Back(2018.10.23up/2018.10.24update)

飯塚西湖(弘化2年(1845年) - 昭和4年(1929年)12月6日)


飯塚静庵 のち納(おさむ)と名を改む。西湖は号で、字は脩平。『ウィキペディア(Wikipedia)』

p

 西湖四十字詩序
徃年、余、佛國に遊び始めて飯塚西湖君と相見る。君、尤も佛文に長じ佛語を善くす。
余の巴里に在るや、常に君の耳目を借りて嚮導と為し、其の恩、實に不少なからずと為す。
然りと雖も、余は唯だ君の歐學に精しきを知りて其の漢文詩律に達なるを知らざる也。
歸朝後、屢ば五言律詩を示さる。詞句の巧緻精錬、殆ど鬼神を泣かしむべき也。
其の説を聞くに云ふ、君の佛國に在るや、日本技術を以て之を誇んと欲するに、一に將碁を用し、一に五律を用す。
五律は本と漢土の輸入なり。然れども我國の之を用する、既に久くして即ち我物と爲す。
且つ詩律中、五律は極めて外人に合調と為し、之を排する能はざる也と。
葢し其の精神は愛君憂國之餘に出づる也。世の作家の騷章麗句とは撰を異とする也。
今や四十字詩を刻すと聞き聊か之を序し、以て世の此の詩を讀む者を諗(いさめ)んと也。
 明治癸卯(36年)六月 浪華客次梅屋 古香居士 種樹(秋月種樹) 撰

 西湖散人四十字詩序
西湖散人。一日飄然として吾が廬に來造(いた)る。開口、詩を談じて娓々として已まず。
一詩藁を懷より出し。序を屬して去る。披いて之を視るに。造句奇警、頗る人目を驚かす。
其の詩の己に奇と謂はんに因りて。則ち其人の奇も知るべきか。
散人の歐洲に遊ぶや。甞て杜集を講して以て洋客を服せしむ、一奇なり。
洋學を専修して漢詩を好むは二奇なり。
官爵を貪らず吟嘯風月するは三奇なり。
五言律を愛して他の體は作らぬは四奇なり。
富才にして苦吟するは五奇なり。
人に逢はば必ず推敲を問ふ、六奇なり。
此の六奇有りて。其の詩も傳ふべし。若し外客を使して之を視しむれば。亦た必ずや其の奇に服する耳。是を序と為す。
 癸卯之冬 如意山人 谷餓臣

 西湖散人、四十字詩一巻を示して題言を徴す、此を賦して以て贈る。
大臣と為らず乞兒と為る。散人の一語、奇は斯くの如し。散人年少、大志を立て。海外を遠遊して良師を求む。早くも占む、法律學士の稱。瑞西(スイス)國裏、留學の時。更に餘技有りて雙絶を稱すは。 四十字詩と象棋とを兼ぬ。佛都の橘仙(将棋名人の謂)勁敵と推す。英京の文海、妍辭を傳ふ。此より縉紳、爭って交を結ぶ。遠邇嘖々として名聲を馳す。米國の淑女、才藻を慕ひ。結褵の誓を爲す連理の枝。 懸弧令辰(男児生まれて)騏驥を證す。弄瓦吉祥(女児生まれて)耀門の楣。一朝萬里歸來の日。五言長城(五言詩の名人)旌旗を掲ぐ。到るところ風を批しまた月を抹す(貧に撤する)。 學士の稱を人の知る無し。散人の襟懷、何ぞ落々たる。飄蕩として款數の奇を須ひず。好し、官海、畏途の外に向ふとも。或ひは象棋に隠れ或ひは詩に隱れん。
 昭陽單閼(癸卯)南呂(8月) 蔣逕 大竹温 拜草

