Back (2009.05.11up / 2018.07.03update)

小原鐵心(おはら てっしん)

(1817 文化14年 〜 1872 明治5年)


鐵心遺稿

『鐵心遺稿』

(てっしんいこう)

八巻別録一巻 岡安慶介(発売), 明治6 [1873] 刊, 3冊(初刷りは5冊)

23.5×14.4cm 和綴

分冊 1

【題字】戸田氏共 「梅有  一家春」
   日本紀元二千五百三十三年第五月念五 書於米利堅紐約克州(アメリカニューヨーク州)徳類府客舎 研堂藤氏共

【序】鷲津毅堂
【序】鷲津毅堂 承前
【序】鷲津毅堂 承前

【序】小野湖山
【序】小野湖山 承前
【序】小野湖山 承前

【題字】木戸孝允 「心与水月涼 明治己巳二月 松菊書」

【無何有荘図】村田香谷
【添書】江馬細香
 丙辰(安政3年)冬月、銕心大夫、別墅を城北に営む。預め二十年後致仕の為にす。風月を弄する計、既にして交遊の存没をに想ひ及べは、悵然として作有りて示さる。芳韻に奉攀す。
 早計移梅結構多。 清間預要似村家。他年夫子帰休日。其奈吾齢満百何
 (早計、梅を移して結構多し。清間、かねて要す村家に似るを。他年夫子帰休するの日、それ吾がよわい満百なるをいかんせん)。
 細香江馬裊拝 小蘋松邨親書

【目次】

p1

【巻一】:2+2+3+2+1+13丁

記事十首。幷びに序。  我が公、常に国家の窮を以て患ひと為す。嘉永辛亥(4年)冬、将に非常の大計を建て、済民の要法を定めんとす。臣寛、其の事に管す。輙ち一小詩と作して前後三十余篇を得る。今、其の露骨甚だしき者を刪して、此に十首を存すと云ふ。
感を書して鐡研齋藤先生に寄せ奉る。
咬菜社五友歌。(江馬)細香、(鳥居)研山、(松倉)瓦雞、(谷)毛介、(宇野)村諸子に贈る。
梅園絶句
乍川(長良川)記事詩を読みて感有り。而して三首を作す。

近く『火舩摭要』一篇を輯め、兵家者流、某に似(しめ)す。副へるに此の詩を以てす。
一日、鳥居研山と同に岡山(大垣地名)に遊ぶ。倶に身後、骨を此の地に埋めるを約す。因りて此の作有り。
井田澹泊、師を尋ねて鎮西に赴くを送る。

岐蘇(木曽)道中。六首(三を録す)。
佐藤一齋先生を訪ふ。席上、其の蔵幅「明主(中国皇帝)豊公を封じて日本国王と為す」の冊書を観る。因りて此の作有り。
至日[邸]舎小集。此の日会する者。大沼枕山、横山湖山、小林畏堂、竹村可醫、森田梅礀、嶺田楓江、鷲津毅堂、河村蘭圃、凡そ八人也。僧南園、約有りて来らず。詩を賦して寄せらる。末句ゆゑに及ぶ。
花亭岡本君に招かれ、席上賦して呈す。

将に郷に帰らんとして此を賦し、江都の諸詞友と留別せんとす。
寛齋木村君の忌辰。涙余、長句一篇を賦して墓前に奠す。
災後、偶述二首。
題画二絶。

鳥居研山、喀血して将に起(た)たざらんとす。一日、余を招いて曰く「岡山埋骨の約。請ふ、君を煩わすを」と。余曰く「諾」。時に絶命詩有り、自ら書して示さる。因りて其の韵に次して以て示す。
松倉瓦雞と同に研山の墓を展す。前韻に畳す。
我、毎に頭風を患ふ。一日殊に甚だしく、偶然、作有り。
星巌梁翁、訪はる。酒間、分ちて「無」字を得る。即ち七絶十首を賦して以て贈る(六録す)。

佐久間象山、赦に遇ひ故国へ帰るを聞く。其の獄中の作に次韵して以て寄す。
大黒、百宝を撒く図。
(戸田)睡翁君、京洛に遊ぶを送る。
光霽楼雅集、(菱田)恪齋を追憶す。
瘴病行。
暴風雨後、諸郡を巡視す。五首(三録す)。
感を書して黄石岡本君に寄す。
春初、磐溪、畏堂、枕山、湖山、梅礀、(竹内)雲涛、交山諸子と同に墨水に遊ぶ。路次の口占十首(三録す)。
(鴻)雪爪禪師の住刹、災に罹るを聞く。遥かに此の詩を寄す。
尾藩小笠原弥十郎の死節を聞く。慨然として作有り。
感を書して高岡西溝に贈る。
秋初、磐溪、(藤森)弘庵、枕山、湖山、雨香、(宇野)南村諸子と同に重ねて墨水に遊ぶ。路次口占。
懐を書して(江馬)細香女史に寄す。
品川海晏寺に遊ぶ。途上口占。
至日邸舎小集、磐渓、嶺南、畏堂、可医、枕山、湖山、南園、秋航、雲如、豹隠、蘆洲、瓦雞諸子と同に賦す。杜句を分ちて「意」字を得たり。是の日、歓甚し。痛飲して兵を談ず。詩中ゆゑに之に及ぶ。
政を論ず。十二首。

