Back (2012.03.05up/ 2012.03.15update)


頼三樹三郎 掛軸  (2012年3月購入)

頼三樹三郎

黄金積如[玉]
明眸媚似花
両皆無一思
濯脚釣臺波
百城 生

黄金、積んで玉の如く (小判を積んでは玉のやうであり)
明眸、媚びて花に似たり (芸者は媚びて花に似てゐる、しかし)
両つながら皆、一思無く (ふたつながら、心を動かすやうな思ひは皆無で
脚を濯はん、釣台の波 (私は脚を波に洗はせて海辺に立ちつくす)

『鴨p頼先生一日百詩』 より「鉄石心腸」(三丁表)の詩。北海道江差にての歌である。
刊本では「地に堆く」の横に小さく「土の如く」を併記する。
筆蹟は「玉の如く」と読めるが、筆の勢ひだらうか。改稿したのだらうか。
一夜の即席詩とて、「濯脚釣台波」の典故も不明。
とまれ昂然たる気概、大獄結末の讖となりたる歟。

参考文献:【江戸後期詩人たちの周辺】 『酔古堂剣掃』


Back

Top