2015.08.27up / 2017.02.20update Back

田中克己日記 1949


【昭和24年】

 年明けての1月7日、次の転職先も決まらぬまま、桜井から京都への引越を決行した田中家。待遇や気風が気に入らなかったとはいへ、 天理図書館は大高以来の盟友、杉浦正一郎が昭和10年の開館以来蔵書構築の任にあたってゐた元職場です。 再発見された「曽良随行日記」が天理の綿屋文庫に無事納入に至った一件も、詩人があとしばらくここに残ってゐたらば、 少しは力になってあげられなかったか。杉浦氏が家を売りまでして資金を作り、自腹でこれを購ふなんてことはせずとも済んでゐたのでは、などと思ったりもします。

 学者にとって力強い味方は頼もしきコネクションであり、文学上では肥下恒夫が「コギト」のパトロンかつ編集雑務一切を負った得難い友人であったとするなら、 田中克己にとって学問上で同様な位置にあったのは、斯界の泰斗を父親に持つ、篤実温良の友人羽田明であり、 恃みとしたところは彼をはじめとする多くの師友が勤める京都大学のコネクションでした。

 引越しは羽田の口利きで同じ町内(北区田尻町)に決まりましたが、「このまま田舎に埋もれるのは嫌だ」といふ学者としての意思表示であったといへるでしょう。 天理時代には服部正己の家に入り浸ってゐた詩人でしたが、京都では数軒先にあった羽田宅、 そして同じ鴨川右岸にあった実家の下総町へと、京都駅への行き帰りに立ち寄ってゐます。

 ところがかうして転居したにも拘らず、さっぱり埒が明かぬ家計状況に家族は次第に追ひ詰められてゆきます。 二月末には三女が生まれ物入りとなるものの、求職活動はされず、日記には相変らず、通勤途中に住んでゐる?恋人との逢瀬と思しき行跡やら恋歌やらが記されてゐます(笑)。 期待された『杜甫伝』の出版も、校正刷を出しながらことがうまく運びません(そしてこの老舗出版社である博多成象堂は消滅)。 よくここまで辛抱されたと思ふのですが、悠紀子夫人は「前途心細しとて」新年度に入り、たうとう泣き出してしまひます。

 むごいことに詩人は中々泣かないこの妻に対しては、「泣かないな、まだ泣かないな」などと試すやうな仕儀をもって傍観してことを語ってゐるのですが、 こののちも長男の担任が家庭訪問にくれば、将来学校へやる気なしと答へたり、幼い子供らは子供らで、 何かと生活の面倒まで見てくれるおとーちゃんの浮気相手におたよりを書き出す始末です。詩人の家に出入りした人たちの伝へる、 夫人が醸す飄逸たる印象といふのは、生まれつきといふより斯くのごとき夫を持った妻の修練のたまものであったと私は思ふやうになりました。

とまれ家庭を顧みぬ詩人ですが背に腹は代られぬと、教へ子たちの伝手を頼り、私立高校や中学へ当面の口を糊するための職を探し始めます。 ところがこれがなかなかうまくゆきません。

 もとより本命だった新制大阪大学の助教授の話が5月に破談します。大学準備のために下阪するキーパーソン桑田六郎博士を待ち受けるのですが、 「会ふ用なし」と釘を刺され、それでも出かけると(居留守でしょうか)今しがた出かけたばかりだったり。 当時は図書館のライバル同僚だったらしい中村幸彦には「桑田博士は不愉快な男だよ」などと水を差され、 それでも押しかけてたうとう会ふことは叶ふものの、博士からは「天理の方がいいんぢゃない?」と何ともつれない返事。 もし義理の叔父で大高教師だった全田忠蔵と桑田氏とが一高時代の同級生だったといふ誼がなかったら、さぞ居心地の悪い会談であったことでしょう。 翌年仕事が見つかった際には快く歓談に応じる反面、仄聞したところの「将来博士になれる人でなければ駄目」といふ言葉を思ひ合せるに、 やはり中村幸彦氏のいふ通りのなかなかの狸ぶりです。

 この5月、実家の父親西島喜代助も、勤務する組合の解散が決まり、父子ともに路頭に迷ふ危機の迫った、 この昭和24年の誕生日(8月31日)には、「我が生涯の最悪の誕生日」と日記に記さざるを得なくなります。ことはもちろん恋愛に逃避して解決するわけもなく、 神経衰弱が昂ずるあまり、詩人は同僚一家に悩みを打ち明けて相談するうちに、心にもなかった天理教への入信さへ検討をしはじめます。 正に貧すれば鈍す、といったところでしょうか。

 「大学のプロフェッサーと云はれんと三河吉田にゆきし友はも。」

 京都大学のコネクションが一向に功を奏さない間、自分が招聘を断った愛知大学へと去って行った友、服部正己がドイツ語教授として自足してゐる様が羨ましくも映じます。

 「風涼し丘のべによむ失恋の詩人の詩をばきみうべなはず。」

 分かってはゐるのです。しかし11月3日、文化の日と改名させられた明治節に明治天皇が眠る桃山御陵へ参拝、お賽銭に金100円を投じてたうとう「号泣」します。

 「くやしさにおほみささぎにこゑあげて泣きしをのこをきみは忘れじ。」

 見守るのは夫人ではなかったやうでありますが(苦笑)、ここを以て天への祈りが通じたのかもしれません。ふたたび運勢が動き出します。

 すなはちこれまでの日記にも何度となく出てくる教へ子の末吉栄三氏から関西大学付属高校の講師の口が、 京大の友人藤枝晃の情報により共学の短大へ昇格する彦根高等女学校教授の口が、そして最後には一番大きな話、 却って詩人を悩ませることになってしまふ名古屋大学の助教授の話が神田喜一郎博士より、共にゆかうとの直々の推薦で年の暮れに舞ひ込みます。

 さて、文学の方に目を転ずるなら、田中克己が詩人として関西に新たな地歩をみつけるのがこの年であり、 詩人としては新しいスタートを切った年と云へるでしょう。

 敬愛する堀辰雄の再起が覚束ないことを聞かされるものの、「四季」を通じて縁ができた角川源義からは出版の話がもちかけられ、 後年文庫版がベストセラーとなる「ハイネ恋愛詩集」の訳出がすすみます。また近所の古本屋「リアル書房」が天野忠の経営と知るや、 彼をきっかけとして京都詩人との交流も始まります。

 その寄り集まりは「コルボウ詩話会」と名付けられ、天野隆一、依田義賢、城小碓、俵青芽ら、 京都を中心に多くの詩人らが集結し、岐阜県出身の山前実治が印刷を担ひました。天理からも詩人のよき援助者だった同僚の高橋重臣が参加。 小高根二郎も宇治に転勤となれば呼ばれないでは居られない。と、後の「近江詩人会」や「果樹園」メンバーの名前もやうやく日記に見出されるやうになります。

 また奈良では、「大和文学」を編集する養徳社から退けられた保田與重郎が、天理とは縁を切り、 元文部省図書監修官だった前田隆一が京都で興した吉野書房(祖国社)を起点にして活動を開始。兄事する栢木喜一、奥西保、 高鳥賢司ら信奉者が集結して雑誌「祖国」を創刊します。

 田中克己もこの、中央からは退けられた伝統派文芸の復興を掲げた旧日本浪曼派勢力の旗揚げに、 自らの政治的性向とは関係なく「コギト」古参の一員として参加し、遇されます。同様にして影山正治の「不二」との縁も続いてゆくのですが、 いづれもその本質に蟠ってゐる政治色には溶け込むことがありませんでした。

 ただ「祖国」に関はった当事者の日記に窺はれる新事実?として興味深かったのは、 保田與重郎と田中克己の二名の共編による、世界の『名著解題辞典』がこの吉野書房で企画され、種本が収集されて編集も途中までは進んだといふこと。 教育出版社とはいへこのお二方が編輯する訳ですから、もろに評者の好みが明らかにされさうな本で、『杜甫伝』とともに実現を見たかった本でした。

 それから詩人との意外な交流を知って驚いたのは、禅林文学の第一人者となられる入矢義高氏でしょうか。当時は田中家以上?の貧苦を耐え忍びながら、 明代の口語小説『今古奇観』の翻訳を昭森社へ持ち込む際の相談に乗ったり、 ともにドイツ文学にも明るく馬が合ったのか、テキストの読み合はせなんかも二人で行ってゐます。

 そしてそれとは反対に、のちに近世文学研究の権威となられる中村幸彦氏が、詩人と同じ淡路出身の同庚であるにも拘らず、 そして詩人の旧友杉浦正一郎とも同じ分野の研究者として同僚であったにも拘らず、天理図書館時代には詩人と反目する立場にあったことにも驚きました。

 日記を見ていけば分かるやうに、初めから悪かった訳ではないやうです。 田中克己はもとより天理には食糧難を避けるために腰掛のつもりで籍を置いただけの新参者。そのくせ理に適はないことにはたとい上司であっても平気で直諫してのける癇癪持ちであり、 一方スマートな話ぶりで女子職員の人気もさらってゆくやうな、扱ひ辛い職員です。対して中村幸彦氏は設置母体天理教の中山真柱に可愛がられて、 開館当時から蔵書構築を任ぜられ、今や副館長かつ新設された天理大学でも教鞭を執る古株の責任者。「羽田は我党なれど田中は然らず」と言はれた由ですが、宜なるかなであります。

 当時図書館にあった「I」といふ、詩人が歯牙にも掛けなかった若者が、後年詩人が逝去した後になって当時を振り返る実に嫌らしい回想文を書いてゐますが、 詩人の挙措の一々を「戦犯」といふ色眼鏡でしか見られなかったらしい、この不幸な与謝野晶子研究者は、自らの左翼反戦思想の仇と見定めた「元皇国詩人」の存在自体を 物陰から憎み続けてゐたやうですが、今回当時の日記を繰ってみて、特別なにか個人的な遺恨を含められた訳でもないことを知り、呆れたことでした。 (もっとも本人が知らぬところで恨みを買ってゐたことも否定はできませんが。)

 とまれ斯様な讒言に拘らず、これまで桜井から天理までの距離だったのが、京都から片道3時間近く時間をかけて通ふことになった訳ですから、 同僚には、当然近々去ってゆくつもりの人間に映ずることにはなったでしょう。図書館に高松宮が見えることになっても蚊帳の外に置かれてゐます。

 そして日記の中では道化役を演じさせられる図書館長。さんざんに俗物扱ひされてゐる富永牧太郎氏ですが、詩人は何かにつけて軽蔑し、反抗の牙をむきます。 落伍者然とした詩人の余りの様子をみかねた羽田明が天理まで訪れ、「あの下でよく三年辛抱した!」と慰められたときの気持ちは如何ばかりだったことか。

 もちろん館長にしてみればワンマン管長の下で働く事情もあり、さぞかしこの詩人ずぼらの圭角には中村幸彦氏と一緒に手を焼いたことであらうとは思ひ、同情も禁じ得ない訳ですが、 のちに詩人が正式に辞意を告げた際には努めて喜びを押し殺し、言葉を選ぶ様子が目に浮かぶやうなのが笑へるところです。

 とまれこの人生最悪の不遇の年に一番うれしかった言葉といっては、日記に書き残された、 弟の大(ひろし)が東京で仄聞したといふ、「人間は好かねど三好以上の日本一の詩人」と井上靖が評したのを聞いたことと、 羽田明がいみじくも発してくれたこの言葉だったと思ひます。(昭和25年につづく)


昭和24年 1月 1日〜昭和24年 1月 7日
20.4cm×14.2cm 横掛ノートに縦書き

p1   田中家系図

昭和24年

1月1日
午前中ねたまま。午後八木嬢来る。六日夜もしくは七日に東詰所宿泊のことたのむ。明日より大垣在へゆくと。尾西家へゆき京都移住のこといふ。 實氏といろいろ話す。年賀状中島夫人。木村繁喜「風車」。

1月2日(日)
末吉(※栄三)、純子の愛人藤井より賀状。ひるまへ柴田、沢田つれて来る。弓子に小遣ひ1000呉る。失礼と思ひしがこれ大和の風習と後で保田父君より説明ありし。 早々送り出し会長にゆけば四日夜まで帰らずと。外山の宮谷君を訪ねしに不在。
保田にゆき19:00まで居り、送別の宴賜はる。中村元信の話ききし。けふ史、依子藤井寺にゆき田中大江よりそれぞれ100づつ貰ひ来りし。

1月3日
雨。無為。羽倉啓吉より賀状。ゆき子トラック3500にて七日朝七時ときめ来る。(藤本夫人の斡旋)

1月4日
9:38にて丹波市。高橋君にゆき、子供にお年玉(100)。富永氏にゆき子供にお年玉(100)。八木家にゆき六日のことわりと八日の日直たのむ。手紙置き(父君にうに80)、 高橋君の茶室で喫茶、食事。
庄野氏にゆき好学会のビラと飴ともらひ明日開業の●より5000もらふことたのみ、新井女史を訪ね、六日給料5000の前借たのみ、アパートにゆきしに無人。 帰れば留守に硲晃君と岡本和子嬢と来りし由。末吉、中島夫人へ返事。19:00富松義晴氏に挨拶。

1月5日
9:38にて丹波市。養徳社にゆきしも庄野氏ゐず。日和佐にゆき寮長に会ひて話ききいやになる。再び養徳社にゆき明日再来の手紙置き、12:58にて帰る。
陽生、下條氏より年賀。ややして速達早川氏より中山正善の16、17両日の都合問合せ。保田にゆき父君に天理へ電話してもらひ、よしとのことにウナ電す。 「ナカ・一六・七ヒヰル(80)」。
木箱西窪氏よりもち帰る。夜、八木嬢?より電話、明朝手伝ひに来ると。

1月6日
八木嬢8:30来る。荷造りたのみ、9:39にて丹波市。新井女史より5000借り、山中嬢に八日の日直たのみ、養徳社にゆき上田専務にいひて5000もらひ、大阪。 博多にて3000もらひ、市役所の筒井(※護郎)に会ひ明菓にて喫茶(140)。六月に家できると。一興叔父見舞ひ丹羽千年夫妻に会ひ、ともに出て市電。 帰れば16:30。八木嬢明朝手伝に来ると。西窪夫人と夕食。送り出して富田君にゆき選別200もらひもち米代2000わたす。岡本和子に明日のこと断る。 保田にゆけば與重郎未だ帰らず。父君選別賜る(500)。

1月7日
ゆき子3:30起き、われ5:00。朝食後用意はじむ。6:30八木嬢来る。岡本嬢7:30。トラック8:00来り、積込み終り9:00。坂口允男君送別300(ゆき子挨拶にゆきしに高丸50、岩井100)。 われと八木嬢と二女先発。9:49発にてのり替うまくゆかず巨椋にてトラック走るを見しが田尻町に着けば既にあり。 硲君も来りて待ちゐる(13:30)。
積下しすみて昼食。4000わたして返す。八木嬢父に叱らるとて14:30帰り、われ羽田にゆきタバコ買ひに出、夕食後風呂賜はり帰りてねる。
けふ西田夫人(※大家)の話にては家賃500、水道、電気払ひ、火災保険はらひ敷金六ヶ月分。一ヵ年の契約書出せと。


昭和24年 1月 8日〜昭和24年12月22日
20.4cm×15.4cm 横掛ノートに縦書き

p2

1月8日
起床おそく、朝食後、史を下総町にやる。大をつれ来り、ともに本棚こさへ本ややならべさせしのみ。
午後配給米18キロをとりにゆく。あと粉二日分。京洛の配給わるきためみな目を丸くす。
大帰りしあと羽田先生のお宅へ御挨拶(砂糖1.5斤)。バスの停留所にて先生宅より帰りの江上波夫氏に会ひし。野田又夫に挨拶。
帰途買物(納豆2×15、インク18、ノート49、電球45、タバコ30+25、番茶45)。夕食後、家主の西田母子に挨拶。同居山木克己氏に挨拶(バス切符10)。家賃500と敷金3000とを納めし。

1月9日(日)
床にゐる中、ゆき子と二女とを下総町にやる。羽田11:00来訪。話すうち12:30ゆき子帰り来る。父三児に100づつくれし由。
13:00家を出て伏見稲荷に羽倉啓吉を訪ねしにお詣り多く神事中と。やや話し「明日10:00来訪」と。
伏見桃山駅前の淀野隆三を訪ねしに『ハイネ冬物語』は出さずと。「ゲーテたのむ」と也。早々退去。
帰り羽田に寄れば夫人、ゆき子を案内と。ややしばらくして帰り来らる。小学校の先生へ紹介ありしと。