【書後】草場佩川

【巻二】:9+3丁

癸丑(嘉永6年)元旦、海を観て感有り。
将に花を墨水に看んとするも雨に値(あ)ひて果さず。因りて此を賦し青山犬塚君(犬塚外記)に贈る。兼ねて(篠田)雲鳳女史に似(しめ)す。
殿山(御殿山)に花を看る。帰途、品川酒楼にて鈴木彦之(鱸松塘)に寄懐す。
青山犬塚君、将に彦根に帰らんとす。故に来りて別れを告ぐ。時に三月晦なり。
六月、夷艦、浦賀港に入る。事変測られず。時に吾が公の支族戸田豆州君、其の鎮台なり。故に吾が藩の秋山、天岡、香村の三子、兵を帥ゐて赴き援く。余、此を賦して以て三子に示す。兼ねて鎮台執事に呈す。実に其の第五日なり。
夜、溜池邸を発ちて芝浦に赴く。馬上の作。亡友、鳥居研山の絶命詩の韵に次す。二首。
秋八月、応召。江都より大垣へ帰る。藩に在ること数日にして再び東す。路を浦賀に枉げて往返の道上、七絶五首を得る。
甲寅(嘉永7年)春正月、弥利堅(アメリカ)使節船、再び近海に到る。時に寛、兵を帥ゐて浦賀に赴く。馬上、二絶を賦す。
梅園絶句二首。

細香、大夢、竹雨、海鴎と同に岐阜に遊ぶ。桜花を長良峡にに観る。酔後の偶作。
震後偶感。
湘夢(江馬細香)書屋集。山県世衡、高木致遠、加茂永郷、大郷百穀と同に賦す。二首。
山猟行。五絶七首。
寛、済窮の法を立てて此に五年。事、未だ全くは成らざるに、公、特命を下して寛の微功を褒められ、禄三百五十石を加賜せらる。感銘の余り、恭しく此を賦して恩を記す。実に安政乙卯(2年)十一月五日なり。
雪爪禪師ね高岡西溝と同に霞山人を訪ふ。帰路、舟を雇ひ、藍川(長良川)を遡る。雪月の奇、言ふべからず。翌、此の二十字を書す。
無何有荘新成、因りて此の作有り。
歳晩、梅を荒尾に尋ね、慨然として作有り。
無何有荘に飲む。自ら小夢窩壁に題す。
化堂勝山侯の賜る瑶篇に酬い奉る。
偶言。
暁枕聴鶯。
無何有荘偶述。
泰元長老、将に去らんとして此を賦し之に与ふ。
弘庵老儒、雪爪禪師及び諸子と同に舟を広洲に泛ぶ。時に七月既望(16日)なり。
齋藤拙堂先生、訪はれ喜びて賦す。
拙堂先生および誠軒、雪爪、敢堂、西溝、立堂、藤陰、海鴎諸彦と同に雨中、関原(関ケ原)に到り古を吊(弔)す。
八月十三夜、小野崎、辻、河合、筒見、津田諸子訪はる。酒間、文天祥「月夜詩」の韵に和す。
小浦来青に寄懐す。
森田簡夫(梅礀)に寄懐す。
秋雨。
無何有荘に異事有り。慨然として長句を賦す。
丁巳(安政4年)小除夜。立堂、瓦雞、海鴎と同に雪爪禪師を訪ふ。酒間、禪を談ず。偶ま五絶句を得る(三録す)。
雪爪禪師、越州へ移住するを送る。
題瓢。雪爪禪師索む。

