のいろいろの面に衝突し、 純粋に立ちむかふ為には、実に大いなる精神力と何ものにもたたきのめされない清らかさが必要であると信じます。作者があくまで純粋な気持ちで生き抜かんとしての努力は、 実に丹念にしかも血みどろの思ひを秘めた寂しさで流してゆかれる点、その人間性に敬服させられるものが多くありまして、 特に「祈り二」には幕末勤皇志士橘曙見の生活の風貌を見うけることが出来ます。とにかく「石をたたく」には、いたましいまでに作者の生活の染み透り、そのかなしき必死のいとなみに、 闘の方策のすべてをかたむけてゐる身がまへが、澄んだフォルムの下に燃え上らんとして、燻煙を上らしてゐる感が致します。 「二、皿」 「三、宣告」「四、詩のよろこび」には、皮肉と虚無のいたいたしく作者の胸をついてゐる息吹をはつきり汲みとることが出来ます。しかし「皿」にはまだ余裕を見ることはできます。 これは作者の必死になつて純粋なるものにすがりつかんとして更に進めど進めど、身にあまる苦悶のかずかずにやるかたなく「鶯」にもとめ「極北に棲み」、 憂愁「初秋」 に雲水の行方を追ひ、皿を洗はんとして逡巡、洗へ洗へと我に叫んでゐるのでありませう。それが「宣告」以後になりますと、随分ニヒルを感じることが出来ます。 「宣告」以後の詩の最後には殆んど虚無的な言葉で終止されてゐることによっても作者の心情の那辺にあるやを考へることが出来るのであります。 しかしこれは虚無の意味を充分研究してみなければなりませんが、我身をほうり出してのデカダンより来る虚無ではなくして、すべていとなみにゆきづまり、苦しみやるかたなき時、 作者の頭には、新に柔い思出が、美しい空想が湧く。それは乳房にかへる子供のやうにわすれがたいものである。しかし一度現実の谷につき落されんとした時、 そこにそばだつは苦悶のかずかずでなければならない。純粋をまさぐらんとして到達し得ず、此處においてニヒルの世界に脱れようとするのではなからうか。 「宣告」以後の作者の行き方を、私はそんな風に考へてみるので御座います。
 しかし、しみじみと読ませてくれる作者の匂ひと味の至るところににじみ出てゐる御詩集と存じます。そのレトリックの上にて多少疑問の点もございましたが、 これなどさして問題ではなからうかと存じます。(下略)

山本修二
 美しい詩集を頂戴し有難う。詩は僕には苦手ですが、御序文を読んでこの本の成り立ちを知り、そうして御詩作に向かいますと、何か非常に素直な純粋なものが僕の心に迫り、 久しぶりで貴方とお話をしていた一時が思い出されました。

相原信作
御詩集、本日頂きました。まだ拝見していませんが、中々御真情のこもったもののようですね。
ご精進を御祈り申し上げます。

馬渕美意子
思いがけないお手紙と御本と、それにお名前も変わつていたりして、びっくりしながら御懐かしく拝見いたしておりました。十年の間には本当に色々のことがあるもので御座いますね。
一足飛びに何を書いたらいいのか分からなくなつてしまいます。実は私、すっかりこの頃弱つていて、お手紙と、 贈ってくださいました御本とに早速直ぐにも手紙を書きましょうとおもいながら、落ち着いてそれをする時間が有りませんでした。(中略)
 御詩とお手紙で、あなたの御生活がわかるように存じます。そして批評を書けとおつしゃいますが、私は詩とゆうものに首を突っ込んでまだ三年ぐらいにしかなりません。 それにどうしてそんな大それたことが出来るでしょう。(中略)
 私も、一旦詩に手を染めたからには、何かそのような意味で自分も無為でありたくないと思っております。またそのような所に貴方を置いて期待いたしますことをお許しくださいまし。
 お子腰ももう学校にいらつしやるので御座いましょう。何か、遠くからでも、わかるものがあるように存じます。
 どうぞ、何よりも御父子が御健康でおありになるように祈ります。

相良徳三
 先日は詩集『宣告』御恵贈に預かり多謝仕ります。漸く小閑を得て一読しました。大変結構に存じます。特に第二部に収められた数篇が珠玉のように感じられました。
 先ずは馳駆乍ら右御礼まで。

岸田国士 (大政翼賛会文化部長としての挨拶状)
 謹啓 愈愈ご隆昌の段慶賀の至乃に存じます。
早速ながら詩集『宣告』ご寄贈くださいまして有難うございました。取り敢えず御礼申し上げます。
 尚、今後とも一層ご協力の程をお願いいたします


※本ページ作成に当たり、加藤千晴詩集刊行会 齊藤智氏より資料提供を賜りました。
  厚く御礼を申し上げます。ありがたうございました。

※原本入手に伴ひ、各ページの画像をupしました。 (2011.10.20)


Back