1月10日
史、依子、登校。羽倉啓吉君1:30来訪。みかん一箱賜はる。共に出てバス待つ中、羽田帰り来る。東方文化にゆき藤枝、森鹿三、入矢義高、貝塚茂樹の諸氏に挨拶。 羽倉君と出てしんしん堂で喫茶。後別れて研究室へゆけば佐藤長不在。田村博士邸にゆけば不在。弘文堂にゆき細川君にいひ、桑原武夫氏を訪ひ6年ぶりに対談。「三好氏東京往」と。
帰りて羽田により、夕食後またゆきて20:00帰宅。
けふ母に会ひトランクもち帰りし。夜、保田家へ挨拶のハガキ書く。

1月11日
よべ8時半にいねしが12時に目覚めてあと眠れず。6:45のバスにのりてゆき、烏丸車庫より電車。新生2ケ買ひ切符買ひしてゆけば7:54の奈良行、 天理行にて松井、上田の二君と同車。上田に桑原氏のこといひ再見を約し、靴を直して(7)登館10:05。
富永館長に常時遅刻を断り10:20の茶の時間より茶話会。小幡●年の送り来しタバコ(ラッキーストライク)と飴とチューインガムにて行ふ。 吉川仁来りて高橋君に紹介す。午後『引得』と『支那語辞典』の有無検。
保田に電話して聞けば大毎にS氏(※下条康麿文部大臣)十七、八日来と出ゐると。
やがて来し上田を待たせ富永氏にいろいろ報告し、16:00退館。聞けば上田と山中嬢と再従兄妹らし。養徳社にゆき2000もらひ、うどん食ひ(60×2) 定期買ひ(天理−京都1ヶ月935)葉巻4本買ひ、羽田によりて『満和辞典』預り帰れば20:00。夕食。
けふ坂口允男へ礼状出す。図書館へ西川英夫、西川満、中野博之、鈴木俊、石浜純太郎諸氏の信。家へはじめて末吉栄三のハガキ。休み中、小川浩の友来りしと。

1月12日
6:30のバスにのり7:00の急行にてゆけば丹波市9:07着。同車に養徳社の的場嬢あり。葉巻托し散髪(50)。図書館へ10:10着。
しばらくして職員会(外語教師との対談の件)すみて吉川仁再来。「八万円の罰金出さずにすます法」と「せん方なからん」といふ。羊羹3棹呉れたり。 午後Christian Science Monitor社への礼状の英訳すませ、『李朝実録』ちょっと写せしのみ。
高橋君に寄りてさつまいも云へば「なし」と。上田嘉俊に「明日来よ」といひ、卵うどん食ひ(60)、16:48にのりしも17:07と同効果。帰れば19:30。 夕食後、羊羹もちて羽田にゆき23:00までダベる。
けふ小川、石浜、尾西三氏へハガキ。古野清人と話し腹立ちし。京都新聞に「下條文相金沢より16日入洛、京大視察後17日下阪」と。

1月13日
上田嘉俊12:00やっと現れ、飯すませて羽田にゆく。桑原氏へ送り出し、われは同志社、上野直蔵教授と小野利秋氏に会ふ。帰ってすぐ眠る。
けふ上田君に保田への電話托せし。上田申込みすを決心。中島明子氏より手紙。丹羽正義を買ふ(35)。『東洋歴史大辞典』は値切って買ふ人ありし。

1月14日
6:20に家を出、焚火にあたり6:30の始発にのり7:07の橿原行。平端にて待つ天理行に乗れば山中嬢と同車。遥拝、大掃除に間に合ひし。
保田に電話すれば早川氏来りて奈良へゆきしと、13:00奈良駅に待つと。やがて真柱より電話、富田君保田の使者としてあり。同志社図書館の報告し、 高橋君にゆきて藷一貫五百受取り(60)、上田嘉俊に会へば桑原氏「田中はあはてもの」と云ひしと。
鴎外「独逸日記」買ひ富田君と同車。上村松園に案内すと。近鉄奈良駅にて早川氏と遇ひ、女高師にゆき聞けば17日の奈良の宿まだきまらずと。 日程聞く中はら立つ。支庁にて別れ岐阜にゆく使者泊める約束をし、家に帰りて(17:30)羽田に山崎君よりことづかりし1000と藷一貫匁とわたし、こたつ借りて帰りしが21:00まで来らず。 父、亀井よりハガキ。博多、昭森社へハガキ。不二出版社、角川へハガキ。

1月15日
9:00家を出12:00丹波市。高橋君に「松露」(150)もちゆき餅米預け、12:58の汽車にて八木。神武綏両御陵にお別れす。16:20保田家へゆき早川氏と会い、 使者買うて出、夕食後丹波市へゆく(西窪夫人に京都へ来よといふ)。本部にゆき話せば自動車以外旨くゆきさうなり。
安達家にて入浴、電話かけ23:00まで話して泊めてもらふ。
風寒きうねびの山の山ふもとふたりしをればなにをかいはむ。
神々も見そなはしませとことはにかはらぬちかひ今年もかはす。
北に去るわれをあはれみこの年をいよよさきはひあらしめたまへ。

1月16日(日)
安達家にて8:00起床、朝食●れ、茶たまひしのち10:28天理発、保田へゆけば早川君、常三郎君と出発せしあと。11:48桜井発、12:01の急行にのり丹波橋のりかへ稲荷へゆき東丸神社社務所に羽倉君を訪ね、 夫人より饗応うけ下條氏のことをいひ(今夜一燈園泊り)帰宅。 昨夕近藤君(混血。もと「胎動」編輯)来り、羽田邸の電話借りしと。坂口君より送別の長歌。和田先生、中野博之、松本、田村春雄へ転居通知。

1月17日
出勤。上田嘉俊より電車にて身許書もらふ。「鶏・農村通信」預る。慶松君、金沢の土産に佃煮呉る。
午後奈良へゆき前川にゆきしに法隆寺いつでもみられると。
女高師で(※下條文相訪問を)待つ中、新聞記者、保田訪問を教頭に問ひしにパージと答ふ。大臣着後、早川氏を教務支庁に訪ふ。近藤、富田と話し、 二人帰りしのち桜井(※文相の訪問)とりやめときまり早川氏と桜井にゆく(22:00)。保田家にゆき話し畢り、臥床せしも一睡もせず。保田夫人とはじめて話せし。

1月18日
保田夫人5:00に起きて朝食支度してくれし。われと近藤君とのみ食べ(昨夜不眠)、7:10の汽車にのる。尾西、富松などフロイラインなつかし。
(近藤君に7:17にて大阪よりオン山へ連絡) 管長宅へよりしに仮病にあらず歯齦炎らし。図書館学園図書館となるに付、明日文教部と会見と。午後職員会、 資格級を司書研究員はとり、他は「ふくらまし」せんと。文相16:00閉館前来る。中村君案内。令息秘書官高村光太郎の詩集ほしと。「智恵子抄」貸す。 「御玄関」にゆき早川氏と話す。岡本課長ゐあはす。[カ]ヤキ君もある。
17:00出て一急行おくれて帰る。羽田に養徳社の本、土産とす。

1月19日
9:07にて丹波市着。上田、松井二君と同車。文教部にゆきて大学図書館についての座談会に出、終って和楽館にゆけばカヤノ木(※栢木喜一)、 早川二君いまだ就寝と。12:00電話あり和楽館にゆき会へばS氏ほとんど中山氏と話せざりしと。ふがひなきことかな。14:00のバスにのす。明日帰京と。切符買ひやりたかりし。
帰途、山中嬢父君に会へば一つ話ありと。帰りて二嬢と出、高橋君により夫人より芋一メ目わけてもらひ帰る。羽田、来客と話さず。

1月20日
出勤。「台湾の古地図」つづき書く気となる。14:00より外語側と図書館の協議会、つまらず。16:00終り、高橋君に芋一メ目の残りもらひ、養徳社によりて帰る。小牧君と一緒なり。
京都駅にてふしぎにも早川氏と一緒となり、連●券なるもの買ひて贈る(300)。近藤君もあり、ともに駅前にて喫茶。新京極へゆき八つ橋贈り(150)、 帰れば21:00。羽田家すでに戸をしめゐる。
けふ小宮君より和田先生のお言葉きく。桑田(※六郎)先生帰られ話されて(※大阪大学)ほぼきまりしと。

1月21日
10:10出勤。よべ眠り足らず仕事殆どせず。桜井より服部正己、芳野清、沢田直也、吉川仁造の年賀状廻送。芳野、吉川へハガキ。「ビブリア」出来上がりしにつき養徳社へゆく。 山中嬢父君より明日15:00に来よとの伝言。19:00帰宅、羽田へゆき21:00帰る。

1月22日
出勤。語専購入図書のカードのタイプ打ち疲る。
帰途高橋君に寄りて時間つぶし15:00山中嬢にゆく。御馳走たまひ上田の家に喜べる様ありうれし。17:08にのり帰宅。羽田にゆき西田太一郎君と話し、 二人して送り出す。沢田直也へハガキ。

1月23日(日)
総選挙日。棄権防止の声、米軍より出る、バカらし。羽田来る。
午後野田又夫にゆきしに保田を桑原氏きらふは政治的なるゆゑと、アチコチのこといひて論理的ならざる弁には疲ると、皮肉か。
18:00まへ出て河原町三條の朝日会館にゆき三村よりもらひし券(120)にて「シベリヤ物語」を見る。原色音●映画。帰れば22:00夕食。 けふ角川氏より月末来ると。家の案内しるせしハガキ書く。「明治天皇御集」(10)。

1月24日
欠勤。11:00家を出、研究室にゆき佐藤長君と話す。菊地先生(羽田先生義弟?)は佐藤君の叔父と。旗田巍氏帰りしと。進々堂で茶のみて別れ、 東方文化にゆけば三田村泰助、橋川時雄先生あり。「中国地方志綜録」を森氏にたのみ「民族学研究」二冊わけてもらひ、「海南島の蘇東坡」あづけて出、 彙文堂にゆき「東方文化書目続(40)」を二冊と「東光7」とを買ひ、帰り羽田に寄る。
留守中、母、咲耶来り、一興叔父危篤の電報昨夜来しと。史にききにやる。
けふ松本善海よりハガキ。今西春秋より藤枝への手紙によろしくとあり。川久保、旗田氏よりハガキ。史、帰りて聞けば一興叔父昨夜23:00死せしと。

1月25日
9:00出て京都駅で八つ橋買ひ(50)、大阪へゆく。総選挙民自党の完勝、共産党二十三名。
ゆけば出棺後、やがて林叔母と久しぶりに対面、その後な[き]父子を前におきて、寿賀子の産を徳島にすべしと口切り、民叔母より悪罵されしも、やがて決る。
出て博多にゆけば父子留守。村田幸三郎の顔見しのみにて、筒井の家に泊る。母君六十一歳と。(一興叔父は五十六才なりし。)

1月26日
筒井とともに出、病院にゆき林叔父に会ふ。9:00骨上げすみて新京阪にて帰る。和田先生よりおたより、博多より(※杜甫の)校正。 羽倉より電話(けふ電話通ずる様になる)。法隆寺焚けしと。羽田にゆきペンもらひ、校正120頁す。

1月27日
出勤。新聞によれば電気ブトンより失火、法隆寺壁画みな駄目となりしと。富永館長、館員に火の気注意の訓示をなす、可笑。 ビブリア一冊とり編輯会議を開かんとのことに京都にせよといふ。タイプ打ちすぎてふらふらとなり、14:30出て養徳社にゆき上田君と話す。一時間早く帰宅。 すぐ眠る。(「西鶴本書目」出来、「不二」12月号)

1月28日
出勤。矢野文庫のロシヤ本、沢田と整理はじむ。ビブリヤのことにて神田先生にゆけと。帰り高橋君に寄り夫婦喧嘩の仲裁す。
けふ「杜甫」の校正終る。

1月29日
9:00家を出て羽田にゆき、ビブリアわたし東方文化にゆき神田先生に会ふ。二月五日(土)に京都にて会すべしと。「東洋学説林」賜はる。貝塚氏に会へば二月一日まで不在と。 座に小野勝年あり。シベリア物語見に来しと。別れて桃山にゆき、夕食後羽田へゆけば、神田先生にて会ひし西田太一郎氏またあり。 浴を賜ひて帰る。羽田先生にはじめてお会ひす。やせたねといはるも暗中のお愛想なり。
うなばらをこえてみいつ(※御稜威)をあめがした知らししみよはむかしとなりぬ。
よどぎみを座にはべらして清正を叱りしひともありけるものを。

1月30日(日)
雨、角川来るかと思ひて一日家にゐし。本立作り羽田より借りしかんなの刃をめちゃめちゃにす。昭森社よりハガキ。ヒアシンスの校正向ふでせしと。 近古奇観早くと。勝手なることかな。和田先生へ手紙。坂口允男、筒井へハガキ。

1月31日
出勤。富永氏に寄れば臥床。真柱の都合伺ひまち返事すべしと。中村君にいひて12:28に乗る。
ながひとみよしと思へどひとときを見ぬまに忘るなんのこころぞ。
桑原氏に寄りしに角川氏来りし様子なし。羽田にゆき、ウイグル語佐藤君に見せんと預る。

2月1日
出勤。真柱の都合により五日の会延期。中村忠行君に神田先生への連絡たのむ。荒川正二氏のことにて早川氏へ速達書く。谷川新之輔来り、山田姓に帰らんと。 佐藤誠ウイグル語写さんと。羽田への手紙ことづかる。三人にて出、佐藤君と乗車。西大寺にて波多野君と同車。われの図書館後任となりたきらし。 明日より二三日休むこととす。慶松君、藤枝に会ひしにやせしと心配しゐしと。旗田氏より返事、母君亡くなられしと。田村春雄よりハガキ。母君十四日亡くなり電報桜井へせしと。

2月2日
欠勤。正午欠勤せしと大、来り、博多、金呉れざりしと。健の許嫁は井倉氏の親類にて大の下宿せし家の長女と。ともに出て散髪(50)、
北白川東蔦町の薬師寺衛の家さがしにゆく。母上あり、聞けば二十年二月十日より十五日までの間にレイテ島で戦死と。写真見れば美男子なり。 わが会ひしは一度、丑年生れと。われより二つ下か。母上やや狂気らし。家は進駐軍に接収されをり。
帰ってから夕食後、羽田。
けふ(※〒)小川浩、川久保、角川氏十五日頃来ると。

2月3日
欠勤。一日臥床。角川氏へハガキ。小雨、暖かし。

2月4日
出勤。たてあひ会の今後について相談し、午後査問会。保田の友達某君(川上高校教官)来り、天理へ就職したしと。思ひ止らしめ原正朝への伝言托す。神田先生の本つまらず買ふに難色ありと。
けふ西島寿一、小幡信男、沢英三、入矢義高諸氏よりたより。山中嬢縁談いやにて三月限り退職すと、八木嬢の話。養徳社へゆき2600もらひ「狐」の印税終り。 高橋君にゆきいも貰ひて帰る。(かき餅も搗けと)。●●●による取締厳重なれど我はのがれし。羽田に寄りかんな(380)と芋とを返却。

2月5日
出勤。五六部タイプ打ちて疲る。午後西大寺。帰れば17:00、羽田に寄りて話す。けふ寒し。

2月6日(日)
寒し。亀井、藤井武司、沢英三氏へハガキ。午後、羽田来る。帰りてまた炬燵。吉田不二子より手紙、五月二十三日結婚と。

2月7日
寒し。出勤。午、山中嬢の父君来られ、上田嘉俊の話ことわらる。農事出来ざるためと。神田先生への使命ぜられ、15:00退出、 高橋夫人より芋もらひ鹿ヶ谷へゆきしも不在。電話お願ひして帰りしにより21:00までねられず。(中山管長出席のため十二日か十九、二十日の中の都合ききたしと)

2月8日
雪。神田先生を7:30お訪ねせしに十二日都合わるし。二十日の午後ならよしと。11:00登館すれば、けふ俸給でずと。沢田とロシヤ語の本、大分やり、 高橋夫人よりかき餅受取りて帰る。山中嬢けふにこにこしゐるに腹立つ。

2月9日
寒し。8:00家を出、11:00登館。職員会やりをり給料十二日と。執行委員代議員の意気地なきに嗤ひ怒る。帰り高橋君に寄りかき餅もち帰る。
保田より資格審査書(1月26日付5241号)転送。羽田にゆき東方史論叢の校正預かる。

2月10日
寒し。8:00出発、10:30養徳社へゆき森氏に会ひ、文教部にゆき岡本久長課長に会ひ、五千円借用申込めば図書館で借りよと。新井女史にいへば館長と相談3000貸す。
保田に電話すれば太田へゆきしと。帰途、高橋君より最後のかき餅受取り、帰り西大寺より乗込みし川崎菅雄と話す。伏見に移りしと。 帰れば羽田の前にて入矢義高氏に会ひ、家へつれ戻り「今古奇観」の相談す。羽田も来合せ21:00まで話す。