【書後】広瀬淡窓

【鐵心居記】齋藤拙堂

【鐵心居記】齋藤拙堂 承前
【鐵心居記】齋藤拙堂 承前

【巻三】:10丁

戊午(安政5年)上巳後一日、諸友と同に芬子閣にて飲む。時に余、将に江都に祗役せんとす。
大垣を発って加納に到る。便ち道に海岳三宅氏(三宅樅臺)氏を訪ひ、賦して示す。
別後、郷里諸友に寄す。
木曽道中雑感十首(六録す)。
将に都に入らんとす。小寺翠雨、深谷駅に来迎、喜びて賦す。
都に入る、偶成。
柳殿拝賜、恭しく賦す。三絶句(章服三襲、白銀三十挺を賜る)。
参政三上侯、一日、寛を龍口之邸に召さる。同に其の後園にて騎を試す。時に蝦夷産する所の馬有り。鞍鐙の具は則ち米利堅国の齎す所の物。即ち寛に命じて先づ之を試さす。実に奇快と為す。恭しく長句一篇を賦して以て事を記す。
梅痴上人将に飯沼に帰らんとす。余、送りて墨水に到るを約すも故有りて果さず。因りて此の詩を寄す。
夜半、夢覚め、慨然として作有り。
島蘭洲の新居を賀す。
立秋後一日、直章生に贈る。
近日墨、魯、英、仏の諸夷、来りて都下を横行す。慨歎言ふべからず。偶ま立堂、海鴎の二友、舟を泛べ墨水に従ふ。芝浦に到りて痛飲劇談、頗る豪興を極めて酔中、五絶句を作す。実に戊午(安政5年)中元前一日なり(三録す)。
齋藤東洋、蘭を写し、余、筆を走らせ此の詩を題す。東洋、撃剣を善くして盛名有り。
戊午(安政5年)八月、暴疫(※コレラ)熾んに行はれ、都下の死者殆ど十万を過ぐ。慨然として二絶句を作す。
暴疫まさに行はれ、人心兇懼、時に社主、僧徒および姦医等、おのおの除疫の法を鬻(ひさ)ぐ。以て利を貪る者多し。予の意楽しまず。此の作有る所以なり。
十三夜、立堂、海鴎と同に賦す。
菱田士瑞(海鴎)と飲む。酔中、江村季徳の帰省するを聞く。二十字書して以て之に贈る。
郷人、橋楡村、来りて水災の状を告ぐ。憫然として二絶句を作す。
月に対して雪爪禪師を懐ふ。余、師と行誼最も厚し。曩日、錫を飛ばして越州へ之(ゆ)く。爾来、一の消息なし。因りて此の作有り。
秋日、弟任卿と同に王子村に到り、聴泉亭に飲む。
真乗院主、正順上人、我が老公(戸田氏正)を邀へて菊を其の後園に賞す。寛、また陪す。清饗優渥、酔後此を賦して上人に呈す。時に十月十七日なり。
澱老公(稲葉正邦)、我が公(戸田氏彬)及び君夫人を渋谷邸に邀へ、楓を其の後園に賞す。寛、また陪従す。是の日、君夫人及び侍女、眉尖刀(※薙刀)の技を紅樹爛燦たる際に試し極めて奇観たり。時に十月二十三日なり。
十月二十六日、我が老公、臣の寓舎に辱臨したまふ。乃ち酒を献ず。温言、清話、夜深きに到る。恭しく長句一章を賦して以て呈す。
安田氏の山蔵楼に寄題す。
寒江図二首(帆足杏雨画)。
余、例によって至日を以て諸同人を邸舎に集む。今冬また之が為に謀る。一夜の夢、彦藩執政黄石岡本君来りて座に在り。余、大いに喜びて曰く「今、君は多事、何の暇か訪はる。実に望外の幸せなり」。因りて相ともに痛飲、歓を為して之を久しうす。而して覚むれば、唯だ一燈在るのみ。時に瓶梅、将に発(ひら)かんとして暗香郁々、至日の期の遠く非ざるを報ずるに似たり。乃ち此を賦して之を贈り、以てその跫音を促す。
菱田士瑞(海鴎)、母を喪ひ追善すること殊に甚だし。以て之を慰め、兼ねて教誡の意を示す。
歳晩邸舎小集、諸彦至るを喜び此を賦す(是の日会する者、高島秋帆、大槻磐溪、保岡嶺南、佐竹永海、岡本秋暉、春木南華、西島秋航、齋藤東洋、鷲津毅堂、小橋橘陰、僧南園及び上田高痴、野村藤陰、菱田海鴎なり)。
雪夜、藤陰官舎を訪れ、高痴、翠迂、謙齋、海鴎と同に賦す。
除日、小野崎、酒井、永田の三士と同に馬を馳せ蒲田の梅園に到る。酔後慨然として此を賦す。三士は皆な余の麾下の隊長なり。
除夜、翠迂国手(※名医)宅。高痴、藤陰、謙齋、海鴎と同に歳を守り、分かちて「来」字を得たり。

