電気 設備 の 技術 基準 pdf

電気設備の技術基準の解釈の解説 平成30年10月1日改正 産業保安グループ 電力安全課 第1章 総則 第1節 通則 第1条【用語の定義】 〔解 説〕 本条は、この解釈に使われる用語のうち、全般的に用いられる主要な用語の定義を掲げたものである。

電気 設備 の 技術 基準 pdf

電気設備に関する技術基準を定める省令: データベースに未反映の改正がある場合があります。 最終更新日以降の改正有無については、上記「日本法令索引」のリンクから改正履歴をご確認ください。 電気設備の技術基準抜粋 バスダクト工事に関係の深い「電気設備の技術基準」の条項は次 の通りである。 低圧の電路の絶縁性能(省令第58条) 第58条 電気使用場所における使用電圧が低圧の電路の電線相互 電気設備の技術基準の解釈 第1章 総則 第3節 電路の絶縁及び接地 第13 条【電路の絶縁】 第14 条【低圧電路の絶縁性能】 第15 条【高圧又は特別高圧の電路の絶縁性能】 電気設備技術基準 目次つき. 第1章 総則. 第1節 定義 用語の定義 電圧の種別等 第2節 適用除外 電気設備技術基準における 電圧の区分と施設規制 (社)日本電気技術者協会 事務局 今回は電圧の区分について紹介する。電気は、電圧が高くなるほど危険が大きくなるた め、電圧の大きさによって、電気工作物の施設方法に差が付けられている。電気設備技術 官庁営繕の技術基準等を、主に使用する時期や目的等で整理した一覧を掲載しています。 > 官庁営繕の技術基準等一覧 ただし、工事内容、発注者の体制、委託する業務の内容等によって、活用する技術基準やその方法等が変わる可能性があります。 ③地中電線路 構造物への引き込みについての具体例は、「建築設備耐震設計・施工指針 2014年版」解図6.5-2(a)を参照すること。 また、 地中電線路は「電気設備技術基準・解釈 第120条」の規定を遵守 建築設備設計基準 平成30年版 平成30年3月19日 国営設第134号 この基準は、国土交通省官庁営繕部及び地方整備局等営繕部が官庁施設の営繕を実施 するための基準として制定したものです。 国は,電気事業法(昭和39年法律第170号)に基づき,電気工作物が適合しなけれ ばならない技術基準として,「電気設備に関する技術基準を定める省令(平成9年通商 産業省令第52号。以下「電技省令」という。)」を定めている。 発電用火力設備に関する技術基準を定める省令第4条第1項及び第2項の規定は、変電所、開閉所若しくはこれらに準ずる場所に設置する電気設備又は電力保安通信設備に附属する電気設備について準用する。 電気設備の計画設計に当たっては、土地改良事業計画設計基準(ダム、頭首工、ポンプ場編等)及び電 気事業法等の関係法規を遵守するほか、この技術指針を参照するものとする。 1.2 関係法規 有線電気通信設備等電線施設共架技術基準 (適用範囲) 第1条 (以下甲という)と東京電力パワーグリッド株式会社(以下乙とい う)間の電線施設共架契約書第 条による共架工事は,この共架技術基準により実施す るものとする。 電気設備に関する技術基準を定める省令及び解釈の改正 ・電力設備から発生する磁界に係る規制の導入 平成23年7月1日 電気設備の技術基準の解釈の改正 ・条文構成の組換え及び表現の適正化 ・鉄骨造等の建造物における等電位ボンディング 等 電気通信事業者の電気通信回線設備に端末設備を接続したときは、当該電気通信事業者の検査を受け、その接続が第五十二条第一項の技術基準に適 合していると認められた後でなければ、これを使用してはならない。 電気事業法に基づいて制定されている電気設備に関する技術基準のこと。通商産業省(現、経済産業省)の省令として公布されている。 正式名称は「電気設備に関する技術基準を定める省令」(平成9年通商産業省令第52号)。 工場電気設備防爆指針(粉じん防爆1982)(riis-tr-82-1) 構造規格においては、ガス蒸気防爆構造及び粉じん防爆構造について規定し ているが、基本的要件を定めているだけであり、実際の検定基準とするには不 十分である。 従って、電気の安定供給は社会活動の中で必要不可欠なものとなっており、主要な供給設備で ある高圧受電設備には高い信頼性が要求されます。 そうした状況の中で、キュービクル式高圧受電設備はその利便性から広く使用されております 図2.3.1 電気事業法と技術基準との関わり(電気設備に関する技術基準を例として) 図2.3.2 設備基準と用品規格との関わりおよび体系 図2.4.1 電気事業に関連する法令 図2.5.1 電気工作物の保安体制 図2.5.2 保安体制に関する電気事業法での規定概要 第3章 電気は直流(dc)と交流(ac)があり、電圧の種別は、経済産業省電気設備に関する技術基準を定める省令(電技省令)により、電圧の大きさごとに低圧、高圧、特別高圧の3種類に分けられています(表1)。 既存の電気設備技術基準違反箇所については適応除外としている。電力法の基にDecree(関 係行政府と調整した上で首相が承認するもの)として位置づけており、根本的な部分を決め るのが技術基準、それ以外は国際基準で対応というスタイルをとっている。 