2月11日
はじめての紀元節なしの年。11:00養徳社へゆき上田嘉俊に来よといへば日曜と。ひる伊藤賀祐来る。十七年ぶりか。医学博士にして大阪医大に勤むと。 森一郎への紹介状書く。14:00送り出し、16:00高橋君に寄りて帰る。羽田より東方史論叢の校正。亀井昇よりハガキ。

2月12日
10:30養徳社へ校正わたし高橋家へ●ぐきわたし、俸給前借5500引いて1500受取り、帰り佐藤誠を訪ねしも留守。夜、羽田にゆき善海の校正受取る。

2月13日(日)
午まへ硲君来る。昼食後賀茂川堤を歩き恋愛譚聞く。
野田又男に至り天理図書館へのことたのむ。大徳寺前にて別るまへ堀辰雄「花あしび」買ふ(30)。帰れば羽田来る。夜、和田先生、早川君、田村春雄に手紙書く。

2月14日
出勤。二嬢にまた英語はじむ。河原町大教会への使とて14:00退出、二十日の会のこといひ、神田先生「典籍箚記」(50)買ひ、彙文堂へ寄る。何もなし。 羽田より三田村氏の校正受取る。午後雨。

2月15日
朝、上田嘉俊に会ひしも事なし。三田村氏の校正忘る。大掃除すまし石浜先生へ二十日の会の案内状書き、四先生へのとともに持ちて出る。 西大寺に国宝160点あることをはじめて知りし。夕方また粉雪。
かきちらし降り来る雪の空ながめ春待つこころ誰ぞ知るひと。

2月16日
よべ雪積む。三田村氏の校正とどけ登館。職員組合のこといひて午後おほよそ費す。委員改選、高橋、入江(※入江春行)二君。島稔よりハガキ。吉永関大教授と話す。

2月17日
出勤。14:00河原町大教会へ五千円もちゆかさる。神田先生お宅へ伺ふ。
西田(※大家)氏の次女、植竹夫人子どもつれて熊谷へ明日出発と。清ちゃんたち弓子のよき友なりし。

2月18日
出勤。「台湾の古地図」少し書く。新井女史に千五百円借用を申込む。中野博之よりハガキ。「大和文学」二十五日しめ切と。

2月19日
出勤。「台湾の古地図」すすむ。新井女史より借金、「しらとり」(※大地書房雑誌)来る。
平城にて下車、成務陵。帰って羽田にゆく。

2月20日(日)
9:30硲君来り、履歴書見す。昭森社より原稿用紙五百枚。硲君とともに11:30出て、烏丸車庫にて別れ、河原町丸太町にて黒板勝美「義経伝」(50)買ひ、大教会へゆけば先頭。 やがて庄野、神田、赤松も来る。石浜先生われに関大夜学へゆかぬかと。矢野先生「四季」を出さんと。赤松氏と市電にのりしは22:00。大徳寺より歩きて帰る。

2月21日
よべ2:30まで眠れず。欠勤。11:30昼ねよりさめ東方文化にゆき入矢君に会ひ今古奇観のこときめ(けふ昭森社よりハガキ)、研究室にゆき田村博士、 佐藤長と話し、羽田とともに帰る。

2月22日
出勤。大阪税務局より申告せよと。松井君に話せば連絡せんと。四季のこともよからんと。ベルグソン見に来しなり。慶松君三月初まで帰郷と置手紙しあり。
二十六日遡及少しくれる代り要求全面的に駄目の模様。八木の辻君(※辻研一「爐」発行者ペンネーム冬木康)よりハガキ。

2月23日
出勤。執行委員会で図書館あひかはらず硬派と呆れると。石浜先生、昨日16:00までゐられしと。16:28にのりて帰る。

2月24日
出勤。金井(※寅之助)君より、司書部怠慢と館長に中村上野二人して云ふときき、高橋、沢田に注意す。佐藤誠君、朝鮮語辞典(400)手に入れてくれたり。X氏より800借用。 夜、羽田にゆき話す。植竹夫人より挨拶状。依子の先生久保氏より書誌学の質問。

2月25日
X氏のおかげにて出勤まへ散髪(50)。「台湾の古地図」すすめ16:27にて帰る。久保先生にと書物語辞典(古典社)書誌学辞典(植村氏)もち帰る。

2月26日
7:15にのり8:27丹波市着。松井君にきけば税吏不誠意なりしと。久保先生に和田万吉と木宮泰彦借用。ビブリアル「永楽大典」の蘇東坡のところ吾やるときまる。
帰り伏見で喫茶。佐藤誠君に本代400かへし、米五升分(1000)預く。

2月27日(日)
10:30角川(※源義)君、新見夫人とともに来る。これより矢野、増田に会ひ、穎原先生の弟子たちに会ふと。昼飯ごち走す。「表現」に詩をくれと。 堀さんストレプトマイシンの効なきほどと。「四季」出してもよしと。入れかはりに大、来り学校やめ劇に専心すと。久保先生十五時頃来られともに正史のことよむ。 宿題用に本あまたいはる。羽田にゆきて帰りて夕食。法隆寺の詩つくりて疲る。

2月28日
大掃除。雪ふりていやなれど行き、養徳社吉岡君に「聖徳太子」の詩清書してわたし、12:58にて大久保−宇治。帰りて見れば女児生れゐる、一ケ月早し。
羽田夫人と山木夫人におせわになりしと。礼云ひしのち下総町に電話す。
くるしみてわがゐしときに生れし子よこのくるしみはなれにおはせじ。
みむろどの茶烟麦畑春あさみふたりしゆけどゆきがたきころ。

3月1日
6:30起床、史、炊事をやる。母、中々来ず。西田氏長女おこわ下さる。母より先に10:00産婆さん来り、あわてて湯わかす中、母来り、 きけば昨日またまた空巣ありて衣類おほむねとられしと。羽田夫人よりシッカロールと饅頭十ケと。午後巡査来りしに、(※赤ちゃんの名を)京(ミヤコ)と答ふ。
15:00大宮通へゆき納豆(18×2)、かつを(50匁48)、盥(500)買ふ。母帰るとき史に杓買ひにゆかす(50)。
不自由にこらへこらへしわが家にたらひと杓子買はしめしるぞ。
きのふ悠紀子二度失尿、経過はよきらし。西島寿一より三月初上京と。

3月2日
史、学校へゆかしめ9:30より湯沸かせしに母来らず。折良く来合せし羽田夫人の手伝ひにて湯つかはしむ。13:00家を出て佐藤誠氏にゆき夫人より米三升受取る(185)。あとはまたと。
帰れば母あり。夕食支度しくれしのち帰る。けふも吹雪。
この子らのゆくさき思ひ生くるのみやぶれしわれになんののぞみぞ。
かのひとみけふもまぶたに思へどもちちははゆゑに会ふこともなし。
ミヤコ生後満二日になれど未だ乳のまずとて心配。

3月3日
産婆さん来り、湯つかはし、聞けば小児メレナらしと。荒木先生へ紹介たのむ。午後来診、注射うちくれ、ぬくめ足らずと。下総町にゆき湯たんぽとり来る。
けふ米、粉配給とり価払ふ(6。78.50)。青木、河野、柏井、大江、全田、林、寿一へ出産通知。不快。18:00(※羽田家の)まさ子ちゃん呼びに●り、 旗田氏来るとのことにゆき北平以来三年ぶりに会ふ。中国人と伍してたのしくくらせしと。中国村落に境界なしと。同村内にては結婚せずと。 一度かへり又ゆきて入洛。すし、すき焼きよばれて22:30帰る。
ミヤコ一度乳のみしと、吐かずと。

3月4日
春暖。母来ず。金に困る。米七升精白日(17)、みかん(20)、ハピー(30)。旗田氏に抜刷送付、送り出してより昼食、下総町へゆけば母出るところ五千円出来と。 ハピー(60)買ひて夕食の用意し帰る。砂糖(250)、パン、脱脂綿、ガーゼ買ひ、羽田に返しにゆく。 夜食ののち寿一の香奠返しのバター三斤と茶とをとりに下総町へ史やる。ミヤコ宜しきらし。産婆あす来ずと。角川へハガキ。

3月5日
けふ産婆来ずとて史に炊事やらして丹波市。10:00図書館。みな佐藤誠氏よりききしとておめでたうといふに不快。ビブリアの蘇氏内伝(永[楽]大典)見しに、 宋史と穎●年表と穎●遺人伝とのままと判明とりやめとす。
かへり二嬢よりお見舞としてりんごとネープル貰ひ不快。佐藤誠氏に寄れば米二升買ひくれしも夫人二川へゆくとていそがし。深川図書館長来合せ、日本語の話す。
帰り西ノ京駅にバッグ忘れあはててとり返しにゆき京都着18:00。京阪神ストとて渋難。帰りて眠りしのみ。谷川、広岡、服部よりハガキ。けふPTAより1500円。

3月6日(日)
朝、羽田にゆき帰れば産婆来りをり明日湯つかはせんと。帰りしあとミヤコ吐血、また心配。ゆき子も●卵巣●らし。
午後散歩に出て沈従文短篇集、今古奇観、シュニッツラー戯曲集(150)、豊太閤の私的生活(50)、幇間、三人法師(※谷崎潤一郎)(40)買ひて帰る。まき(208)炭(450)届く。父来る、不快。

3月7日
雪。湯つかはし久しぶりにやってもらふ。まだ臍の緒とれず物干し竿(40)、副食物(51)、洗濯せっけん(55)買ひにゆく。 午後、出生の届せんと思ひしが産婆さんの書類出来ず、雪の中を烏丸今出川まで散歩。
けふより同居山木夫妻、二見へ帰る。お見舞に林檎五ケ賜ふ。夜、羽田へ遊びにゆく。

3月8日
10:30内海助産婦氏来る。けふにて来訪とりやめときまり謝礼1000円と。午後練炭火鉢買ふ(200配達代50)。内海氏へ1500もちゆき区役所へ出生届す。 内海氏三月一日としあるこを見られ、二月二十八日を直す。紫野衛生相談所へゆき豆区役所へゆきて了。久保先生御礼に光(※タバコ)一箱賜ふ。 夜、羽田へゆく。けふ島稔よりハガキ。岡本和子嬢より近々来たしと。

3月9日
米味噌醤油の手配をし、昼食後上賀茂分所へミヤコの寄留届。野田又男にゆけば卵十ケお祝ひに賜ふ。東方文化へゆけば吉川、桑原、貝塚諸氏列席の座談会。 入矢君、昭森社より返事なしと。出て桑原、貝塚、藤枝三氏としんしん堂にて喫茶。桑原氏と出町にて別れ古事記(30)、ゴロヴニン(60)買ひて帰る。

3月10日
出勤の途、養徳社にゆけば安藤君上京のため十二日の会不可と。「大和文学」への詩、のせると。ビブリア二冊もらひ登館。富永館長、永楽大典の儀、促す。 仙田氏、たてあひ会の祝とて100もち来りしを断る。八木嬢、兄上の五年祭とて休みゐる。山中嬢と二人への谷崎二冊もちゆかしむ。高橋君に寄り帰る。
けふ咲耶より祝とて着物。

3月11日
快晴。欠勤。羽田二児風邪と。遊びに来る。午後下総町にゆき『出張り』受取り。古本屋にゆき400、その代り幸田幸友「南と北」、ハンター「印度史」買ふ(100)。
大英百科事典(十一段)は8500と。家貨もちゆき岡本和子に電話すれば明日17:00来ると。尾西實、早川須佐雄氏よりハガキ。

3月12日
朝、弓子つれて下総町にゆく。三郎叔父在り弓子に100呉る。林叔父より一片のハガキ。
17:00服部、岡本和子二氏相ついで来訪。和子女史とまり呉る。服部、養徳社と高桐書院との印税とりに来し。高桐の負債800万円と。19:00辞去。
けふより羽田風邪。

3月13日(日)
岡本嬢に炊事たのみ10:00上賀茂神社に参拝。帰りてまた昼食。夕方より雨。
15:30岡本嬢帰る。大、来りて700もち来る。タバコ配給(160)、谷崎「聞書抄」(45)

3月14日
欠勤。羽田に湯たんぽ等返す。ゆき子けふより起床。午後、深泥池を見にゆき北大路まで歩く。
一日見ねば死ぬるおもひしうたよみし万葉少女いまはあらずも。

3月15日
小雨。午後買物にゆきしのみ。西島寿一より一日に男児生れ興蔵と命名せしと。

3月16日
8:00下総町にゆき母より2000借用、定期買ひ、11:00登館。金井君お祝ひ200賜ふ。佐藤氏の送別会、奈良公立職業安定所につとめしと。気の毒。
酒井先生来る。北野高校の野村君?を連れ来りし。「不二」「新現実(わが詩「冬」のる)」来る。俊子姉より母の夏衣送ると。

3月17日
11:00登館。前川、中村、山崎、高橋四氏よりお祝(500)。吉岡君、前川氏より托されしも谷川新之輔「ケルケゴール」を渡す。けふまた夕より雨。

3月18日
10:00登館。午前中組合のこと、高橋君に不満。大毎学芸部の某君来り、法隆寺のカンタータ作れと。藤枝の紹介なり。
午後業務会すみて「たてあひ会」のこと、中村君に不快。帰り八木君に新井家へおくやみに菓子(170)一折もちゆかす。
けふ見れば三月分俸給税込11000となるらし。帰りて夕食、羽田にゆかんとすれば向ふより来る。谷川へハガキ。

3月19日
悠紀子4:30起床、われは一睡もせざりし。7:15の急行にのれ、館の遥拝にまにあひし。俸給8494、家族手当2000地域給1050引く税金1439、 組合費45、借金2121、支部費60、計7879にて足らず、高橋より3600借りる。
河内石切。このみちは十八才のわれもゆきいままたかよふひとをこひして。
羽田に寄り、けふはじめて気付きし四月二日よりのサマータイムのこといへば笑ひしのみ。けふ新井女史より香典の返し。

3月20日(日)
まだ寒し。〒なし。客なし。午後下総町にゆく途中、リアル書房にゆき訊ねれば詩人天野忠と。母に5000わたし、玉誠堂にゆき「大和古寺上代史攷」 (40)と、ランドルフ「オザルの旗」(200)買ひ、松露(13×10+箱10)買ふ。

3月21日
春分の日と。日直出勤。9:00前着。八木君来り、地誌目録やらされゐる。午後山中君来る。帰途高橋君にゆき22:30まで話し泊めてもらふ。 十八日の委員改選に入江10、高橋6、八木5票なりしと。はじめ留任を一同いひしに嘘つきしことなりと憤慨、尤もなり。中山のひなちゃんと賀陽若宮と見合せしと。

3月22日
7:30起床。朝食よばれ養徳社へ東方史論叢の会のことにて寄りしに不明。森君に会ひてきけば一応出席ことわりしと。安藤君帰来とのこと、ぜひ出席せよ、 とまれけふ中に電話せよといひおき八木。帰りて図書館、八木嬢風邪臥床を見舞ひ、お祝返しに「智恵子抄」贈る。
帰りて羽田によれば電話なしと。帰宅すれば上田来りてことわり云ひしと。羽田にまたゆきて話す。西田夫人、ゆき子掃除せぬと羽田博士夫人に云ひしと。

3月23日
朝、雪!!天理へゆくのを止め終日臥床。博多と吉岡仁とにハガキ。依子、史のあすの遠足やめしむ。けふ京(※みやこ)、体をはかれば3kg(生時500匁)。矢野峰人先生へハガキ書く。

3月24日
晴。下総町に寄りしのち天理。養徳社にゆけば東方史の会ことわりしと。図書館、富永館長にいろいろいふ。
けふ上田一雄に会へば勾田池内牧場に間ありと。(山中嬢に祝返しわたす)。直後高橋君に会へば知合と。櫟本にゆき(西田青年に会ふ)、 極楽寺(※中島栄次郎宅)にゆけば河原誠の寺にいはんと。夜、泊めてもらふ。
かすがののあしびのかげにひとめをぢふるへつつあにだかれしをとめ、まゆながきみほとけみつつあがおもふをとめのまゆにかよひますと。(会津八一「鹿鳴集」をこの夜よむ)。
あたたかき血しほながるるをとめよりみほとけこふるわれにはあらず。
このこころなににたよりてかよはせむこよひのゆめにあを見しめむと。
たたかひにいでゆきし日はくるしかりなをこふいまにまさるとはあらず。
またの代もなれとあふとぞさだめます神かほとけをこふるこのごろ。

3月25日
8:00の汽車にて丹波市、藤谷夫人の手紙もちて川原誠会計へゆけば諾と。八木君より地誌のこと記せしノートとり登館。だべりしのみ。 高橋君にゆき上田一雄君にゆきして16:48にて桜井、西窪夫人、岡本和子と会ひ保田家。保田不在、父、弟と話し泊めてもらふ。