【書後】藤森弘庵

【巻四】:12丁

己未(安政6年)客中元旦。
高秋帆、自ら富岳図一幅を写して贈られ、かつ語りて曰く「余、甞て嫌疑に渉り檻車にて都より降る。途上、富岳を観る。以為らく余が身世、此の如し。再びは岳面を観るを得ざらん。覚えず潸然として泣(なみだ)下す。豈に図らんや、今日復び青天白日の雪を見るを得んとは。親しく昔日檻車中より見し所を写し、以て感慨を寄す」と。予、其の言を聞きて慨然として此の詩を作す。
老翁、敗れし繖(※きぬがさ)を修める図に題す。(僧南園索む。)
川勝蓬仙君の醼(うたげ)に赴く。化堂勝山侯及び坪内、市岡、西山、遠山、桂川諸君先づ座に在り。其の余、都下の名流にして陪遊する者殆ど四十人。盛と謂ふべきか。因りて一律を賦す。
侍臣某、扇一握を持ちて来り、余に題詠を索む。云ふ「公の手づから賜ふ所の物」と。乃ち筆を援けて之を書す。
百竹生、雕刻を好む。賦して贈る。 雪爪禪師、魚雁(※手紙)闊絶。余、詩を寄せて之を責む。師、乃ち其の韵に次して答へらる。意、猶ほ未だ釈然とせず、因りてまた其の韵に畳して再び之に寄す。
雪爪禪師、別後詩稿を寄せらる。之を閲するに余を思ふの作に係らざるもの、十に二、三なり。感悚并び至り、離恨ますます切なり。因りてまた前韵に畳して三たび之に寄す。
二月十一日、秋帆、磐溪、南華、藤陰と同に舟を泛べ深川に到る。上田、竹内、小野崎、桑山、江馬(金粟)、菱田(海鴎)の諸子また舟を買ひて尋ね至る。興趣ますます旺んなり。此の日初め雨、のち晴れ。五絶句を得る。
小野崎立堂、将に都を発たんとす。別れに臨み賦して示す。兼ねて雪爪禪師、吾が郷に在るに寄す。
磐溪先輩の遊豆(伊豆)を送る。二首。
白を詠ず。一字にて到底(最後まで)五十韵。
将に都を発たんとす。此を賦して諸友に留別す。
黄石岡本君を訪ひて別れを告ぐ。酒間、余の留別の詩に和せらる。余また其の韵に畳し賦して贈る。
都を発つ。
金川(神奈川)台。
小田原。
函関。
富士川。
三保浦。
宇津山。
大堰川。
荒井渡。
郷に入る。
洲股(すのまた:岐阜)渡上、霞山人、来迎す。欣然として此の作有り。
家に到る。
細香女史至る。喜び賦す。
雨中、海鴎の居を訪ふ。西溝、立堂、大迂、(溪)毛芥、翠雨と同に賦す。
公の駕、江都より至り迎へ奉る。恭しく賦す。
拙堂先生ふたたび致仕を請ひ、允しを蒙るを聞く。即ち贈られし韵に次して以て賀し奉る。
八月八日、正覺寺に飲み、桃壷禪師、九州へ之くを送る。兼ねて佩川草場先生に寄す。
雪爪禪師、横山雲南画く所の「雲、神亀峡を之くの図」を寄し、余に題を徴す。乃ち此を書して贈る。
雪爪禪師「快雪堂法帖」を恵まる。喜び賦す。
北荘に遊ぶ。帰途、細香女史を訪ふ。
漲後(洪水後)、徳田村に到る。感有りて作す。
夜、帰舟中の作。
河野夢吉と同に桃壷禪師を訪ふ。
庚申(万延元年)除夜、桃壷禪師の室にて歳を守る。
又。
辛酉(万延2年)正月二十日、南村、毛芥、海鴎、耕雲、老泉と同に梅を牧野荒尾諸村に観る。路次、東坡の「細雨梅花正断魂」の句を以て韵と為しおのおの小詩七首を作す。
桃壷禪師、将に九州に赴かんとす。別れに臨みて賦し贈る。
高岡西溝の江戸に赴くを送る。

【書後】齋藤拙堂

【書後】後藤松陰

p2

分冊 2


【巻五】:7+9丁

【巻頭】梁川星巌 書簡
【巻頭】梁川星巌 書簡 承前2
【巻頭】梁川星巌 書簡 承前3
【巻頭】梁川星巌 書簡 承前4
【巻頭】梁川星巌 書簡 承前5
【巻頭】梁川星巌 書簡 承前6
【巻頭】梁川星巌 書簡 承前7
【添語】小野湖山
 鉄心君の梁川星巌翁における交誼もっとも厚し。而して遺稿中、絶えてその序跋評語等の存せず。因りて此の書牘を鐫りて一序文に当てると云ふ。癸酉清明節(明治6年[4月5日])