 西湖詩鈔序
飯塚西湖。蚤く奇人を以て世に著はる。其のともに交る所は。皆な天下奇傑の士。道に游ぶこと極めて廣し。
人となりは簡易坦率。禮節に拘らず。尤も詩を喜びと為す。而して其の體は獨り五律に限る。
常に其の志を山水崖谷間に肆(ほしいまま)にし。至る所に流連吟詠して。往々、歸るを忘るると云ふ。
余、其の名を聞くこと久し。而して耒だ其の人を識らざる也。
一日客の門に踵(きびす)する有り。直ちに入って余の坐邊に來り。q聲一揖す。状貌偉大にして。身に洋裝を着す。隆鼻にして目深く。鬚髯 は蝟毛(ハリネズミ)の如し。
余、其の唐突に駭き。心竊かに以為(おもへ)らく是れ歐米人と。其の刺を見るに及びて、則ち西湖なり。
因りて掌を抵(う)って驩呼し。相共に詩を論ず。已にして(やがて)懷を探るに。其の作る所、五律若干首を出し以て余に視しむ。
余、之を讀み。佳句に至る毎に。輙ち激賞す。西湖欣然として笑ひて曰く。「子は眞に能く吾が詩を知る者かな」と。
其の後、屢ば來るも。皆な初めて來たる時が如し。
頃者(このごろ)將に其の著す所「西湖詩鈔」を刻せんとし。序を余に徴す。余曰く。
「善きかな君の舉や。曩時の藤井竹外。奇人にして詩に工みなるも。其の體は獨り七絶に限れり。沒後、殆んど四十年。今に至りて其の詩を讀む者をして。激賞やましめず。之を當時の詩家の諸體を具ふるに較べれば。風味の索然たるは。 其の優劣、豈に啻に天淵のみにあらざるなり。
今、君と竹外と。均しく奇人と為す。而して其の詩において。七絶と五律との異、有りと雖も。獨り一體に限るは。未だ嘗て同じならざらずや。
嗟夫(ああ)。七絶の工なる竹外の如き、五律の妙なる君の如き、先後相ひ輝映す。美を藝苑に擅(ほしいまま)にするは。亦た甚しく奇なる可けんや。
且つ余は之を聞く。君の海外諸國に漫遊するは。盖し十有八年と。
其の間、城郭山川昆蟲艸木の美、賦する所の者。固より應に多かるべくも。是れ竹外の無き所。而して君の獨擅する所ならん。」
言、未だ畢らざるに西湖欣然として笑ひ曰く。「子は眞に能く吾が詩を知る者かな」と。遂に書して以て序と為す。
 明治三十五年壬寅冬十一月 和泉 松堂 山田連 撰

 西湖散人詩集敘
西湖散人、詩を善くす。詩は必ず五律にして語は必ず巧みに鐫り、徃徃にして人を驚かす。
其の寓は大坂に殆んど二十年、吟宴有らば必ず相ひ臨む。
人の或ひは其の必ず律にして變化の乏しきを議し、又た或ひは其の推敲に盡力するを賛稱す。
一字として妥せず琢磨して措かず、當を得て而して後ち止む。刻苦の状は、年少の及ぶ能はざる所なり。
余は獨り、散人の能く詩の用を知るを取るも、賛と議との間には居らざる也。
盖し散人、幼くして歐に學ぶこと邃く、歐語、歐情を悟る。
而して侫ならず、歐において實業に從事し理財に務むも、財に溺れず「散人」を自稱す。此れ詩を嗜むの效か。
風雅の道は能く二弊を破る。散人の詩に於ける、大用を知る有るかな。
頃日、近作を刻さんと欲して余に敘を徴す。乃ち余の平素散人に取る所の者を序して以て弁言と為さん。
 浪華 南岳 藤澤恒 撰

 西湖山人四十字詩序
「男兒自より天爵(生来の人徳)在る有り、人爵(栄誉)に耑(たよる)すべからざる也。」是れ西湖飯塚君の言なり。亦た以て其の心事を察するに足るのみ。
聞く、君蚤く泰西に遊び法律を學攻し、足跡殆んど歐洲に逼し。歸朝後、將に大いに爲す所有らんとして、世と合はず、老驥千里空しく槽櫪に伏す。
乃ち志を當世に絶ち、磊落不覊、放言縱談、汎く海内の士と交り、而して浮沈窮通を論ぜず、之を平等視して眼をヨ白することなし。
平生、將棋と詩とに耽。將棋は則ち「胸中の成竹(成算)」を試し、詩は則ち「滿腹經綸(述志)」を敘す。
而して詩は、天機の眞情を發露する所、自ら存する五律に限る。
加ふるに以て精錬推敲し、五言の長城に據りてより、世は獨り四十字の王を擅稱するを推す。居然たり詩國の老將軍か。
復た何ぞ區區として人爵の爲に慕はん哉。然りと雖も余、窃かに國家の為に惜む所有る也。
君、夙に有爲の資を抱き而して經綸に滿腹するも、未だ諸(これ)を實地に試し得ず。僅に詩國の老將軍を以て、將に終焉するが如きに自居(自任)せんとす。
其の境遇を察すれば、悲まざるべけんや。今また將に其の近集を刻せんとして來り余に序を徴す。
余、是におけるや聊か感ずる所を述べんも、是の如き、君が意(こころ)果して如何なるかを知らず。
 明治三十六年六月 遂軒 關栫@撰