3月26日
保田家より祝とてタバコ10ケと餅とを賜ふ。三児つれて出、飴を買ひ与へ、9:00の電車にのらんとすれば大阪行の坂口允男夫妻に会ふ。 図書館にゆき「台湾食誌」二冊とり出しところに山行の高橋君に会ふ。西大寺。帰りて夕食後羽田へゆく。
上田24日に来りしことをいふ。旗田氏立命の講師となりしとハガキ。けふ岡本嬢来り、すぐ帰りし由。

3月27日(日)
矢野峰人博士よりハガキ。角川より養徳社の方よしと。角川より雑誌「表現」。硲君来りしにより野田君にゆかす(卵12ケ)。 送りて荒木医院にゆく(250)。物干竿買ひ(50)、帰りて羽田にゆきて暮る。

3月28日
8:00家を出、佐藤誠君に行きしに不在。唐招提寺の大日如来を見(25.00)、うねびにゆき辻君に寄りしに不在。笠井君にゆき夕食御馳走となり、 りんご賜って19:00までゐる。高橋君にゆきしは20:30、夫人と話し鈴木治氏にゆきし高橋君を待ちて泊る。

3月29日
9:00安達家を出て、前川、中村幸彦二氏にお祝返しにゆき登館。慶松君あす丹波市を立つと。前川氏に代りて日直、16:00退出、 アパートにゆき金井君にゆけば妻子病む。四宮先生の診察に会ひ、お見舞おきて退出。山崎君に泊めてもらふこととし、中村孝志、吉岡二君を訪ふ。 けふ養徳社庄野常務に矢野峰人博士の意つたへしも拒まる。

3月30日
起床。朝食よばれしのち中村君にゆき基隆陸水図見せてもらひしも役に立たず。金井君に寄りしのち帰途につく。
13:00帰り宮参りの赤飯、西田、山木、羽田三家にくばらしめ野田君にももちゆく。この間丹波市にゆきしも管長に会へず。硲君の件わからずと。 帰途、天野忠に寄り会津八一「山光集」と池内先生と買ひて帰る(150)。羽田にゆけば岩村忍西洋文化研究所に来任と、不快。硲君よりハガキ。

3月31日
10:30家を出、桃山にゆき西ノ京にゆく。佐藤君不在。
うつくしきをとめのためにふねにのりあだをうちしはむかしとなりぬ。
このやまの木々ぬらさんとにはか雨ふりくるときは木の下にゆく。

4月1日
10:00まで寝、羽田にゆく。午後嵯峨の矢野峰人先生を訪ひ奉り「四季」のことを申上ぐ。〒なく金来らず。夜、「台湾の古地図」の註書く。

4月2日
午前中にて註書き終る、二百字詰百枚。羽田に東洋史研究会へもちゆき貰ふ。けふ悠紀子前途心細しとて泣く、不審。

4月3日(日)
けふよりサンマータイム。10:00出て下総町へ寄り、西大寺13:00。八木の辻君にゆけば爐の会しゐる。吉川、(※高橋重臣の)アイヘンドルフ少し待てと。 女詩人湊野君と同車、上野芝へゆけば偶然にも清徳保男の十三回忌の日、婦人病臥、母堂の姉上といふ人あり。3:00まで話して眠る。(神武天皇祭ことしより廃止)

4月4日
9:00ともに出、田治米の野上(※弘)にゆけば不在、筒井も来しが妹結婚式とて早々辞去と。夫人反物たまふ。
博多へゆき(※杜甫伝の)原稿売らんといへば考へんと。鎌田に会ひ、筒井に会ひ、坪井に会ひして帰り、羽倉啓吉に夕食よばれて帰れば10:30。野田又男昨日来り、 富永より硲君に木曜の面会をいひ来りしと。

4月5日
9:30出勤。9:00とまだならずと。館長欠勤のため交渉出来ず。金井君の夫人、われの訪ねし翌日流産と。16:00退出すれば帰りても明るし。入れちがひに羽倉君より電話。 桑原氏を訪ねしに競争者なし、発令は七月頃ならんと。 

4月6日
6:30のバスにのり7:15の電車、9:00まへ登館。あとより9:00始業きまりしゆゑ、安達家と川原誠会館へことわり云ふ。夜、羽田で二女に浴たまふ。

4月7日
出勤。高松宮来らるとて幹部終日会議。われこの二三日カード整理。山中嬢と同車帰る。羽倉君より電話、教務長に話せば私立高校に紹介せんと。 履歴書持参すべしと。羽田に相談すれば「さあね」とのみ。

4月8日
8:00起床、履歴書書き10:00共同通信社にゆく。羽倉君によろしくたのみてのち彙文堂。蕪村集(40)、唐招提寺(35)、南蛮帖(60)、本荘栄次郎2冊(55)、 (※伊藤) 仁斎旧蔵の「十三経註疏」(閭版)大阪の某家にある由。
東方文化にゆけば藤枝あり、野田又男を訪ぬれば珍しく不在。入矢義高氏を訪ぬれば電車賃なくて欠勤と。昭森社より返事なしと。
区役所にゆきしも上賀茂分所へゆけと。帰りて羽田へゆく。羽倉君よりまた電話、久世郡の中学にも口あるに付、返事せよと。

4月9日
出勤。高松宮のための展覧会とて大さわぎ、我不関焉。大毎より読書推薦をと。
うぐひすの鳴く森かげにかたらひしふたりのことは忘れじといふ。

4月10日(日)
起床して履歴書かき羽田へゆく。嗤ひかつ怒る。和田先生へは性急にて困るといひ問合せ出しくれし由。昼食後稲荷へゆき羽倉君に履歴書わたす。桂(※高校) は十五日すぎ返事。今度は久世、北宇治、濱のうちと。
歩きて深草の川崎菅雄にゆけば醍醐の花見より帰りしところと、羨まし。すしよばれ18:00出て下総町に寄る。健、帰省、大もあり。博多あす返事すと。20:00バスにて帰宅。

4月11日
一時間半おくれて出勤。途中松井君と一緒になりアラビヤンナイト抄訳のこといふ。二嬢と英語、一昨日検閲し洋書の解説は富永館長と、可笑。 東洋関係文献を●●部長、米国への土産にすと。高橋君に教ふ。山崎君、出納に廻さるることとなりしとてくさり研究所へかはると。高橋君に傘借る。やめるとしても欠勤つづけよと(※助言された)。
愛らしきをぐなわが手をまさぐりて冷しといふその眼忘れず(車中)。
けふ史、下総町にゆき200借り来しと。

4月12日
朝、小雨。羽田にゆく。午後下総町にゆきしも博多駄目と。
天野忠に本見す(300)。「ゲーテ伝」買ふ(80)。角川、矢野先生よりハガキ。角川「ハイネ恋愛詩集」をと。矢野先生、堀辰雄氏へ連絡をと。角川、矢野先生、 武田泰淳へハガキ。夜、下総町へオーバーもちゆく。

4月13日
7:15にてゆき山中嬢に会ひ、安達家へ傘返し鈴木治氏にゆく。数ヶ月ぶりなり。保田の原稿のこといふ、哀れなり。北林ゑみ子夫妻を隣宅に入れ、高橋道男夫人来りをる。
10:00登館。山崎君、館長に辞任いひしと。入江と二人出納に当りゐし。七月まで留任をいはれしと。十六日月給くると。執行委員会の要求せざりしに逆手打ちしなり。
帰り雨また降る。慶松君よりハガキ。河西新太郎より「現代詩人論」の広告。羽倉より六月からの中学校の口ありと電話し来りしと。

4月14日
けふも7:15、遥拝にまにあふ。カード挿入。硲君(※天理図書館に)入るらし。日曜大掃除と。帰り東方史論叢の校正のことで養徳社にゆきしもわからず。 経済九原則とやらで浮かぶ瀬なきらし。

4月15日
7:15にのりてゆく。研究室片付けさされ、大学設立祝賀会の醵金の件などにていよいよ中村君不快。あす「切支丹文庫」なる書見んとて京大へ出張となり月給先渡し。 いよいよ増俸なきこと明らかとなり本俸8494家族手当2040地域給1050にてやるべしと也。
満文書籍のことにて仙田氏に主張してゆづらしむるなどうるさきこと也。
帰り吉岡に会ひ「大和文学」の詩わたし、保田のこといへば「右翼につきことわれとの論あり。吾は毎月書かすなといひしのみ」と。不快極まる。「東方史論叢」の初校なくせしと。
靴直し750。帰り羽田に寄る、病臥。けふ矢野先生より青春の詩雍陶と。羽倉君より百瀬氏神大教養学科教授と。
けふ史、西賀茂中学へ入学。一年生8担ありと。

4月16日
8:30家を出、共同通信に羽倉君訪ねしもまだ来ず。散髪(50)して待てど来らず。中学校に骨折りくれし保田君にたのみ同志社図書館にゆき「キリシタン文庫」見る中、電話かかる。
11:30待合せ、ともに京大にゆく。田村博士に会へず。14:00伏見、かへり田村博士にゆけば善海の原稿あり、校正預かりて帰る。
羽田まだ臥床、会はず。けふは悪日か。武田泰淳より昭森社不況と。入矢君よりハガキ。

4月17日(日)
日曜出勤を命じられ、ゆきしに大掃除ひるまで休みなしにやらさる。明日も書庫掃除と。帰り羽田によりしにまだなほらず。善海の校正しり来る。 硲君来り二十日再び面会にゆくと、気の毒なり。
この二日ともにすごししみぢかかるわれらの時の最良の時。
すみれ咲く山かげにゆきひと去りてうたのごとくにすぎしひととき。

4月18日
家居。午後、東方文化にゆき入矢君に会ひ、昭森社のこといひ藤枝と話せしに高田修あり。進駐軍に勤むると。高松宮のこといふに不快。桑原氏に会ひ、 村田教授に紹介され、話きけば確かならず。吉川教授に会ひ入矢君のこといふ。夜、雨。羽田にゆき話す。

4月19日
欠勤(高橋君図書館へ来りし予定)。10:30西窪家にゆき米三升(600)、子ら可愛ゆし。昼飯たまふ。帰り汽車にのれず電車にて西ノ京、佐藤君にゆきしも無人。 帰りて善海の校正了り、夜、羽田にゆく。

4月20日
欠勤。東山へゆかんとし、清水寺より木戸孝允の墓地へ出る。桜咲き東本願寺の行事にて人多し。17:30桜井につき西窪夫人に米頒けてもらひ、 うどん貰ひ保田へゆく。與重郎と久しぶりに会ふ。夜、泊めてもらふ(1:30就寝)。
桜咲く坂みちをゆき降りつつ足つかれしといひし子ろはも。

4月21日
保田夫人に迷惑かけて9:45の汽車にのり登館。高松宮来りし時のことを人々話す。旗田巍氏へハガキ。高橋君に寄り、預けし米もちて帰る。

4月22日
出勤。午後、硲君来り館長に会へば俸給前に云ひしより少しと。帰り羽田に寄らんとせしに既に閉ぢゐる。雨ふり出す。

4月23日
出勤。佐藤誠君によりてきけば東京人わが阪大行知りゐると。高橋君にゆき傘借る。羽田に寄り善海の校正受取る。
けふ文部省の人文科学研究費の書式来る。主査小野忍氏と。
夜、下総町にゆく。母すでに先発、岑夫来て泊る。

4月24日(日)
4:00起き、初発の市電にて5:40鳥羽行に乗る。10:30宇治山田着。服部家にゆく。12:00新婦(山本治子)着、14:00より(※弟、健の結婚)披露。 先方叔父伯母多く来り羨まし。16:30二人に送られ駅にゆけば汽車出しあと。近鉄にて京都着22:00、下総町に泊る。帰りの電車にて坂口允可君に逢ひし。

4月25日
(高松宮慰労休)8:00帰宅、羽田に11:00ゆきて話す。夜までに文部省の人文科学研究費補助申請書書く。(西洋人の著した中国地誌の研究28,000)。 角川より「表現」四月号。羽倉、道友社へハガキ。

4月26日
出勤すればみなカード書きゐる。けふ人文科学研究費の書類送る(25)。南京陥落、中国面白し。帰り下総町へゆき洋傘もち帰り500円返却さる。杉浦(※正一郎)昨日丹波市へ来しと。

4月27日
6:15でゆきしに遅る。けふもみなカード書き、われは洋書のタイプ。帰途、養徳社へゆきしも吉岡君不在。けふ羽倉君よりまた電話、教育部長に話し美専へ紹介せんと。

4月28日
養徳社へ校正もちゆき吉岡に詩の稿料のこといへば未だきめあらずと。カードタイプ打ち終り、一週間休むこととす。けふ語専の側に図書館蔑視の観念あるを知る、可笑。
英語やめることとす、山中嬢疲れてあり。夕方驟雨。平端まで歩き終発(20:30)のバスにまにあふ。羽倉君ひる来りて三十日電話すと。

4月29日
天長節、天皇誕生日と改称。午まへ羽田へゆけば、西田夫人また先生に告口せしと。史に炊事やらすと、火事の心配となり。不快。
入矢君よりハガキ。天理より奥村氏あやまりに来しと。夜、茶話会。山木氏、薬剤少佐として沖縄本島南部にあり、六月より洞穴にこもり生延びし一万五千(十四万中)の一人と。 昭夫君共産青年なることはじめて判明。

4月30日
家居。悠紀子、下総町にゆきしに母不在。午後われゆきて1000。バター配給。夕方羽田へゆく。咲耶、史に100呉る。

5月1日(日)
メーデー。よべ小雨。伏見にゆき水源地を見、タバコ「光」買ってもらひ17:00別れ、川崎にゆく。山本治雄共産党の顧問弁護士と。帰れば悠紀子終発のバスにて下総町より帰り来る。

5月2日
10:00市役所へゆき羽倉君に会ひ総務部長に紹介さる。美専に考慮しおくと。俸給一万円といふに難色あり。 共同通信にゆき保田君に会ひ一ヶ月にてもよしといひ久世郡中学たのむ。野田君にゆきしに硲君のこと富永へ手紙書きしと、われには天理つづけよと也。
帰りて昼寝。けふ野田君にてきけば小高根太郎、家を売って西下せんと。哀れにをかし。

5月3日
憲法記念日と。朝「表現」のため「大和吟四首」作る。やや意に満つ。
午後彙文堂にゆきしに佐藤長君に会ふ。引返して下総町にゆき吹田の山本治雄を訪ふ。夫人胃癌にて去年十二月死す。一女を残す。亡夫人の妹を娶りしと。 勤先いやにても仕方なからんと。21:44の電車に乗りアルバレス氏と同車、最終の市電にて帰る。

5月4日
10:30市役所へゆき羽倉の紹介にて教育長に会はんとし12:00やっと会ふ。無意味。都市計画課長川勝常次郎なることを知り訪ねにゆく途中会ふ。会議とて話せず。
天野忠氏を訪ね「食後の唄」外一冊(200)。夕方、羽田にゆく。あまりうろうろせず待てと也。
けふ羽倉君よりまた電話、久世郡有望にて面会日[決]定せよと。

5月5日
子供の日と。羽田へゆく。羽倉君より電話。月曜にゆくと決む。賀茂社競馬。堀多恵子夫人より返事、堀氏もはや起きずと。(※手紙にリンク) 「四季」のこと三好、丸山二氏と相談せよと。堀夫人、小高根太郎へハガキ。

5月6日
6:35にてゆき養徳社にゆきしも上田君のみ。鈴木氏にゆき「大和文学」の詩の稿料のこといひ、登館。中村君、語専との確執をいふ。 慶松君より「北堂書鈔」と「平津館叢書」売りたしと。四千円位といふ。
帰り養徳社にゆきて700もらひ羽田に寄りて里井君(※里井彦七郎?)にと地誌目録もたす。久世中学の池田校長より速達、早く会ひたしと。明日ゆかんか。

5月7日
9:00時事通信社(四條に移転)へゆき保田君に会ひ、藤森文平(府教育委員会)の名刺をもちて伊勢田の久世中学池田校長に会ひにゆく。不快。 俸給よくなく勤務もきつきらしも校長最も不快なり。カカア中山管長夫人なりそこねし信者と、可嗤。
佐藤誠君にゆきて昼食。11:00羽倉君によりて報告せんとせしもまだ帰らず。下総町に寄れば父、小中学校へゆくを好まず。23:00帰宅。岡本和子氏十三日来ると。

5月8日(日)
9:00矢野先生へゆかんとし途中白梅町より宇多野まで歩き、西垣旧宅訪ねしに人借り、本人は豊中に住むと。矢野先生にゆけば令息瀕死、 角川にすぐ手紙出すと手紙托されて同志社にゆき、桑原氏を訪ぬ。淀野隆三氏失敗して上京と。父にゆきしに大、わが家へゆきしと。薪割りして待ちしも帰らず。帰りて会ふ。柏井本のこと頼む。
けふ硲君来り、富永の返事見す。冷酷非礼なり。羽田へゆきしも会へず。 