感を書す。并びに引。
嘉永辛亥(4年)の歳、寛、命を奉じて国家の宿弊を除くことを議す。爾来、因循未だその功を卒へるをよくせず。然るに而して連りに殊恩を叨(みだり)にし、既にして顕栄を極む。今また進班を辱くし、且つ一事の委任せらるるものあり。時に寛、病有りて敢へて命に応ぜず屏居、日に渉る。偶ま此の詩を作す。実に文久辛酉(元年)冬なり。

小野崎支離に答ふ。
井上士義に答ふ。
家里誠懸(松濤)来りて別れを告ぐ。感を書して之に示す。二首。
感を書して拙堂先生に寄せ奉る。
雪爪禪師に寄懐す。
菱田士瑞に示す。
野村士章の藤陰書屋に題す。(細香女史画)。
偶述。 児、迪、年はじめて二十、擢んぜられ参政の列に加はる。此を賦して之に示す。
高岡、上田二友の江戸邸に在るに寄す。
応召、将に江戸邸に赴かんとす。此を賦して諸同人に留別す。
小越川渡上、感を書して菱田士瑞に示す。
吉田城を過り横山湖山(小野湖山)を憶ふ。(湖山時に城中に錮(とじこ)めらる)。
藤枝駅を過り、此を賦して皆梅園主人の雲嶺翁(石野雲嶺)に贈る。
望岳、感有り。二首。
函関を踰ゆ。途上、馬隷(まご)に与ふ。
同じく舁夫(かごかき)に与ふ。
品川駅に至る。喜び記す。
十二月八日、公子と溜池邸に謁ゆ。此の日、醼(うたげ)を設へ。以て臣の行路の労を慰む。酔後恭しく長句一律を賦して恩を紀す。
高岡哲夫、命を奉じて大垣に赴く。行に臨みて賦し贈る。
教へを奉じて松旭図に題す。時に公、爵四品に進まる。因りて恭しく賀意を寓す。(公、齢はじめて三十、而して此の命有り。我が公の家に於るや、蓋し異数なり)。
将に墨水に遊ばんとして此を賦し、秋帆、磐溪二先生に贈る。
遊期すでに迫るも故ありて果さず。乃ち前韵に畳して重ねて二先生に贈る。
歳の杪りの偶作。立堂、金粟、毛芥、海鴎諸子に寄す。
除夕、感を書す。
水竹今井君に贈る。
簡堂羽倉公に謁え、大槻磐溪と同に賦す。
将に江戸を発たんとす。時に公、愛する所の良馬有り「猿飛来」と曰ふ。之を寛に賜ふ。恭しく長句一篇を賦して恩を記す。
正月晦、江戸を発つ磐溪、秋暉、南華、高痴、圭陰の諸子、送り品川に到る。遂に巌月楼に飲み別る。
水竹今井君、馬を馳せて送り、鮫洲に到り、一大瓢を贈らる。乃ち碧海楼に飲む。別れに臨みて賦し贈る。
横浜雑詩 其の一。
其の二。
其の三。
其の四。
其の五。
其の六。
其の七。
其の八。
其の九。
其の十。
帰家の後、偶ま此の作有り。
重ねて封事を奉り、辞職を請ひて允さる。恭しく長律を賦して以て懐を書す。
辞職後の戯作。(予、時に年、四十六)。