 西湖山人四十字詩敘
昌黎(韓愈)曰く「險語は鬼膽を破る」。少陵(杜甫)また曰く「語は人死して休まざるも驚かず」。古人の口を開く、豈に其れ容易ならん哉。
其れ白湯を飲み黄蠟を嚼むがごときは、則ち安んぞ能く人を驚さんや。况んや鬼に於いてをや。
是れ必ず人より異有り、而して奇なる者なり。
西湖山人、夙に奇を以て天下に大鳴す。其の詩ゆゑに亦た一に窠臼(旧套)を超え、奇にして警絶。
常に曰く「詩は東洋美術なり。其の錘錬の極や、口を脱すれば、斬新鮮活、鯨呿鰲擲(勇躍)たるも、牛鬼蛇神(面妖)たるも、亦た以て奇と爲すに足ざるなり」と。
山人、久く西洋に游ぶ。最も瑞國の湖山を愛し、而して煙水の上(ほとり)を風咏す。
而して其の郷、雲(出雲)の松江為るに歸るに、松江の景、また髣髴たり。因りて自ら西湖と號すと云ふ。
秀靈の鍾まる所、人文は奇傑を俱にす。今、湖山の勝に加之(しかのみならず)文物の美を以てす。之を東洋美術と謂ふは寔に是なり。
其の風雲の變態、花草の精神、春緑に月明く、潭清く鳥白く、煥爛暎發す。
此が爲に四十字詩の、以て一世を驚動す。而して唯に其の奇を以て大鳴するのみならず、亦た以て昭代の盛を鳴すに足らん。
 明治壬寅十月 三舟 日柳政愬(日柳燕石長男) 撰

 西湖四韻詩序
予の飯塚西湖の識を得るは辛卯の歳(明治24年)に在り。西湖、大阪に來りて首めに予が家傳を訪ふ。
予が政友、大井馬城(大井憲太郎)が言ふ、
「予、始めて政客を以て待つ。而して談偶ま泰西の學術に及ぶに、其の説の明確たる、識見のまた不凡たる、尋常百學者の儔に非ざるを似(示)す。
既にして西湖、懷を探り、其の詩卷を出し示す。其の詩、皆な五言律に限る。首首鍛錬精熟し格調俱に高きかな。
西湖は既に尋常の西學者たるに甘んじず。何ぞ況んや詩人においてをや。而して其の詩の此の如きは何たる哉」と。
聞く西湖、嘗て瑞西に遊び法律を學び、英佛の間を往來するは數年。
自ら謂ふ、「西人の智慧の精敏の所は及ぶこと易からず。獨り詩は以て凌駕すべし」と。是において專ら力を詩に致すと云ふ。
西湖の為人(ひととなり)率易坦蕩、辺幅を修めず。其の状貌を観るに白皙紅毛、酷(甚だ)しく欧米人に肖る。而して其の處心も亦た頗る歐米人に似る者有り。
盖し其の議論、専ら平等を主にし、富貴に阿(おもね)らず貧賤を侮らず。公卿大臣より白面書生に至るまで視ること等夷(同輩)の如し。
是を以て人或ひは以て奇と目し、西湖其れ奇を以て自ら安んずる者か。
故(も)と其の歐より西歸せる始め、實に一布を欲して其の學びし所に展べり。然れども世運未だ熟さず事と志と睽(そむ)き、殆んど奇人を以て終焉す。
是れ豈に西湖の本志ならん哉。
馬城また法律を學び、其の志を得ぬこと西湖と同じ。而して予もまた窮廬に伏し童子の師と爲るかな。
予の不才や何ぞ世において、獨り西湖・馬城の以て千里の才を竝べるに輕重有らん。而して櫪下に老いて慨くべきかな。
近日、西湖は其の五言律詩を刻し世に問ひ、予に一言を令す。
故に予、其の平生を敘して、以て之に贈る。善く西湖の意に中るや否や知らず。
 明治三十五年十二月 大阪 梅崕 山本憲


本文PDF (13.2Mb)


 總評
詩者文字の精華なり。精華の中、其の一體に限るは、是れ乃ち精の精なる者。
西湖の平生の作詩、諸體に渉らず耑(ただ)五言律を以て為し、字を尚びて句を烹て錬り、其の極に抵りて止む。一家の長を擅まにするを似(しめ)す。
古人の所謂「四十個の賢人も、一の屠沽兒に着かず」者に非ざるか。此稿を還すに及び一言以て之を書す。
 明治癸卯夏日 周峰 福原公亮 識