5月9日
養徳社にゆき「狐」二冊頒けさす。登館すれば館長新入を控へてお説教、服装をきちんとせよといふに具体的に云へと反問、取消さしむ。
金井君より木村君に注意せよと。帰り高橋君に寄り100借る。電車にて三興、美人に会ひ「狐」一冊与ふ。夜、羽田にゆき話す。けふ細川書店より詩送れと。

5月10日
出勤。10:00里井君来り、地誌見る。われこの二三日、ために地誌目録を編む。高橋君より900借用、里井君、宮崎博士「亜細亜史概説続編」もち来り呉る(120)。 帰りて疲れて不機嫌。けふ松井君を経て吉川仁より「神々の黄昏」返却を受く。

5月11日
出勤。書庫への入口に柵設く。外語の教授の盗書を防ぐためと。里井君、よべ山崎君に泊り歓待されしと。高橋君、細川書店の 「日本文学全集」のため「西康省」と「大陸遠望」より十篇ゑらび呉る。里井君と同車して帰り抄写す。硲君けふ来るかと思ひしも来らず。「不二」四月号。

5月12日
出勤。館長に地誌目録作成のこといふ。八木嬢発熱中退。午後俸給8494+家族手当2400+地域給1090計11984−(職員会84、税金1394、 組合費45、還付金1200、高橋君への返金1000)。悠紀子に8000わたす。けふ細川書店へ詩送る(44)。

5月13日
出勤。八木嬢欠勤。養徳社へゆけば「オネーギン」呉る。石浜先生けふより大学へ出講、一週金曜一日三時間と。矢野先生令息、わが訪ねし八日逝去されしと。 石浜先生来館。中村君[が]お相手す。
帰り硲君と同車らしく伴ひ帰る。十五日の歴研大会に出張と。
ともに野田君にゆき一応管長に手紙してもらふこととす。小高根太郎よりハガキにて共産党入党とのことを見す。暗然。
帰り羽田に寄れば夫人入院せしが未だ分娩せず。和田先生よりハガキにて下洛の桑田博士(※阪大)に会ふべしと。今年度は採らぬやもしれずと。

5月14日
丹波市にて雨となり安達家にて傘借る。カード挿入し、昼出て雨中を歩く。Sに似し男に会ひし。佐藤誠氏にゆき麦二升(200)わけてもらひ、 きけば天理大学出勤日も研究日もなしと。可嗤。帰り終発のバス(21:00)。けふ悠紀子産院にゆき羽田夫人の男児出生を見しと(一貫五十匁)、めでたし。

5月15日(日)
賀茂の葵祭を見ず、羽田にゆけば桑田部長の所へけふ行かんと。ひるすぎ下総町へゆけば父母不在。祖母のみ。羽倉にあへば(※中学斡旋した)保田君怒りゐしと。 「狐」一冊礼にとわたし、いろいろ話して帰り、散髪(60)。帰宅、羽田に二回ゆきしも帰らず。池田久世中学校長へことわり書く。

5月16日
出勤。里井君来り地誌目録作る。組合支部会、八木嬢、執行委員の件につきしつこくいひ改選。木村君当選。われ代議員に。大学昇格祝賀会にわれ不参加も承知さる。 帰り羽田に寄れば、桑田教授、藤井寺春日丘の山岡康氏(※山岡順太郎孫)方にあり、水曜9−10時まで阪大にと。講座をく助教授の必要なしと。父の組合来月解散と。

5月17日
出勤。地誌目録作る。佐藤君「金と銀のさいころ」呉る。羽田にも一冊。里井君の夫人、外山軍治の媒妁、野上俊静夫人の●、兄は台北高校教授たりしと。

5月18日
雨かと思ひしに天気なれば大掃除行ふ。隣室の老嫗二三日前より喀血。西田夫人の無智配給に夫婦して怒る。けふ桑田氏へ手紙出す。来週水曜の会見申込みなり。
夕方入浴。
大学のプロフェッサーと云はれんと三河吉田にゆきし友はも。(※服部正己のこと)
この二夜ゆめに出でしは好かぬひと中にまじりてひとりつれなき。

5月19日
出勤。慶松君きのふよりまた来しと。中村幸彦に云へば桑田部長不愉快な男と。15:00より雨。羽田夫人けふ退院せしらし。けさ川崎菅雄と同車。

5月20日
出勤。この間退職せし町田嬢よりハガキ来る。石浜先生来られ管長のよこせし自動車にのりゆかる。山中嬢欠勤。二十三日大学昇格祝と。帰り雨霽る。けふも地誌目録作る。
「わづらはしき友らにはなれてただひとりきみをしこひてあるべきものを。」
中島明子氏にハガキ。夕方羽田にゆき里井君に月曜の休みのこといふ。夫人退院してゐられし。

5月21日
出勤。ソ聯の引揚残り数万人と。月曜の祝賀休みと定める。
あやめ咲く池にはゆかずつつじ咲く丘べをあゆむうたびとわれら。
帰り下総町に寄る。

5月22日(日)
朝、羽田へミルクもちゆく。午後落柿舎裏の矢野先生をお訪ねし仏前に菓子(175)供へ奉る。いろいろと話さる。昭和十七年三月に台北高校を出て、 東大独文に入られしと。われとは遂に会はざりし。
15:00すぎ出て大阪関目の康平叔父訪ねしにゐず、21:30まで叔母、甚幸と話す。水曜会社に城平叔父とともにあるを訪ぬることとす。 富美子信者の養子をもらひしと。分教会の札を掲ぐ。丹羽橋でのりかへ奈良電まち駅着23:15。歩きて帰宅。塀のりこへて入る。けふ角川君来り、明日宿へ来よと。

5月23日
朝、母来る。後にわかりしが金借りるがためなり。14:30出て京大東洋史研究室にゆき、里井君に八日(?)の会の題「史料としての清代地誌」といひ、 東方文化へゆけば東洋学協会の相談。天理大学代表として列席、龍谷大の小笠原氏(※小笠原宣秀)より後刻挨拶さる。
藤枝に「新制世界史」第一分冊もらひ蛸薬師の千切屋にゆきしが角川君帰らず。彙文堂にゆき「東光8」買ひ、また引返して三十分待ちしが帰らず。明日7−8時にゆくを伝言して帰る。

5月24日
7:00家を出、千切屋に角川君を訪ぬ。編輯長の長谷川覚氏(元岩波)あり。文庫の話、羽田先生にと「島木赤彦(茂吉)」托さる。「四季」出すとなり 「ハイネ恋愛詩集」の名にて「歌の本」六月までにと約束。
丹波市12:00。中村君も祝賀会に出て盛会なりしと。帰り八木嬢に傘借る。養徳社にゆき三田村君のマルチニのこといふ。羽田によりしも不在。 帰れば桑田博士より返事、「会ふ用なし」と。

5月25日
欠勤。10:00羽田にゆけば脈なしとも云へずと。吾不知焉。
片町線にて今津にゆき富士鋼材に康平叔父訪ぬれば不在、城平叔父あり冷酷なる顔して迎ふ。父の(※組合解散の)こといひしに心配なしと。 帰りて父に会へばいらぬことをせしと怒る。帰りて妻子に当る。

5月26日
出勤。午後芸能祭とかで休み。あやめ咲く池をめぐればぶと飛べる。

5月27日
出勤。石浜先生と同車。午後先生来られ本見せる。夕方山木氏来り話す。

5月28日
出勤の途、村上君と一緒になる。話せば不快。帰りあやめ池、「気分出ず」と。
羽田によれば悲観せざれと。

5月29日(日)
硲君来るかとも思ひしが来ず。一日床にゐて夕方履歴書かく。

5月30日
出勤。里井君来る。木村三四吾君に泊めることとす。
14:00退館、藤井寺にゆき桑田六郎博士を訪ふ。全田忠蔵叔父のこと訊ねらる。一高での同窓と。天理の方宜しからんとの話なりし。
大江の新婦房子に紹介され夕食よばれて帰る。22:30。

5月31日
7:15の急行にのれたり。靴直し中途にてゆけば遅刻ならざりし。地誌すみて茫然。慶松君天理地誌のことを京大に話す意あり、可笑。山中嬢より学報もらふ。 里井君とともに帰る。けふ市電定期悠紀子買ひしと(240)。羽田により昨日のこといふ。

6月1日
けふより市電定期。山崎君研究所へ転任の挨拶。帰り五万円預りて出る。荒川氏に一言さる。臨川にゆき47200払ひて帰る。羽田にゆけば散歩に出て帰らず。

6月2日
9:00家を出、彙文堂と佐々木に払ひし、10:15にのり登館、12:00かっきりなり。出張手当184もらふ。帰りて羽田にゆき話す。 東山女専(※京都女子)に話して見んと。夜、堀、矢野両先生、角川へのハガキ書く。角川より「表現」六月号。

6月3日
7:00家を出、またまた石浜先生と西大寺にて一緒になる。午後お越しゆゑチャム語文法見す。健より結婚式の写真。

6月4日
よべ里井君来しらしく手紙挿みあり。講演再来週にと。又、六日東方文化にて慶松君同じ題で講演すと。
悠紀子に羽田へ承知の伝言たのみにゆかす。吾郷君、奈良学芸大学へ転ずるに付、中村君大学へ代れと云はると。前栽より乗る。よべ羽田も来しと。

6月5日(日)
9:30母来り、蒲団のつくろひして呉る。父、先月限り退職せしと。11:30羽田にゆけば慶松君の話10:00よりと。旗田氏のこと東山女専へたのみしも駄目と。 13:00バスの乗場にて硲君に会ひ、ともに野田氏にゆけばまだ返事なしと。男児先月十七日に出産と。硲君と別れて佐々木書店の京都詩人会にゆく。 天野忠監事、天野隆一などあり計七名。18:00帰る。

6月6日
10:00家を出、東方文化へ慶松君の話ききにゆきしに、われ同君に連絡することとなりゐしとて元より来ず。かはりに天理図書館の話す。森鹿三、 日比野文夫の二氏の外、内田智雄、天野元之助、木村英一氏などあり。
藤枝、入矢君と東京夢華録よむ。(森氏より「東光」つぶれしとて「蘇東坡」返却を受く)。
研究室にゆきしに佐藤君のみ。馬来、ビルマにありしと。桑原氏に会ひ彙文堂へゆき(湖南博士「支那史学史」700円)帰りて入浴、羽田にゆく。

6月7日
支那史学史図書館へ納入。山崎君750にて買ひし満洲実録もち来る。けふ矢野先生よりハガキ。角川君に会へざりしと。

6月8日
出勤。つゆの気配なり。帰れば筒井より速達。水曜に野上と来ると。「一日禁煙」を「時論」のためつくる。

6月9日
身体検査、体重44キロ、異状なし。月給十三日と。レントゲンの検査すませ高橋君に久しぶりにゆく。

6月10日
西ノ京の佐藤君へ寄る。ゆけば11:30。慶松君十三日帰ると。「子どものため生きる」と宣ふ。不思議なることかな。帰り法隆寺より帰りの佐藤君に会ふ。不思議なること。
けふ八木嬢早退と英語のレッスン休み。羽田にゆけば水曜3時からと。

6月11日
7:15にてゆきしも9:15着。帰り佐藤君により米一升。夕食たまひて帰れば22:30。
けふ母来りて1000貸しくれしと。
あざみ咲く丘べにありてゆくすゑを語りてをればゆめのごとしも。

6月12日(日)
ひるね。散髪。和田先生へ手紙。羽田にゆけば朝顔の棚作りゐる。

6月13日
出勤。俸給9000円余もらふ。吾郷氏とゆきしに組合のこと、●員除名と。われ規約改正して入れよといふ。十五日より市電値上と。

6月14日
出勤。研究は二日とれと。十五、十七とす。市電のことまだきまらず。帰り山崎君にアイスクリームおごる(30×2)。帰りて明日の地志の話の準備す。

6月15日
朝準備すみ、13:00筒井、野上来る。待たして京大にゆく。天野元之助、森鹿三、外山軍治、三田村素助氏、羽田とみなあり。匆々にすます。 わが話の最不出来なり。帰りて散歩より帰りし二人待ち夕食与へ20:10送り出す。

6月16日
雨、バスにて駅までゆきしも7:55、10:00着き雑務に追はる。慶松君、地誌借りて藤枝に預けゆき田中にとりに来させといひし由、不快。昨日の講演のこといひて大不快。
八木嬢に米たのみて900わたす。佐藤君来り、朝鮮語字典代まだもらはずと。山崎君「元朝秘史」売れと。みな不快。
帰れば母来り2500もちゆきしと。不快重なる。但し佐藤君のことは2月25日の日記にのす。

6月17日
けふよりバス市電値上。今出川までゆき(10)、市電にのりかふ。佐藤君にゆきしに登校と、学校を訪ねしもあらず。後に訪ね来りしゆゑ、朝鮮語字典のこといひ、わびいはしむ。
北見志保子なる●人案内せよと電話あり。植村武氏と共に来ると。わが高校生なりし時、歌つくりゐし小学校教師なり。石浜先生と来らる。北見女史案内す。 外語へことわりにゆきしにきかず日曜ただばたらきとなる。けふ八木嬢に900またわたす。

6月18日
出勤。郎世寧の画を見しのみ。時々雨。
小雨ふる丘べのあざみなつみそとひとの教へをわれや忘れし。
かへり見ずきみ去りしみちふりかへりわがゆくこころわれとくやしき。

6月19日(日)
大雨のなかを行けば(東山女専)。意外にも旗田氏講演中。すみて服部龍造氏の「●戦文学」なる話ききてのち、わが「恋愛文学」橋川先生、入矢義高君、 山崎忠君の外に西田昭夫君ありて軈て二十数名。旗田氏さそひしも帰る。羽田に寄りタバコ借る。けふ角川君より手紙。ハイネ、四季、羽田先生のこと。

6月20日
雨、出勤。7:15の急行にのる。里井君来り200この間の謝礼にて。慶松君よりハガキ。地誌十七冊を東方文化までとりにゆけと。午後外人を案内。 八木嬢、米二升を300にて頒け呉る。丹波橋のとりしまりきびし。(川崎と同車)

6月21日
大雨。欠勤。ハイネやる。夕方羽田にゆけば不在。昭夫君と遊ばんとせしに試験勉強とことわらる。

6月22日
晴、出勤。地誌やる。羽田にゆき200のこといへばとりおけと。

6月23日
晴、欠勤。17:00家にあり。
歌うたふことをもやめて強くゆくわれとならんといへばこたへず。

6月24日
出勤。石浜先生、佐藤君と同車。地誌やり洋書久しぶりに二冊。桑田博士無俸給と。慶松君よりハガキ。

6月25日
出勤。午後勉強するつもりなりしかど出来ず。山崎君「秘史」1200の受取かかす。高橋君の嬢、病気とて夫婦して病院にゆくに会ふ。
さほ川のつつみの花をつみゐれば稲田の上に風吹きわたる。

6月26日(日)
ハイネの訳ほとんどすむ。夕方羽田にゆく。中野博之君より便り、三沢先生に叱られしと。小林君出たらめせしと。

6月27日
出勤。里井君来らず。帰りに森本一三男氏の弟君に会ふ。なつかしげに話し喫茶店へつれゆく。保田の末弟島岡通訳と政治大学のことにて喧嘩せしと。 佐藤誠君転居のことにて夫婦喧嘩と。歌二首。
争ひはきのふとなりてかかはりの何なき様する君をくやしむ。
ひたすらに許し乞はむと別れては言足らざりしを悔みゐたりき。

6月28日
出勤。きのふけふと地誌にて疲る。団体協約の会ありて完全に牛耳られしと。(けさ川崎と同車、のん気なる顔しゐたり)。角川の佐藤仁君より手紙。わが詩失ひしと。 史の担任、中島先生家庭訪問、将来学校へやる気なしと答ふ。

6月29日
出勤。神経昂ぶり16:00より歩く。帰れば21:30。
あはれなる男となりて野に死なんすがたひとには見せじと思へど。

6月30日
ゆきと帰りと雨。父に寄り、母より700借る。矢野先生より忌明けのハガキ。依子弓子ふしぎに八木君に手紙かく。

7月1日
彙文堂へゆき700払ふ。8:15にのり石浜先生と同車。東海銀行京都支店長より本店に移りし大崎富士雄なる名、新聞に見る。ア●ボンの大崎か。
山崎君より1200受取り、依子弓子の手紙の返事八木君よりもらふ。大高森田先生を酒井先生案内して来らる。石浜先生と三人にて真柱にゆく。
われらにて富永館長に司書、司書補の職[附]制のこといひ、頑迷なるに呆れて中坐、佐藤君にゆき米一升210にて世話してもらひ帰る。
ソ聯よりの引揚者歓迎とて駅頭赤旗の波、芳野、服部、大よりハガキ。