vi 2019年版の改正点 電気設備の技術基準の解釈 •平成30年10月1日 20180824保局第2号 第16条第6項,第17条第1項,第46条第2・3項,第129条 第2・ 3項,第130条第 2・ 項,第133条第 項,第190条第 1項,第200 条第2項,第218 1項 その他 •平成29年9月1日 政令第232号「学校教育法の一部を改正する法律の施行に ... 文部科学省の技術的基準 ... 国立大学法人等施設の単価(特記基準) (pdf:57kb) (平成16年4月16 ... 公共建築設備工事標準図(統一基準)(電気設備工事編)(国土交通省ウェブサイトへリンク) 13.06.2019 · 電気設備技術基準の概要と電圧の種類 法規の科目試験では、電気設備技術基準と電気設備技術基準の解釈からの出題が毎回多数を占めます。 ここではこれらの要点を説明します。 電気設備技術基準 ... 「電気設備 の技術基準の解釈 」の改正 の概要 平成23年 7月1日 原子力安全・保安 院 電力安全 課 1.条文構成の組替え及び表現の適正化 今般の改正前後において電気設備に関する技術基準を定める省令(以下「省令」とい う。 電気用品の技術上の基準を定める省令の解釈について 本解釈は、電気用品の技術上の基準を定める省令(平成25年 経済産業省令第34号。以下「省令」という。)に定める技術的要 件を満たすべき技術的内容を具体的に示したものである。 電気設備の技術基準の解釈について 第1章 総 則 第1節 通 則 第1条~第2条 略 第2節 電 線 第3条~第12 条 略 第3節 電路の絶縁及び接地 第13 条~第28 条 略 (機械器具の鉄台及び外箱の接地) Amazonでオーム社の電気設備技術基準・解釈 2018年版。アマゾンならポイント還元本が多数。オーム社作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また電気設備技術基準・解釈 2018年版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。 電気施設技術基準国際化調査(電気設備)報告書. 平成21年度 著者 日本電気協会 出版者 経済産業省 出版年月日 2010-03 シリーズ名 経済産業省委託調査報告書. 平成21年度 提供制限 インターネット公開 原資料(url) 《技術資料》 通信ケーブルの最大使用電圧・許容電流 1.最大使用電圧 一般的な通信ケーブルは、電気設備技術基準における弱電流電線、小勢力回路の適用を受ける。 弱電流電線… 電気設備技術基準・解釈早わかり(電気設備基準研究会 編)より 電気設備が設置されている部分は、資料5「変電設備等に設ける水系消火設備の技術基準」 に基づくスプリンクラー設備又は水噴霧消火設備を設置した場合、政令第13条第1項第6欄及 び条例第38条第1項の規定にかかわらず、政令第32条又は条例第42条の規定を ... 電気通信設備工事施工管理基準 この電気通信設備工事施工管理基準は、電気通信設備工事共通仕様書( 平成25年3月) 第1編1-1-23「施工管理」に規定する電気通信設備工事の施工管理及び規格値の基準を定め たものである。 1.目 的 なお、発電設備等の系統への連系に当たっては、感電の防止等の電気工作物の 安全に関する対応も必要となる。これについては、電気事業法第39条及び第5 6条に基づく電気設備に関する技術基準を定める省令(通商産業省令第52号) 「電気設備技術基準」ポイント集; サイト内お気に入り★; お問い合わせ; カテゴリー. グラレコ; ブログ. 理論の学習記事; 電力の学習記事; 機械の学習記事; 法規の学習記事; 数学の学習記事; 電験3種過去問題. 理論; 電力; 機械; 法規; 印刷と製本とラミネート ... 事業用電気通信設備規則の構成 技術基準の5原則(電気通信事業法第41条第3項) 1.電気通信設備の損壊又は故障により、電気通信役務の提供に著しい支障を及ぼさないようにすること。 2.電気通信役務の品質が適正であるようにすること。 1 平成30年版 電気設備の技術基準 (省令及び解釈)の解説 追補版 (平成30年10月解釈改正を反映) 日本電気協会 別記13 電気設備及び主要電気機器の防爆構造 電気設備は、電気設備に関する技術基準を定める省令(平成9 年3 月27 日通商産業省令第52 号)の定めに よるほか、可燃性の蒸気又は微粉(以下「可燃性蒸気等」という。)の滞留するおそれのある場所の電気 ... 電気事業法に基づき定められた「電気設備に関する技術基準を定める省令」(以下,「省令」)及び 「電気設備の技術基準の解釈」(以下,「解釈」)は,電気関係者が電気工作物の設計,施工, 維持,運用に当たり遵守しなければならないものです。 電気事業法(昭和39年法律第170号)第39条第1項及び第56条第1項の規定 に基づき,電気設備に関する技術基準を定める省令(昭和40年通商産業省令第 61号)の全部を改正する省令を次のように定める. 制定 9平成 52年3月27日 通商産業省令第 号 改正 技術進歩に柔軟に対応し、新技術の導入を図るため、平成9年に「発電用火力設備に 関する技術基準を定める省令」と「電気設備に関する技術基準を定める省令」がそれ ぞれ改正され、設備に求められる安全確保上必要な要件を、具体的な手段、方法等で