(2005.12.02up / 2011.07.15update)
Back

ふかお ひろのすけ【深尾贇之丞(亟の下に灬)】『天の鍵』1921

※深尾須磨子はひろのすけ、郷里ではひろのじょうとよんでゐるやうである。自筆履歴書にはうたのじょうと記載も。


天の鍵

詩集 天の鍵

深尾贇之丞(亟の下に灬) 遺稿詩集

大正10年8月5日 アルス発行

上製・函・天金 19.0×13.4cm 本文[314]ページ 定価2円

刊行数不明

函


献呈

刊行者深尾須磨子より高木斐瑳雄宛献呈本(岐阜県図書館蔵)

扉


序(森林太郎) 3p 1 2
目次 1  2  3  4
中扉
自序 5p 1  2  3


著者肖像

著者肖像


本文 詩27篇 174p

壁に描きて 1  2  3  4  5  6
物言はぬ女 1  2  3  4  5  6  7  8  9
或る「アダジオ」 1  2
ファンテーシ・カプリース 1  2  3  4
神に狎るるもの 1  2  3  4  5
血から芽生えた樹 1  2  3  4
生きる者の結論 1
狎れ過ぎた言葉 1  2
私の自叙伝 1  2
人間の灯 1
偶然 1  2
心よ 1  2
1  2  3
蛍の舞 1  2
棕櫚と万年青  1
雀の子 1  2
私の耳に響く音楽 1  2
仕合後の野球場 1
瓦斯瓶の半音階 1  2
エチユード八篇 1  2  3  4  5
二つの心 1  2
君臨するもの 1  2  3  4
私の敵 1  2  3
青い門と赤い門 1  2
蒼ざめた男の自白 1  2  3  4
デーマスとホバス 1  2  3  4  5
無題 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17

天の鍵を世に出すに就いて(深尾須磨子) 16p 1  2  3  4  5  6  7  8  9

付録詩篇(深尾須磨子) 51篇 91p
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31  32  33  34  35  36  37  38  39
思ひ出 1  2  3  4  5  6  7  8

最後の旅(追想 深尾須磨子) 10p 1  2  3  4  5  6

跋文(与謝野晶子) 6p  1  2  3  4


奧付

奧付


【参考】
深尾贇之丞(亟の下に灬) (1886-1920) ふかお ひろのすけ  ひろのじょう うたのじょう 名前の読みと漢字について

「深尾贇之丞 岐阜県の近代詩人1」平光善久 郷土研究岐阜63 6-7p 1992.10
「深尾贇之丞 『天の鍵』 犬も歩けば近代文学資料探索19」曾根博義 日本古書通信984 22p 2011.07

背


Back

ホームページへ戻る Top