7月2日
出勤。やはり不快。きのふのこと中村副館長にいへば館長と同意なりしに呆れる。八木嬢子供たちに水蜜桃を托す。新町の天野忠氏に寄りあすの詩人会欠席をいふ。
帰れば母来り不平いひしと。
たひらなるみちにあらねど●●ふたりゆくには安きみちをしゑらぶ。

7月3日(日)
一日家にゐてハイネを訳しあとがき書き了ふ。(38枚)
「大和吟四首」作り直す。羽田に一寸ゆけば元気。

7月4日
出勤。研究日の件で館長に談判。入館一ヶ年後のものには許さんと、可嗤。
八木嬢と二児、手紙けふも交換。町田嬢挨拶に来る。帰りてハイネの糊ばり。

7月5日
出勤の途、聞けばきのふ駅前で引揚者と共産党に怪我人出来と。民主主義警察棍棒でなぐりし也。金井君にきけば「中村君研究日返上説」と。 新井女史「生活のための図書館に非ず」と。不快。
地誌大分すすむ。帰り雨。ハイネにノムブルつけ小包にす。

7月6日
雨、よべ停電。欠勤することとす。ハイネ小包(65)送らす。昼寝せしのみ。中村博之君に変身かく。

7月7日
出勤。地誌の外に矢野文庫すこし。山中嬢と帰る。けふタバコ殆どのまず、つらし。「表現」七月号。

7月8日
出勤。遥拝時にまにあひしかど出ず。佐藤君に朝鮮語の催促す。館内いよいよ不快。帰り父の所へ寄りしに母米買ひに出て帰らず。

7月9日
出勤。日直は明日と。前川氏十七日とかはらんと、応諾す。
けふゆきがけ入矢君と同車。かへりの車費なしで来しと。タバコ無心されてよわる。100円八木嬢より借用。天野氏よりハガキ。出版のこと。
みささぎのかたへの木かげ坐りゐてかたりしことはわれひとのゆめ。
ゆめを見るをのこをとめにこひをしてこれぞひとつのうつつといへる。

7月10日(日)
大へのハガキ返り来る(住所不在と)。西窪夫人よりゆき子へハガキ。
夕方羽田へゆきしも不在。けふ史、下総町へゆき500借る。

7月11日
暑し。地誌ほぼめどつく。午後服部来るかと思ひ「李朝実録」よみしが来ず。鈴木氏に「大和文学」廃刊をきく。男子生れしと。相変らず変な男なり。 佐藤誠つひに金わたさず無力の男なり。あす歓送迎会と。京都出張を申出づ。二階堂より来る。

7月12日
少雨、大江の叔母より手紙。昼すぎ京大にゆき里井君より慶松の地誌受取る。帰り天野忠に寄り、夕食後羽田にゆきややしばらく話す。

7月13日
出勤。たてあひ会の世話役沢田よりきのふのサイダー一本わたされつき返す。慶松君の地誌わたし出張旅費204もらひ月給もらふ。11984−税金1394+×=10341。
新田辺の池のはたにゐることしばし。天野忠に寄り、「近代詩人集(210)」。散髪(60)。
何もかもわがままになることいなむをとめのさがにかなしむわれは。

7月14日
けふ地誌すむ。服部、昨夕はじめて丹波市に来り●●へゆきしと。
風涼し丘のべによむ失恋の詩人の詩をばきみうべなはず。
きのふ郡山駅にて岡本和子の妹に会ひしが、けふ手紙。ふしぎ。

7月15日
郡山にて岡本女史へハガキ投函。会議中のところへ登館、ひる出て新田辺、山田川、木津、櫟本へゆき中島未亡人と話し、保田家へゆく。

7月16日
保田母君おそく起き朝飯たまふ。匆々辞したれど9:48の汽車にのれず電車にてゆく。森本佐一に会ふ。「敦賀に転任」と。図書館にゆけば11:30、 地誌すませハイネと保田のための「ガルガンチュアー」(※『ガルガンチュワ物語』)借出す。養徳社にゆき鈴木治氏に挨拶。けふ暑し。 夏休みの日直、明日をこめて三日あり。上野君に代りたのみしも日曜以外手当なしと。可嗤。

7月17日(日)
けふより休み。昼寝し入浴す。羽田、丹波市へゆきしと。史、祇園祭見にゆきし。

7月18日
地誌目録作製。退屈す。午後区役所にゆけば分所へゆけと。下総町にゆきしも雨に会ふ。地誌すみ、あとは清書。

7月19日
午前中区役所分所にゆき寄留証明書たのむ。午後、史とりにゆく。京(※みやこ)の寄留も出来ゐたり。
羽田にゆく。「仏人と橋立に三日ゆきし」と。李朝実録抄とぢこみにす。角川へハガキ書く、原稿つきしや否や、便なきがためなり。

7月20日
夏至入りと。9:00出て南にゆき桃山城をさぐる。
わがこころいつもおどろきわがまたといつももの見るつかれ知らずに。
「孚化志略」と地誌用の紙もち帰る。

7月21日
終日家居。地誌やる。

7月22日
同。夕方入浴。

7月23日
家居。

7月24日(日)
同。硲君よりハガキ。神田氏よりの(※就職)運動も効なかりしと。
われおもひ屈してをれば夏山の雲も見ずして三日四日を経ぬ。
みなひとがかかはりなくて生けるときかのをとめ子はいかにおもへる。

7月25日
硲君と吉川仁とにハガキ。地誌目録もちて研究室にゆけば里井君不在。東方文化にゆけば入矢君、蒲松齢につき十月話せと。
帰り下総町にゆけば父、健の家にゆきて不快がりしと。やがて帰りし父と昼食。大より「清代通史」二冊来ありし。天野忠氏に寄り、詩「南」を托す。

7月26日
家居。暑し。岡本和子嬢よりハガキ。「八月一日10:00来る」と。インク買ふ(24.00)。

7月27日
約の如く9:00八木山中二嬢来訪、大和西瓜ともち米と土産あまた。上賀茂社と深泥池に案内。暑くなる。帰りて昼食。15:30辞去。休み三十一日までと。

7月28日
よべハイネ新詩集十数編訳す。けさ羽田にゆきしに「家賃値上の話とともに西田夫人出てくれといひし」由、家風あはざるを理由とする旨、不快。
ハイネ「いろとりどり」まですすむ。大へハガキ。

7月29日
雨。詩作る。ハイネ50枚。子どもかあいく哀れ。ゆき子哀れに呑気なり。みよ。

7月30日
伏見へゆく途中、西田の婿村松氏に挨拶さる。何となく不快なり。
康平叔父の許へゆけば留守、叔母に父のこと話して帰る。長女里帰りしゐたり。帰れば八木嬢より二女にハガキ。
かなしきはうたつくるより能もたぬわれをしおもひきみに会はぬ日。

7月31日(日)
ハイネ80枚。二女八木山中両嬢に手紙かく。夕方より悒し。細川書店より写真送れと。

8月1日
9:30岡本和子女史来訪。芝君との恋愛?破局の詩置きて13:00辞去。
夜、下総町へゆき父母と話す。健、来ず。天野忠氏より七日の会の通知。

8月2日
末吉より暑中見舞。末吉と持論社野間三郎史に[〒]。午後、硲晃君来訪。天理のこと話し野田君(※野田又夫)にともにゆき商売がへのこといへば反対す。 18:00退去、烏丸車庫で別る。
下総町へゆかんとせしが止め、史ゆかす。

8月3日
10:00家を出て下総町に寄りしのち京都駅。東山、伏見より関目にゆく。
康平叔父19:00帰宅、話せしが冷酷なり、母のこといふ。長女の婿帰り会ひしのち歩きて市電に出、筒井(※護郎)宅(森小路下車)にゆけば散歩。 23:00帰りしと話し2:00眠る。わが実行力なきを痛罵す。

8月4日
筒井とともに出て久米田下車。野上にゆく。話せば5000くれ、布地11ヤード呉る。自転車にのせて槙尾街道につれゆき呉れ、別れて内田の河野へゆく。 咲耶中々心がけよし、姑君、奈良女学校の卒業(明治三十八、九年)にて中山教祖の孫と同期たりしと。
16:00出て田村へゆきしも不在。岡部君を訪へば「三興出版部解散せし」と。大阪駅へ出て帰る(23:00)。

8月5日
9:00ごろ眼をさまし昼飯ぬき。山木夫人の面前にて悠紀子を叱る。羽田へ二度ゆきしかど留守。中野博之君よりハガキ。細川書店へ写真。野上へ礼状。夜、入浴。

8月6日
10:00羽田にゆきて起こし、いろいろ苦辛談はなし、下総町にゆき俊三郎叔父に会ふ。
彙文堂にゆき東洋思想双書13冊(650)と江南文化開発史(150)とを館へたのみ「イスラム・イン・チャイナ」120にて引き取らし、内田銀蔵「日秦関係(30)」近所にて買ひ、 下総町にて麦一升わけてもらって、天野忠氏に会ひ、放談一時間、帰宅。
亀井、岡本和子、末吉よりハガキ。

8月7日(日)
角川より翻訳届。中野君への返信とをもちて12:30家を出、堺町錦上ル大西卯一郎(久慈徹三)宅の詩人会ゆく。コルボー会(※コルボウ詩話会)となり、 山前(※実治)君の書肆よりゲーテ詩集出すと(11行30字、題4行分と。但し印税なし)。18:30帰る。

8月8日
あさハイネ一篇、11:00出て下総町にゆき13:30にて江州野洲にゆく。暑くたのしまず。父母やさしきもかなし。帰りて眠る。

8月9日
晴、8:00家を出て(2)で一時間近く待ち会ふ。月給日十三日と。
17:30天野忠氏寄り、帰れば末吉13:00来りしと。夜、電話かかり「明日10:00来る」と。
けふ「表現」八月号来る。わが詩のらず、「時論」八月号ものらず。
夏花のもゆる思ひをうたはざるわれがうたをばひとは拒める。

8月10日
10:00末吉再来。昼食、夕食をして貧乏話永々とす。筒井の如く叱らずにききくれたり。「関大高校待遇よければ話して見ん」と。19:00帰る。
兄の境遇我に同じとて通じよかりし。寿一より暑中見舞。

8月11日
10:00羽田にゆきインクもらふ。寿一と亀井昇へハガキ。図書館より「十三日俸給とりに来よ」と。西田夫人全快祝にパン。

8月12日
家居。ハイネ「新詩集」の恋愛の部ほとんど終る。夕方入浴。細川書店より写真の受取。

8月13日
朝、母来る。ともに出て天理へ。西ノ京、佐藤君により不快。午後月給もらひ西瓜食ふ。高橋君不快。養徳社により鈴木氏より原稿用紙もらふ。(けふ芳野清へハガキ)。
藤井寺もしくは桜井へ行かんと思ひしもやめ下総町にゆけば父留守居。帰りて卵食ふ。

8月14日(日)
伏見へゆく。羽倉君教育長にまだ交渉中、電話かかるやもしれずと。川崎果物を食はす。20:00出て帰宅。
おのづから心かよひてわかれぎはふりかへりたるこころうれしも。

8月15日
朝、硲君来り、「東洋史年表作製の為本かせ」と。京に玩具もち来る。善海の論文のりし「世界」かしくる。昼食後ともに野田君にゆく(モーリッツ「ギリシア・ローマ神話」80.00)。
別れて桑原氏にゆきしに不在。「近々信州へゆく」と。帰り下総町に寄れば盆の行事宝国寺詣りしと。帰りて夕食後羽田にゆく。
けふ國分(菅原)節子よりハガキ。「郡氏のところしらせ」と。

8月16日
家居。よべゆめにT夫人に恋慕せし。ゲーテ詩集やる。「瀋陽日記」写す。「道の友」来る。
大文字山の火。
わがむねのもゆる思ひと大文字を見るよひきみはいづこの空に。

8月17日
「ゲーテ」ほぼ終る。野間三郎君より時論の詩返却。午後ゆけば受取る。歩きながら話せしに同じく落伍者。彙文堂にゆき「東洋史研究文献要目」預る(450)。
下総町に寄り、伊東の詩集三冊を持ち天野忠氏に寄る。「月下の一群」500円と。

8月18日
家居。久しぶりで雨。無為。〒なし。小川浩と菅原節子へハガキ。

8月19日
時々雨。朝、羽田へゆき新潮かりて「俘虜第一号」と檀「太宰治」とをよみたり。「ゲーテ」の跋書く。

8月20日
伏見。淀野隆三へゆきしに不在。
くどくどと同じことばをくり返すたはれをのことわれはなりしも。

8月21日(日)
暑し。ゲーテを天野忠氏にもちゆきしも留守。「責任感」とともに夫人に托す。
帰れば松本善海夫人二児をつれて羽田邸への帰途立寄る。珍しきことなり。共に羽田邸にゆきしも不在。ややにして辞去。末吉よりハガキ。「紀州へゆき校長にまだいはず」と。

8月22日
入浴せしのみ。

8月23日
暑し。午後タバコ買ひに出、葉巻(15)。天野忠氏と話し帰りて夕食。光(50)買ふ。

8月24日
タバコ配給。「瀋館録」あすで終らん。夜、野田君にゆきハイネのこと桑原氏にたのむは不可かいなか問ふ。「よからん、我よりも話して見ん」と。小川浩よりハガキ。

8月25日
「瀋館録」終る。菅原節子よりハガキ。「郡信一氏を見つけよ」と。午後紙魚を見つけ畳あげ掃除す。

8月26日
雨。「ゲーテ」三十才終る。「ローマ哀歌」「ヱ゛ネチアにて」はいかがせん。
ひねもすを君をおもひてゐしわれにひるすぎてより夕立するも。
夜、羽田にゆきウィスキー賜ふ。

8月27日
家居。悒し。一日游学す。

8月28日(日)
来客なし。田村春雄より「来月三日(日)父君十三回忌」と。砂糖配給。

8月29日
8:00家を出、天理行の定期買ひ(935)、西大寺にて上田一雄君に会ふ。「玄米食やりをる」と。高橋君に行き刻みと巻タバコと替へてもらひ再訪を約して出、 図書館にゆけば新井女史不在。八木君より米二升と無花果とをもらひ、高橋君にゆき球突く。
17:18にのりて帰り下総町に寄る。「妹弟等に手紙だせ」と。

8月30日
雨。やむと同時に家を出、10:15にのる。
くらき雲かぶさる時をおもはざる教に入らんこころつきにし。
帰れば山木夫人発狂。哀れなり。「コルボオ」の会、四日にと。

8月31日
我が生涯の最悪の誕生日。カカア殿、卵一ケを供へ賜ふ。午後出て大学にゆく。里井君地誌目録の不審紙賜ふ。郡講師の住所わかる。
東方文化にゆき桑原武夫氏に呼びとめられ中島のこと承る。「田中、予想通りのカカアもらひよった」といひし由。
出て学術図書館の話ききにゆけば13:30よりに変更になりしと。仙田氏に挨拶して帰り下総町に寄り、帰れば18:30。山木夫人相不変狂状。母君も五年これに罹りしと。

9月1日
出勤。7:15にのり9:00の朝礼にまにあひし。野間三郎の兄、光辰来り「阪大いかに」と問ふ。杉浦より手紙、東中野にゆきしをいふ。 職員組合の協議などして、カード挿入せしのみ。帰り病欠の高橋君に寄る。

9月2日
出勤。電車おそく鈴木氏に寄りて10:30着、二嬢と英語やり、帰り高橋君に寄り一時間おくれて帰る。山木夫人メンスありて軽快となりし由。

9月3日
土曜。薮君手伝して地誌十部やる。西大寺−上六−藤井寺、大江叔母叔父に話し、鹿熊にゆき鉄君に十数年ぶりに会ふ。「帝塚山へ遊びに来たことありし」と。 24:00すぎ帰り1:00ごろ就寝。

9月4日(日)
10:00ごろ康平叔父も来会。写真帖もち、お艶叔母に千五百円借り、田中よりメリケン粉一貫もらひて帰宅。母来会はす。硲君けさ来しと。
コルボオの会へゆく。ゲーテ詩集「新しい恋」二千部来月には出来ると。
下総町へ寄りて帰る。けふ不機嫌。
末吉よりハガキ。「今中英語教師」にと。埜中君より「鶴橋小学校に勤む。詩歌呉れ」と。

9月5日
出勤。昼、桜井浅古の尾西氏来訪。末子嬢ルンゲ(※結核)らし。「田舎も金なくて困る。米買はぬか」と。
高橋君は腎盂炎らしくてあと一週間休む由。夜、羽田へゆきてきけば「土曜の来客旗田氏」と。「某高校の夜学に話して見ん」と。