【書後】大沼枕山

【巻六】:13丁

放言。并びに引。
 余、近く職を辞し将に告げ賜ひて加州山中(温泉)に坐湯せんとす。此の詩を賦して自ら小夢窩壁に題す。実に文久壬戌(2年)夏五月なり。
善念精舎の招飲。分韵「声」字を得る。
発程前一日。諸友来りて餞(はなむけ)す。酒間、此を賦して僧霞山に似(しめ)す。
郷を発つ。途上、此の詩を書して小野崎支離に似す。
関原駅。送者に示す。
姉川を過ぐ。
雨中、賤岳を望む。
越に入る。
府中(※越前府中藩)龍泉寺、満舟禪師を訪ふに不在。
福井孝顕寺、雪爪禪師を訪ふ。
師とともに其の橡栗山房に飲む。酔後、壁に書す。二首。
将に福井を発たんとして三国に抵(いた)らんとす。舟中、雪爪禪師及び井上松濤、伊藤君山、鈴木蓼所、遠山雲如と同にす。
三国港の清風亭に飲む。
僧、来成を訪う。談次、賦して示す。
北海泛遊。
将に三国港を発たんとして此を賦し寿孝翁に贈る。(翁、福井市の人。蓋し豪家なり)。
大聖寺の逆旅。竹内珀堂に邂逅しす。別れに臨みて賦し示す。
山中温泉に浴す。遂に此の詩を留め、而して去る。
竹田嶺を踰ゆ。
再び福井に抵り孝顕寺に宿す。時に内藤某、予と雪爪禪師との対酌図を写し、持ち来りて示さる。其の上に戯題す。
山口清香を訪ひ、朝酌す。午に及んで遂に一睡、而して去る。
将に越を去らんして此を賦し、福井藩の諸士に留別す。
福井を発つ。雪爪禪師、送りて城外に到る。別れに臨みて賦し贈る
鶴賀(敦賀)港に遊ぶ。来青閣に飲みて偶ま新田氏の事(※金ヶ崎の戦)を想ふ。感じ而して作有り。郷の豪、打它某に贈る。
湖西途上。二首。
京に入る。
嵐山に遊ぶ。
浪速に抵り後藤松陰翁を訪ふ。
摂西舟中。
須磨懐古。
湊川を過ぐ。
楠公の墓に謁ゆ。
摂西途上。
再び浪速に抵り、諸名流と道頓港六橋楼に招飲さる。酔後、此の作有り。(是の日相ひ会する者、藤澤東畡、後藤松陰、落合雙石、渡部誰軒、呉北渚、池内陶所、橋本香坡、内村鱸香、田能村小虎、魚住荊石、田中介眉、行徳玉江なり)。
将に浪華を発たんとす。戯れに六橋楼の壁に題す。
万碧楼の作。(楼、莵道に在り。山陽翁名づく所)。
再び京に入り諸名流と東山栂尾楼に招飲さる。席上、宮原翁(宮原節庵)贈る篇有り、次韵して以て酬ゆ。
山鼻水亭に、(山中)静逸、百山、香谷とともにむ。「山中に流水有り」の句を分ち、予「水」の字を得たり。
詩仙堂。
香谷に贈る。
対山を訪ひ、酒間、賦し贈る。
「木麈尾払の歌」、前田暢堂の為にす。(払は(石川)丈山先生故物に係る。今、暢堂の有と為る)。
逍遥園主人、松井耕雪に贈る。(越前府中の人)。
鴨河雑詩十首。
石山寺。
黄石岡本君の濠梁園に遊ぶ。君、詩あり示さる。次韵して却(かへ)し贈る。
別後、前韵に畳し、黄石君を寄懐す。
帰家のち作有り。
画に題す「此の奇を看る」。七首。余、帰家のち画山水に対するたびに輙ち憶ふ。曼遊中、景勝に及べるを。題するに絶句を以てし終に七首を得たり。
其の一。
其の二。
其の三。
其の四。
其の五。
其の六。
其の七。
東役の路次、湖山老契を吉田駅に訪ふ。酒間、賦し贈る。時に癸亥(文久3年)上元後一日(1月16日)なり。

【書後】岡本黄石

p3

【巻七】:2+11丁

【前書】藤森弘庵:戊辰至日(明治元年大晦日)、鉄心小原君、諸同人を邀へ其の寓舎に集め杜句を分かちて韵と為す。余、雅招を辱くするも期を失し赴かず。…
【前書】藤森弘庵 承前
【前書】藤森弘庵 承前