字錬句鍛、五律上乘にして法を得たる杜少陵。今時の作者は及ぶべからず。
 山田新川 評

五律の幽怨は少陵(杜甫)を本乎とす。今人、此の體を專攻する者なし。予輩を以て見る所、十餘年來、惟だ一に西湖有るのみ。
佇興(物思い)して言を忘れ、悠然として自得す。其の性情の高澹たる、此の如し。極めて平易の處を似(しめ)し、正に是れ其の精微の處を極む。澄練(白絹)を淘汰して超々元箸(玄妙)。豈に五字長城(五言の名手)に非ざらんや。
清流の逵を貫く如く、孤鶴が群にて出づる若し。十餘年來、五律名家の首は西湖に指を屈す。其の名の甚しく著れるを顧るも、世に鍾期(知己)なきこと久しきか。
五言は閉適仍り、杜を以て本と為す。敢て韋・柳の門逕(韋応物と柳宗元の得意な絶句)に入らず。而して蕭かなこと眞に絶俗、優れて隱逸詩宗の堂に上る。此れは是れ、西湖の特に長ずるの處。十餘年來、一格を墨守して時習に染まる所を為さざるは殊に得難き也。
 槐南 森大來 評

 飯塚先生西湖四韻の詩題詞。雅政(大雅粲政:斧正を乞ふ)
「賢人四十坐す。一屠沽も著かず※。」 此の説は神悟に歸し、其の言は道膄(清瘦?)を味ふ。長城はこれを得、五字ここに在り。隨州(五言名手の劉長卿)に告ぐるを作さんと欲す。千秋、桙ヘ孤ならず(必ず隣あり)。
 寧齋野口弋 題  (※劉昭禹「五言律如四十賢人,著一屠沽不得。:(40字の)五言律詩は四十の賢人の如し、一の屠沽(下賤の俗字)も得ざるに著く」)

 浪華客次、西湖老兄、其の著『四十字詩』の為に題詞を需め、詩有りて示さる。乃ち其の韻に次(韵)して之を作り併せて大政(大雅粲政:斧正)を請ふ。
高懷、諷咏を寄し。動履(起居)風流に儘(まか)す。幽谷蘭邊の杖。空江篷裏の舟。五言、獨歩を稱す。一律亦た千秋。聞達は志にあらざるを知り。神は亡是(亡是公)の遊に從ふ。
 青萍 末松謙 澄題

 題西湖散人四十字詩
燕山瀟水、詩才を養ふ。自ら西湖と號す亦た善き哉。二十四橋十六景。五言八句、奇を闘ひて来る。
 膽山 生駒章 題

 寄西湖先生、雅政
海内、知已稀なり。閑居歳月深し。三年、萬卷を破り。一語千金に直(値)ふ。獨り君の我を憐む有り。交り無きは古も今に似たり。暫時相ひ遇ふ處。賞し難し、伯牙の琴。
 赤羽四郎 拜題

 跋漫吟小冊
友人西湖居士、逍遙として詩を嗜み五律を專攻す。其の作る所の風調は淡雅。意思は蕭散、俗氣は絶無なり。
或ひと曰く「居士は嘗て歐洲に游び、彼の學に通暁す。而るを反って漢詩も能くす。是れ異とすべき也」と。
予曰く「五律は格法を尚ぶこと嚴密なり。中に一種超妙の處有り、蓋し歐洲の學の理數に邃き無有浮泛
今、居士、五律の佳處を窺ふは、安ぞ之を歐學推理の力に於いて得るに非ざると知らん哉。書して以て之を質さん。
 壬寅秋十月某日 苔園 田部密 識

 西湖詩集跋
農を為す者は商を為さず、商を為す者は工を為さず。是れ古人の教ふる所なり。
近く泰西に分業の説有り、其の要旨はまた此に出づ。
盖し人の精力は有限なり。有限の精力を以て無限の事業に用ふ。
敗れざらんと欲すと雖も、得べからざる也。獨り事業のみならず、凡百の技藝は皆な然らざる無し。
詩は固より小技と爲すも、世態を描き人情を寫し、萬有遺す所無きを羅に包む。
是を以て諸體を兼ね、各(おのおの)其の妙に臻れる者は古來甚だ少し。
飯塚西湖君は當世の偉才なり。夙に歐西に游び、其の學術に精通し、而して詩の嗜好に於るや尤も厚し。
五律一體を專攻し、推敲倦まず、鍛錬して備(つぶ)さに妙に至る。
句は徃徃人を驚かすに足り、以て後世に傳へて不朽たり。
余輩淺劣、漫(そぞ)ろに諸體を兼ねて修むるも、一として得る所無く、君に恥づること多し。
是に於いて益(ますます)古人の我を欺かざるを信じ、また泰西分業の説の據る所有るに服する也。
 岡田英


Back

Top