9月6日
欠勤。悠紀子に千草への手紙かかし、われ埜中氏に詩と歌とを送り、末吉、菅原節子へハガキ。

9月7日
出勤。高杉君にバター頒けてゆけば間に合ひし。研究日貰へることとなりしと。
帰りまた高橋君に寄り「日本敗れたれど」を見るため明後日泊めてもらふこととす。

9月8日
出勤の途、高橋君に寄り「宮本百合子」預る。図書館にて420円にて買ってもらふ。月給十五日と。館長より分類の監督係命じらる。洋書のカード挿入と検閲と地誌十部づつを日課とす。
夜、羽田へゆけば「高橋のこと話して見しも勿体ながり、一本」とのこと。

9月9日
高橋君と「日本敗れたれど」を見、泊めてもらふ。けさ西大寺にて岡本女史に会ふ。「月曜図書館へ来る」と。

9月10日
高橋君十日ぶりにて登館、わが席その隣に移る。はじめ分類の監督との話なりしもけふの話にてはもとの山崎君の位置へゆくこととなりし。
昼飯よばれて帰る。「高橋夫人また身重」と。下総町に寄れば咲耶来をる。「あす来よ」といひおく。
島稔より手紙。芳野清よりハガキ。羽倉啓吉「滋賀師範に口あり」と。
ながためにこのまぬこともせんわれとなりにし大きをとめの力。

9月11日(日)
雨。吉川仁よりハガキ。羽田へゆき「内蒙古諸部落の起源」借る。
午後出て天野忠へゆきしに市にゆきしとて不在。下総町へ寄りて100借り、羽倉にゆけば「滋賀師範は藤枝の口より」と。「近々支社に常詰となる」と。
出て山崎にゆけば金なしといひしが出てより追ひかけて1000貸し呉る。
帰り天野忠まだ店にゐるに下車して話きけば十五日すぎ冊子出来と。ややいやになる。

9月12日
早く家を出すぎて北大路まで歩く。佐藤誠君来りしかば叱りしに朝鮮語辞典の金300円呉る、可笑。民族学研究4号(80)、トルコ語辞典(60)借る。帰り羽田にゆき羽倉のこといふ。

9月13日
雨。電車でアルバレスと一緒となる。傘を安達家で借りてゆく。佐藤君100円わたせしゆゑ40円渡して帳消しとす。
高橋君の説によれば研究日は司書研究員にのみと。服部よりハガキ。「愛大の豊川分校に講師」と。埜中より受取。

9月14日
一時間おくれて出発、行きて仕事なし。中村君にいひて館長に伝へしむ。

9月15日
下痢。月給日とて出勤。9900もらふ。昼食もすすまず、S氏(仙田)と職掌のことにて変。
帰り川崎君に寄る。夫人入浴中。

9月16日
朝、雨。欠勤。下総町にゆきしに父母同居の心なし。父、はじめて京を抱く。「健、千草より便なし」と。(※同母妹の)千草を特に怨むは不快。帰りて羽田にゆく。
帰りて羽田にゆく。「日比野武夫(考へし通り)高利貸」と。「桑原博士もさなりし」と。
末吉より手紙。「関大用に履歴書送れ、今年は断られし」と。夜、リレキ書く。硲君「日曜に来る」と、迷惑。

9月17日
出勤。帰れば吉川幸次郎博士より電話かかり「講演(十月一日)の題しらせ」と。健より「来週上洛相談せん」と。暑し。
夏の日のあつき心を秋山の桔梗の花にいとほしみゐる。

9月18日(日)
母来り、1500プラスとなりしと。硲君来らず。羽田にゆき帰りて昼食、ひるね、15:00天野忠氏にゆきコルボオ2受取る。
入矢君にゆき落花生の畑作りを見、「蒲松齢の浪曼性」との題を吉川先生に伝言たのみ、野田氏にゆけば「桑原先生ハイネ岩波に話して見ん」と。断り天理入信のこといへば笑ふ。
帰って入浴、きのふけふ暑し。

9月19日
出勤。この頃司書室を総裁して忙し。大江叔母へ借金のことわり悠紀子にゆかしむ。「不二」八月号。パイプ。

9月20日
雨、出勤。靴屋にきけば豚皮で1,000円と。帰り養徳社へよれば高田青年の代り増野道則、可笑。下総町へ寄れば「大けふ帰り来し」と。 「千草窮乏。●母了解せし」と。靴たのみて帰る。

9月21日
出勤。この頃殆ど遅刻せず。我乍ら呆れたること也。組合支部会。臨時手当要求に反対一(上野君と)。「出血覚悟ありや」と問ひ、要求するや否やに反対二。
八木嬢、無花果賜ふ。安達家へよりしに山より父母帰らる。帰れば角川よりハイネの校正。八木[総で]264頁。

9月22日
出勤。八木嬢に中村君居残り命ぜしとて断らしむ。不快。
雨にて[足]達家にて傘借る。ハイネの校正を夜半了ふ。

9月23日
秋季皇霊祭。末吉より速達「校長に履歴書わたし見込ありさう」と。「二十三日より五日までの間に来る」と。
午後、新免君に校正を送ること頼みにゆく。帰り羽田に寄れば「西田君世話しくれさうゆゑ履歴書書け」と。

9月24日
土曜。7:44にてゆき佐藤誠に寄り、凌純声とり返す。高橋家に傘返却。杉浦来りしに、会ひさそひしがきかず、中村君悪人なること説明す。金井君と帰り、 中村仙田の悪人を知ることおそかりしを嗤はる。道の子に腹立てて帰宅、明日より当分休むこととす。

9月25日(日)
朝の中、履歴書かき羽田に届く。昼まへ硲君来り、年表と地図見せらる。羽田にゆきしに散髪、またゆけば不在、腹立ちしかど仕方なし。
けふ健康保険の哺育費駄目と送り返し来る。夕方末吉江州の帰りとて寄り「関大ゆっくり待つべし」と。呆然。羽田にゆけば金関丈夫の台湾の話、面白かりし。

9月26日
9:00家を出、京都西大寺寺田町よりバスにのり迂回して桑津にゆき林叔母を訪ね、父の話すれば気の毒がり2000呉れし。阿倍野橋にゆき私立病院に田村春雄を訪ふ。 家へともなはれて泊る。沢田四郎作氏帰りしとて随筆集出す。

9月27日
春雄とともに出、市役所にゆき筒井に会ひしも関高末吉、吹田山本ともに不在。13:00家に帰り昼寝。夜、羽田にゆきしのみ。

9月28日
出勤。10:30より職員組合。図書館支部の弱体につき熱弁をふるふ。明日より定期切れるに付き出勤せずといへば八木嬢家へ帰り金もち来る、哀れなり。
帰り下総町に寄りしに悪しと。帰りて悠紀子に聞き腹立つ。けふ服部、島稔へハガキ。甚幸本を返しに来る。

9月29日
朝、悠紀子と二女と下総町にゆき母に会ふ。不快。
12:00新京阪にて天六の関高(※関西大学付属第一高等学校)にゆき、末吉に計算器わたし3000借る。そのまま帰り天野忠氏に寄り鴎外「還魂録」(10!)買ひ、 俵青芽氏と一寸話して帰宅。夜、健来る。毎月1000位送金可能と。依子鞍馬へ遠足。

9月30日
欠勤。隣組の杉村夫人、市税の申告書もち来る。午後出て吉川幸次郎先生へゆく途中、田村教授に会ふ、養徳社の安藤君の名失念。
吉川先生に平井氏「聊斎遺稿」いただき志異自筆本?を見てのち東方文化にゆき藤枝と話し、東洋史研究室に引返してのち帰る。(途中大槻「言海」を買ふ、40円!)

10月1日
欠勤。12:00まへ家を出、臨川などひやかして「しんしん堂」で喫茶、時間つぶしに困る。平井医師に紹介さる。(内田吟風の斡旋にて寄托せしと)。
神田(※喜一郎)先生「蒲氏(※蒲松齢)の祖は元の般陽路總管、アラビヤ人にてはなきか」と。得我意矣。すみて17:00すぎ。
けふ支那学会長那波(※利貞)先生、寺島翁のこといはる。河野千寿氏よりハガキ。「山沢みきの氏へ十一月頃訪問の斡旋を」と。野間三郎詩を送り返し来る。不快。

10月2日(日)
八木嬢、米二升果物もちて来訪。送りて伏見にゆきしも川崎不在。天野忠に寄りしも「校正まだ出ず」と。

10月3日
出勤。二嬢と英語やる。組合支部会、共産党排撃と反●と●とをかけて文教部要求し来る。委員改選、荒川、金井二氏と吾と当選、可笑。 八木嬢知合の某会長に紹介しくれんとしたるも「明日」といひて帰る。
羽田に寄れば田村博士わがいひしを誤解して養徳社安藤君に手紙かかれし様子。
けふ小高根二郎より桜井へハガキ「四月より宇治へまた転居」と、うれし。
けふ市民税のため「いちれつ」会の給与証明書もらふ。23年1月−12月まで10万円(税1300円)と。

10月4日
出勤。雨。組合支部ともに旧委員留任となり。支持するとの投票を記名で行ふ。
16:30すみ高橋君にゆき球つく。八木嬢大滝氏に紹介され、はじめて道の話きき、21:00金井氏にゆきて泊めてもらふ。「司研部主任となるためなるべく欠勤せざれ」と。三時まで眠られず。

10月5日
金井氏と同道出勤。きのふより木村君不快なり。ゆけば高橋君「昨夜なぜ起さざりし」と怒る。
大浜氏、佐藤君の室の助手として出勤。高橋君に紹介す。「こおろ」同人なりしと。
帰りの車中にて山中嬢「今月限り止めん」と打明く、意外。向川より校正の受取。けふより大谷氏出勤。

10月6日
山中嬢の辞職は結婚のためらし。帰り高橋君により安達氏に挨拶。
大浜氏にゆきて「泊めよ」といひ夜半まで話す(ウィスキーもちゆく)。ややに心ふるるものあり。修養科に入るには未だしとの結論(新井氏より2000借用)。

10月7日
山中嬢欠勤。八木家を訪ね昨夜のこと話しつつともに出勤。眠し。石浜先生来られ「ヤングポエート」の話さる。「来年度開講の関大大学院にゆかぬか」と。 「桑田博士未だ下阪されず」と。中村治光に道で会ふ。

10月8日
山中嬢、結婚にてもなき様なり「十一月末退職とかへし」と。大浜氏、金井君らにて大谷君に家世話すと。大谷君「アルマ・アタより昨年復員」と。帰り羽田に寄れば先生病気と。
木犀の花咲きかほる秋となりかはらぬひとみまたもみつむる。

10月9日(日)
雨。前田直典の訃報「九月十八日死せし」と。あはれ。島稔よりハガキ。
新聞に山本達郎、安南史にて五十万円授賞と。めでたし。次●に小林高四郎、白鳥清二先生の名あり。
羽田へゆけば「博士けふ膀胱炎にて入院」と。新聞には「法隆寺調査の委員長」と発表あり。
小高根二郎より電話にて「明日駄目」と。午後家を出、桑原武夫氏にゆけば家を出られるところにて、ハイネを「アテネ文庫」に話してみんと。「仁井田陞氏、追放のおそれあり」と。
コルボオの会へゆく(依田義賢氏宅)。「二郎を入会せしめよ」といふ。「ゲーテの校正二三日の中に」と。
18:00頃すみて北白川の寺島翁にゆく。「寺島会長を信用せざれ」と。身上話したさうなれど辞去す。

10月10日
島稔にハガキ。平端にて山中嬢に会へば「義兄出直し」と。帰り高橋君に行き[足]達翁に茶賜ひしのち八木家へゆき父君に話きく。幸せなる人なり。 「わに徹」へと話多くさる。(※不詳)

10月11日
24:00まで眠れず。朝3:00より修養科生に起さる。朝また父君と話し、八木嬢とともに登館、眠がりつつ仕事やる。
保田の従弟、八木の松村氏来訪。「名古屋の百貨店に勤む」と。「十六日頃より飛騨白川へゆく」と。
山中君を見舞にゆく。八木君と同車。帰れば小高根、内田吟風より便り、羽田に寄れば「先生小康」と。

10月12日
出勤。山中嬢の義兄の葬儀すみて来る。久しぶりにて大学にゆき中村孝志氏に会へば「江州の松村一雄先生二三日手伝ひに来てくれぬかと所々ききをられし」よし。
姫岡氏にレヴィレート(※レビラト婚の習俗)の説明なす。帰り高橋君に寄り鈴木氏と会ふ。西窪氏にゆき夕食たまひ妻への贈物賜はる。 坂口允男君に寄りて聞けば「堀内民一氏桜井高校へ転任」と。保田へゆき父君、弟君と種々話す「よく考へよ」とのことなり。

10月13日
まほ子(※保田與重郎長女)我をおぼえゐたり。もよら(※もゆら同次女)大きくなれり。父君弟君と又話す。
そののち10:05にのり(土産にそーめん賜はる)登館すれば組合の会。午後二時より歓迎会。大谷の俘虜生活談面白かりし。
けふ八木嬢よりスリッパ造ってもらふ。眠し。帰れば菅原節子より「郡氏と旨くゆきし」と。「岡田志紀夫人亡くなられし」と。気の毒。

10月14日
出勤。帰り大浜氏を誘ひ(※天理教につき)いろいろ話せしが通ぜず。天理駅にて金井君に会ひアパートへゆく。夫人を帰し自炊なり。
待つ間酒井先生を問へば夕食に酒出さる。全田との間柄話し、恋愛談話したる「ゆう子ちゃん怒りしは戦災に一物も送りたまはざりしゆゑ」と。 「隈本敏子●佐々木喜一の義弟に家かたられし」と。
風呂へ入り話して二時床につきしも徹夜不眠。

10月15日
起きて金井君の炊きしこわき飯食ひ弁当つめてもらひて出勤。神経たちて久しぶりに怒る。
けふ石の上神宮の祭。俸給出る。山中嬢と同車せしに上田嘉俊もあり「十三日結婚せし」と。ふしぎなることかな。
うつくしき眼に見いる草の花いつまでつづく秋の日和ぞ。
けふ昼、米田君来り、「病気のため一年おくれアルバイトに中学へゆく」と。なつかしきもふしぎ。

10月16日(日)
午後、天野忠氏へゆけばゲーテ校正あり、下総町にゆきてすませ渡す(城小碓氏と会ふ)。
帰りて羽田にゆきいろいろ話す。散髪70円。オヤヂわが服を見て「局の人か」と。城君は協和服なつかしと、人さまざま。
善海より羽田へと連名の便り「毎日新聞よりの出版にて生活のめどつきし」と。「肺浸潤にてややしばし休みゐし」と。前田直典君母堂へくやみの手紙。

10月17日
出勤。仕事はかどる様なれど呼ばれて十九、二十日と中学校の図書整理と。中村君二日のみ勤務のこととなると。小野勝年氏来り、山西省の地誌見る。
15:00よりソフトボール。明日8:00礼拝とのことに八木嬢に宿舎たのみ山中嬢と下れば退職の理由結婚と。
鈴木氏にゆき夕食たまひ19:00東詰所にゆきとめてもらふ。
けふ角川源義氏へ一万円の前借たのむ。
さびしげに四つ葉のクローバ探ねゐしひとをあはれむわがみにあらねど。
とつぐ日の近くしあればつとめやめ衣(きぬ)縫はんとぞけふあかしける。
友らみなとつぎゆく日にほがらかに笑めるをとめをかなしむわれか。

10月18日
開館十九周年とて8:00本館前に集合(※写真リンクあり)、8:30登館、吉村正一郎の講演に「教養とは人間本来の性質を発揮すること」と、不思議。
昼飯たうべ酒のみ、吉村仁に会へば「皮肉をやめよ」と。山中嬢「奈良教内にて結婚す」と。
佐藤誠に会ひウイグル語せかす。夕方小雨。明日は中学へ整理にゆかん。角川への借金一万円いかがならん。

10月19日
中学校へゆき整理二千冊、昼食を小幡信易君母上より賜ふ。「米国へよびよせられん」と。
14:00すみて登館、薄茶のみ高橋君に寄りしのち田原本の原君へゆけば「ヴェニスの商人」の舞台稽古と。21:00までつきあはされ帰りて就寝。

10月20日
中学校へ着きしは9:30、整理千五百冊。館にかへりて報告す。帰り山中嬢母上に会ひ弔みと祝ひといふ。村上君に会ひ短期大学のこといひ、帰れば服部より速達にて 「(※愛知大学)短期大学に名貸せ」と。不思議。羽田にゆきて相談し貸すこととす。

10月21日
出勤の途、館長宅によれば在宅。いへば「奥村学監に話して見ん」と。昼すぎゆきて話し書類作らさる。教授としてなり。著書三冊論文五とす。 高橋君に服部に寄ることをすすめ承諾せしむ。
石浜先生に江實の源流(※『蒙古源流』)お貸しす。明後日桑田博士の講演と。服部に電報にて断る。山中嬢「十二月まで勤務せんか」と。帰れば島稔よりハガキ。