文久癸亥(3年)秋、我が公、幕命を奉じて皇京を守衛す。寛、将に卒を帥(ひき)いて先ず輦下に入らんとす。即ち二十八字を書す。
月夕、客とともに飲む。
八月十八日記事。
越溪観楓。七首。事は「遊記※」に審らかなり。
其の一。
其の二。
其の三。
其の四。
其の五。
其の六。
其の七。
甲子正月二十日、桃壷禪師、高痴、筠堂、藤陰、海鴎、百竹、竹洲と同に荒尾に観梅せんと欲す。雨に遇ふ。乃ち路を枉げて檜村に到り、愛酒山人を訪ひて酒を酌み禅を談ず。遂に東坡の「去年今日関山路(※正月二十日、岐亭に往く。郡人、潘・古・郭の三人、 余を女王城東の禅荘院に送る」)」の句を以て韵と為し絶句七首を作す。
諸藩士と同に三樹坡酒楼に飲む。二首。(相会する者、鹿児島熊本久留米高知会津津岡藩士合せて三十二人)。
中秋。輦下の作。
拙堂先生を訪ひて其の棲碧山房に飲む。先生、詩有り、即ち次韻して以て呈す。
十二月河渡川陣営に在りて作る二首。
腰に入る。馬上作。
越を出づ。馬上作。
偶感。
風雨の中、喜多村、市川の二士を拉して天保山砲台に上る。慨然として此を賦す。
三月十一日、諸友と同に赤山に遊ぶ。真山民の「兵後春望詩」の句を分かち「世」の字を得たり。
養老山中の竹を取り、筇(つえ)に製し以て宰相春嶽公に寄呈す。副ふるに此の詩を以てす。
大坂。
謾言三首。
茶磨山に上る。
自問。
澱江舟中、感有り。
雪渓を樵の帰る図。(耕石画)。
秋山に雨過ぎる図(対山画)。
僧を訪ふ。
対山人の居を過る。
江洲途上。
夜泊。
秋暁、園を渉る。二首。
酒醒む。
無何有荘、偶述三首。
筍を食べる。
墨梅図に題す。
細雨。
自ら画く墨梅に題す。七首。
野梅。三首。
探梅。
庭梅。
月梅。
老梅。
桃壷禪師に別る。
十月十三日、海鴎の居で飲み、分かちて「源」字を得たり。
不朽殿の盛醼(うたげ) 、分かちて「於」字を得たり。
草書の歌。
十二月二十三日、暁に起きて雪を賞し、迂石とともに飲む。二首。
菅公図の賛。
歳寒書屋に寄題す。(会藩井関氏の嘱)。
豫譲、衣を撃つの図。(越藩伊藤君山の嘱)。
丁卯(慶応3年)正月二十日、藤陰、金粟、東巌、海鴎、甘谷、天遊、竹洲と同に三たび荒尾に観梅す。東坡の「半瓶濁酒待君温(※前述「正月二十日、岐亭に往く…」)」の句を以て韵と為しおのおの七絶句を作す。
帰途、桃壷禪師及び海鴎と同に耕雲居を訪ふ。 弟の任卿の墨竹に題す。
越前の長谷部南村の懐を見(あら)はす詩の韻に次して却し寄す。

【書後】巌谷一六

【巻八】:6+2丁

「万国公法」を読む。三首。
其の二。
其の三。
岐阜の景溪生、香魚数頭を贈る此を賦して謝を言ふ。
江村晩歩。「江」韻を得る。
自ら小夢窩壁に題す。七首。(四を録す)。
大夢、竹洲を拉して根尾峡に入る。此の日初め雨、のち晴る。
岐阜に遊ぶ。
治水を論ず。
己巳(明治2年)春、菱海鴎と同に養老山に遊び花を千歳楼に観る。感有り此を賦す。
名府(名古屋)を過ぎり丹羽、田中二徴士と同に城南杏花村荘に飲む。
東海道中、友人と別る。
己巳春。清客、李遂川と同に横港の會芳亭に飲む。酒間、賦し贈る。
四月十日、将に東京を発たんとして偶ま此の作有り。
九華港(桑名)に泊る。
菰野温泉に遊ぶ。
晩秋、大垣を発ち三たび東京に赴く。路次の偶作。
十月望。木戸三位(孝允)伊藤五位(博文)及び長藩士會藩士数名と同に舟を海口に泛べ月を賞す。
庚午(明治3年)の冬、我が知藩事公、将に海外に遊ばんとす。高韵に次して恭しく二十八字を書す。
辛未(明治4年)春、鳥居圭陰及び児、迪、将に海外に航し五洲を跋渉せんとす。一日相会ひて痛飲、時事を論ず。別れに臨みて賦し示す。
九月望前一日。鷃笑社中、相ひ集り一日百首を作す。余、また其の座に在り「太白(李白)、連りに酌して酔余」此の詩を書して去る。
臘月念七(十二月二十七日)、(戸田)葆堂子を訪ひ、酒間、賦し贈る。
迅雷師に寄す。
小除(十二月三十日)夕、諸韵友の予を無何有荘に訪ひ、玄語酔談、遂に天明に到りて散ず。
大除(大晦日)夕、桃源山に歳を守る。雷禪師の韻に次す。(予、此の夕、肉を携ふ。而して故に句中之に及べり)。
壬申(明治5年)正月二十日、諸子を拉して牧野に探梅せんと欲す。途に檜村の愛酒山人を訪ひ。山人歓待、緩酌、之を久うす。将に辞去せんとして俗客数人の脱し帰る者有り、戯れに賦す。
二月十日、養老山下、勢至村に観梅せんと欲し路次、山口氏の悠然楼に飲む。

勢至村に到れば梅花、まさに満開。感有りて作す。
戸倉氏に宿る。賦して主人に贈る。

【書後】小野湖山 【跋】鴻雪爪
【跋】鴻雪爪 承前
【付言】小原鉄心

分冊 3 :4+2+2+10+3+2+2丁


【別録】

【題言】梨堂実美(三条実美)「三斗  朝天」明治六年二月

【題言】揖峯楼逸人永(松平春嶽)

【題言】春嶽逸人

【前書】山内容堂
【前書】山内容堂 承前

【前書】熊谷武五郎
【前書】熊谷武五郎 承前

朝天余稿
慶応三年丁卯の冬、輦下に在り。偶ま此の詩を作す。
除日、土州長岡懐山と同に東山に探梅す。是の日風雪、驟(にはか)に下る。
其の二。
戊辰(慶応4年)正月二日。寛、恭しく朝命を奉じ参与職を任ず。
正月五日の作、二首。(并びに引)。
其の二。
正月九日、京を発し、急ぎ大垣に赴く。路に磨鍼嶺を過る。筆を援けて湖楼の壁に題す。
重ねて京に入る。
述懐。時に余、官として会計判事を摂(かね)る
偶言。二首。
其の二。
三岡徴士を河東寓居に訪ふ。園地幽邃、梅花盛んに開く時。徴士在らず雪爪禪師、偶ま至りて対酌す。適(鉄心)、甚だ酔ひ倒れ、明に到りて起き園中を歩く。
三月二十五日、雪爪禪師と同に嵐山に遊ぶ。木戸、廣澤、寺内の三士と花下に邂逅し、遂に共に雪亭に宿す。
翌二十六日暁に起き、渓流上に設へて飲む。已にして(※やがて)山科王、五条卿、肥前老公および大久保、中根、土肥の三徴士等、相ひ尋ねて至り、始めて豪興を極む。字を分かちて「遊」を得たり。
干令木戸君、命を奉じて鎮西に赴く。別れに臨みて賦し贈る。
出遊。
長州老臣、敬宇宍戸君に寄す。(并びに引)。君、初めは山県半蔵と称す。嘗て東遊して蝦夷に到り帰途吾が大垣を過り細香江馬氏を訪ふ。其の湘夢書屋に会飲す。今に距つこと已に十二年。
朝を退き帰路、中根、毛受、青山の三徴士と同に連騎して洛西妙心寺に到る。途中の口占。
秋月侯の招宴にて大酔し鞍に跨り帰り賦す。乗る所の馬は呉竹に似(しめ)す。
四月望(もちづき15日)、大久保、廣澤、神山の三徴士及び雪爪禪師と同に莵道の万碧楼に宿す。
宰相越前老公、二絶句を賦して賜る。乃ち其の韻に次して以て奉呈す。
其の二。
高田哲夫、軍の奥州にあるに寄懐す。
木曽大夢と同に鴨西酒楼に飲む。
雪爪禪師を三樹坡小寓に訪ふ。肥前閑叟老公及び長州の長松秋琴先づ在り。秋琴、詩有り乃ち其の韻に次して以て老公に呈す。
車駕、浪華湊を幸(みゆき)す。海軍を点検して事畢りて還る。幸、蹕(さきばらひ)を建礼門外に迎へ、恭しく二十八字を賦す。
禁中の賜宴、恭しく記す五首。
其の二。
其の三。
其の四。
其の五。
越前老公の招飲、肥、阿の二侯に陪す。酔後、山水を合作す。雪爪禪師また座に在り。
偶感。三首。
其の二。v
其の三。
五月十五日、辞職表を岩倉輔相公に上す。副へるに此の詩を以てす。
雨窓偶感。
五月二十二日、再び辞表を書し、参与の諸公とともに允さる。此を賦して喜びを記す。
朝廷、更に特命を下され、臣寛に賜ふに金鐙一双を以てす。感泣の余、恭しく書す二十八字。
将に京を発たんとして此を賦し、在朝の諸同友に贈る。
病を城北無何有荘に養ふ。
干令木戸参与に寄懐す。
吾が大垣の兵の従軍して戦歿せし者、頗る多し。時に朝廷、身を王事に致せる者の為に塚を洛東に築き大いに祭典を修す。喜びに堪へず此を賦し、死者の幽魂を慰む。
中秋、月に対し、重ねて高岡哲夫に寄懐す。
雪爪禪師、重ねて京に入るを聞く。遥かに此を寄せる有り。
懐を書して黄門越前老公に寄呈す。
柘植、錦見、高木の三士至り喜びて此を賦す。

【書後】鱸松塘(明治6年清和月4月 於房山懐人詩屋)

【碑銘】鉄心小原君墓碣銘:野村藤陰 
【碑銘】鉄心小原君墓碣銘:野村藤陰 承前
【碑銘】鉄心小原君墓碣銘:野村藤陰 承前

【後序】秋月種樹(明治6年9月 於橋場小荘)
【後序】秋月種樹 承前

【跋】大沼枕山(明治6年秋日 於煕々堂中)

【跋】大沼枕山 承前

奥付

p5


Back
Top