10月22日
出勤。高橋君けふより東上。あす静安学社の会にゆかんと思ひしも場所不明にてとりやめ、羽田に寄れば帰らず。
秋山のとりどりの花ながめつつすぎしし時はまためぐり来ぬ。

10月23日(日)
朝、羽田にゆき話す。史、運動会。午後人文科学の東洋史談話会にゆく。日野開三郎、西島定生、須藤氏など来あり、民族学研究二冊買ひて引上ぐ。
夜、松村一雄先生に手紙書く。服部正己、原正朝へハガキ。

10月24日
7:15に乗りおくれて行けば寺島会長に逢ふ。外山軍治氏来り、館長に紹介せんとすれば外務省の松田信隆氏(高沢の長女みす子の夫)あり。案内さされて午後をすごす。「二十七日再来」と。
「不二」来り、保田との間にひびある如し。

10月25日
出勤の途、佐藤誠君に会ふ。業務会によばれ中村君の大学行発表、仕事の引次ぎ金井・木村の二人にてやり、我は名のみの主任として真柱に申請すと。
すみて「ビブリア」のこと。帰り山中嬢にきけば「退職申出でしが館長とめざりし」と。

10月26日
天理教秋季大祭、三年目にはじめて参列。すみて金井君と登館、「神経衰弱、実行力なし」とやっつけられる。
すみて藤井寺にゆき桑田博士を訪へば不在。明朝再訪と申上げ大江に鞄置きて肥下にゆき夕食、姪を貰ひ玩具多く買ひたり。不況と。
帰りの電車にて中村治光と遇ひビールのませる。「軍需省の航空機生産の係なりし」と。帰りて大江叔母と4:00まで寝床にて話す。(叔父北海道へ出張中)

10月27日
9:30朝食、桑田先生にゆきしに出られしところと。駅まで駈けゆけど見えず。山岡夫人に聞けば「教授会、明日帰京(七月頃西下と)」と。「予算にて減員位、見込なし」と。 帰りて大江叔母にいへば「やめよ」と。
田中昌三家より下駄三ケもらひ、大鉄地下鉄、市電にて関大高校、末吉「昨日速達せし」と。校長に会ふ。感じよろし。「英語の教師」にと。
雨降り出す。帰りて昼寝せんとせしが駄目。けふ羽田の通訳にてグルーカ教授の講演なりしが行けず。(大鉄にて栢木君と同車、保田と不二のこといふ)

10月28日
山中嬢と同車、きけば「大浜氏のおしゃべり?八木嬢も知りをる」と。
中学への出張仙田氏に云はれしが拒む。館長に将来のこといへば「御随意にただし今の通勤御気の毒」と。
帰り二嬢と駅まで。羽田に寄り佐藤君のプリントわたし阪大のこといへば肯定。

10月29日
出勤。帰り大浜氏に会ひて「神経衰弱には修養科よし」といはれくさる。庄野上田二君に会ふ。(※小高根)二郎に行かんと予定せしが雨降り出してとりやむ。

10月30日(日)
朝、羽田を訪へば「博士邸」と。ゆきて話きけば「阪大駄目となりしことみんな知りをる」と。「桑原氏どこやらにハイネ世話し呉れし」と。盗難なりしこと知らずして見舞はざりし。
午後、宇治の二郎訪へば不在。川崎も不在、下総町へゆきて父母に会へば天理教精神なり。千草の手紙来りをり、哀れ。

10月31日
出勤。中村幸彦の転任のこと館長いふ。休憩時間に会合ささんとせしとて一もめ。高橋君帰来、服部夫人われをあはれみゐし由「角川不況」と。
入矢君へ本代7000もたされて行けば上京中、帰れば「くれなゐ」来をり。
けふ新井女史より2000借用。800にてボックス西田夫人より。

11月1日
出勤。鈴木氏より本返してもらふ。けふ史は二見浦へゆくため昨夜より下総町泊り。
帰りに八木嬢にたのみて大浜君へゆく。夕食後高橋君にゆけば「鈴木氏へ」と。呼びにゆき1:00まで話す。館長、下條氏のことにてわが「政治的」を咎めゐしと。 愛知大学の件(※教授として名を貸す件)にても邪推しゐると。1:00やっと大浜君にて泊めてもらふ。

11月2日
11:00すぎ登館、休日出勤と休憩時勤務とのことにて中村幸彦声をふるはしてものいふ。投票の結果は反対二票のみ。代議員選挙にてもわが票3のみ。負けじ魂湧く。
早引して宇治へゆき(大久保よりバス5:15最終)今●なる(※小高根)二郎を訪ねてともにコルボオの会にゆく。「ゲーテ詩集」出来上り50部もらふ。21:00まへ退席。

11月3日
文化の日と。9:00伏見、桃山御陵参拝。陵前のお賽銭100に号泣す。天理を去るの心いよいよ決す。
淀野にゆきしに不在。「ゲーテ詩集」一冊置く。帰れば留守中、硲晃君来り、地図出来しを三部置きゆきしと。岡部克也よりハガキ。「天王寺高校に就職」と。 岡本和子。北支の同隊の笹倉掬生伍長。夕べ羽田にゆきて話せば「良し」と。
くやしさにおほみささぎにこゑあげて泣きしをのこをきみは忘れじ。

11月4日
曝書始まる。7:41にてゆき郡山にて下車、岡本女史を訪ひゲーテと「くれなゐ」とを与ふ。
行きて入江と組み、夕、中学校の慰労宴に招かれしが行かず、雨の中を帰る。
けふ天理時報社高田君来り、詩を注文す(十日までと)、こはふしぎ。
島稔よりハガキ。「西川を訪ねし」と。
(ゲーテを富永、高橋、図書館、八木、山中書史に与ふ。)

11月5日
7:41にてゆく。中村君と組にて曝書。入矢君に会ふ。きのふの中学校の寿司、高橋君もち来しを子供らに与ふ。
明日欠勤とほぼ決めて帰れば服部よりハガキ。「愛大の漢文教授に」と。けふ末吉と硲晃君とにハガキ。

11月6日(日)
欠勤して履歴書かき速達す。埜中清市に「ゲーテ詩集」と「羊飼ひ」送る。
羽田にゆけば冷淡、「八日に天理へ来る」と。野田又夫にゆけば桑原氏、河出に世話し呉れたまひしと。「デカルト エリザベトへの手紙」もらふ。
桑原氏にゆけば「三好達治氏と桂へ」と。夜、柊屋に電話し三好氏に「明日会ひたし」といふ(けふ天野忠氏の所にて「コルボオ」の詩人たちに会ふ。詩わたす)。

11月7日
7:15にのる。
りんだうの花つむ乙女いつくしむ秋の光のそそぐひるすぎ。
吉田病院の青木院長と話す。柊屋に三好氏を訪ね四季の話す。「伊東の詩集創元社より出して病気見舞とせん」と。
帰りて寝衣きし処へ保田より電話、新町丸太町上ル吉野書房へゆき社長前田隆一、栢木(※喜一)、奥西(※保、幸)兄弟、高鳥(※賢司)君と話す。 文芸辞典保田と合著して出せと。23:00高鳥君と歩きて帰る。
前田直典母堂より四十九日すみしと。

11月8日
7:41にて出勤。大学の北村事務長来り、大学教授の審査用履歴書かけと。拒めば館長呼びて理由きく。策動云々をいへば「高橋君の発言にて我は知らず」 と。再び奥村学監に話さしめしのち我自ら断りにゆく。中村君なぐらんといひてみなをこはがらす。
羽田12:00すぎ来り、本を見、館長と話す。あとにて「あの下でよく三年辛抱した!」と。帰りビールのまさる。

11月9日
出勤。雨。中村幸彦、待遇問題で煽動せんとし、自ら旨くゆきしことと暴露す。をかし。外に事なし。

11月10日
8:15に乗り郡山に降り、岡本和子女史に寄り、ゆきて昼まへに仕事すむ。大浜、佐藤誠の諸氏と話し、来りし岡本女史と出れば時報社の高田君に会ひ、詩一篇わたす。
帰り三好氏に行かんとした大西卯一郎氏にゆき電話せしかど不明、帰る。
佐藤君にきけば「天理大学にても詩人なればと案じゐる」由。羽倉君より電話「市営住宅の用紙とりたり」と。

11月11日
8:00家を出て下総町に寄れば母不在。父、大阪へゆくと。城平叔父に会ひしが薄情と。
時事通信にゆき羽倉君に会ひ用紙もらひてのち奈良電京阪、関目にゆけば叔母の話かなし。「富美子大江に告げにゆきし」と。1000借りて帰る。
前川佐美雄よりハガキ、「夫人腎臓摘出」と。

11月12日
休暇、雨。9:00家を出、市役所にゆき川勝常次郎氏を訪ぬれば欠勤。鈴木係長は府庁へと。手続すませ(440号)時事通信社にゆけば羽倉外出。 置き手紙しレーヨンにゆけば小高根二郎大阪出張。
帰りて下総町にゆき父と話し、天野忠に寄りて帰る。

11月13日(日)
雨。羽田にゆきて山崎君の抜刷わたし、桑原氏によれば「現代フランス文学の諸相」たまふ。ともに出て河出の件、就職の件たのむ。コルボオの会にゆけば二郎来らず。
17:30出て北園町の川勝氏訪ぬれば夫人病気「(※市営住宅の件)引受けられねど努力して見ん」と。タイにゐし時の話さる。久々にての話とて喜ばれしはうれし。

11月14日
出勤。一時間早引して宇治の二郎にゆけば「花屋敷にあり」と。待ち受けて話す。兄の(※共産党)入党も知らざりし。「月下の一群」よみて睡る。

11月15日
9:30出て(二郎欠勤。)大久保までバス、電車にて朝帰りの大浜君に会ふ。1500円にて飯までつく由。司書研究部主任発表ありしと。ツベルクリン反応の注射受く。
山中嬢退職公表されし模様。文芸年鑑に返事。
帰れば原君より「白鳥庫吉先生『日本語の系統』見つかりし」と。松村一雄先生より「日曜にでも来よ」と。くれなゐ発行所。 末吉栄三より「十四日教務主任発令となればすぐ運動する」と。羽倉君より電話「番号きき来りし」と。

11月16日
出勤。大浜君「瀛涯日記」返し呉る。16:52の汽車にて桜井へゆく。尾西末子、富松初子に会ふ。尾西家農繁と。西窪夫人に会ひ米五升分けてもらひ(200×5)、坂口允男にゆきて喫茶。
20:30辻研にゆきとめよといひ、ともに銭湯にゆきアイヘンドルフのこといひたり。「帝塚山学院に小野十三郎、長沖一、杉山平一ら勤む」と。

11月17日
八木西口より乗り10:00図書館着まで米五升の重さに困却す。ゆきて不快。他に事なし。
岡本和子嬢より手紙。恋人は芝君に非る様子。(けふ松井君来り、「元服」の原稿のこといひたれば断る)。
ツベルクリン反応陰性と、ふしぎ。税金9190円と。昨年の十倍。

11月18日
出勤。私立大学図書館会に出ささる。つまらず。
けふより冬オーバー着しも寒し。甚幸、米をとりに来ず。

11月19日
研究日として行かず。井倉にゆけば多忙「住宅受け合へず」と。
西大寺にて保田に会ひ、ともに祇園十二段屋にて棟方志功に会ひ、吉野書房に引返し滋賀大学長への紹介前田社長に書いてもらひ帰宅。
み冬さびさむき山べにゐしときもふたりしあればこごへを知らず。

11月20日(日)
雨。11:00家を出て大津の松村先生を訪ぬ。大津師範はよせ、他に考へんと。御一緒に出て京都へ帰り、三條にてお別れし彙文堂。羽田。

11月21日
出勤。暖し。
うきことはあまたあれども笑まひつつ通るひとびとならひてあらん。
島稔より返歌。河野千寿嫗より「風邪にて来られず」と。

11月22日
出勤。中学校へみな出張。外山軍治君来り、「どこかへ世話せん」と。「中村兄弟とはかねてより旧識、ビール飲まんといはれしも拒みし」と。
帰り田原本へゆき原君の帰り待ちてとまる。白鳥庫吉先生「日本語の系統」十幾年ぶりに返してもらふ。

11月23日
(勤労感謝の日と)7:00まへともに出、雨の中を帰る。山木夫人また狂乱と。
夜、外山軍治氏にいはれし履歴書かきしのみ。
たえず振る雨に心もむすぼれてきみがまなこやうるめると見る。

11月24日
出勤。佐藤誠より忠告の手紙もらふ。前川佐美雄へことわりのハガキ。

11月25日
出勤。11:00石浜先生来られ「ビブリア」の原稿のこといへばなしと。辞意申上げしに可否なし。
米二升もちて帰る。杉森久英より「河出、ハイネだめ」と。「コルボオの会四月、大西氏宅にて」と。

11月26日
研究日なるものを貰ひ、10:00家を出、上京区役所へゆけば税金は廈屋税のため高しと。吉野書房へゆけば「小説今月中に呉れよ」と。前田氏「けふ釘本久春督学官に会ふゆゑ話さん」と。
夕方桑原武夫氏に寄れば「江州堅田へ行きし」と。
おろかなるわが身とおもひきみに会ひ力つくごとおぼゆるわれか。

11月27日(日)
末吉来るかと思ひしが来ず。羽田へゆき末吉にハガキ書く。「老兵の記」なるもの書きつついやになる。

11月28日
7:15に乗り出勤。時報社に電話かければ原稿料くれる様子なりしに来ず。清水文雄、広島文理大の生徒つれて二日に来り、東詰所に宿泊と。堀内民一よりまた原稿くれ。 天理大学より挨拶。外山軍治より履歴書受取りしと。

11月29日
出勤の途、道及社によればけふ出ずと。押せばわたすこととなる。
山中嬢の送別会ひるまへにあり。午後清水文雄より手紙。三日来観と。道及社の1000(−税150)受取り高橋君に寄りて帰る。
史とバスにて会ふ。父より手紙にて林叔母に会ひ、金(※克己より云はれた窮乏)のこといはれ赤面せしと。

11月30日
欠勤。「老兵の記録」かきつづけ29枚となる。午後「東●●●」彙文堂へもちゆけば二千円と。吉野書房へゆけば無人(高鳥君、清水方と)。
下総町にゆけば祖母のみ。リアル書房(※天野忠)に寄りて帰る。

12月1日
朝、高鳥君を起して聞けば「保田二日か三日上洛」と。「原稿まだ吉野書房にあり」と。
駅前三條詰所にゆけば清水君出しあと、帰り寄ることとし天理にゆけば服部(※正己)来る。「稿料とりに来し」と。「愛大せかねば行かず」といふ。
けふゆきかへりともに奥村学監と一緒となりし。管長宅へ沢英三氏の本見にゆく。「150冊にて28万円といふ」と。無茶な値なり。
一時間早く京都着、清水君を訪ねしに半時間して帰り来る。「蓮田善明はジョホールバールで自決」と。半日となりゐたり。

12月2日
出勤の途、田中甚幸とともになる。霧深し。ゆけばすぐ幹部会。ばからし。「貴重書目録を二十周年記念にやるゆゑ計画せよ」と。
外山軍治君来り履歴書の書方の咎めし著書目録を書かす。帰り浪高の中川君(独語)に会へば、阪大の宇佐美氏(助教授?八高出)を案内しあり 「(※田中克己は)阪大ダメになりしや」と問はる[と]。
帰り吉野書房へゆけば保田あり。清水君迎へにゆかしめ22:00まで話し、帰りしあと22:30高鳥君の自転車の尻にのせてもらへば巡査に咎めらる。
藤枝(※晃)より電話「日曜の10:00に彦根女高(※彦根高等女学校:滋賀県立短期大学の前身)の校長来訪と。都合しらせ」と。

12月3日
早起きして7:15に間に合せれば清水氏一行発車まぎはに来る。館長以下懇切に案内したり。それにて藤枝の電話忘れ帰り東方文化にゆけば上野實朗(十二年卒業と)君のビルマの話。 すみて篠田(※統)大阪学芸大学教授に紹介され、彦根女高の話承る。「来年四月」とのことにてがっかり。明日膳所までゆくこととす。
帰り羽田にいへば「関大高校せかすがよからん」と。喜多村先生の宅にお電話し、西田夫人に身の上と税金のこといふ。不快なる応答なりし。

12月4日(日)
8:00出て京都駅へゆけば汽車なく三條へ引返し京津電車にて膳所の彦根女学校長喜多村氏を訪問、湯川秀樹と同級の動物卒業。富永よりずっと感じよし。 「四月より来てもらふことはほぼ確実」と。
松村一雄氏に寄り「ほぼ確実の程度たしかめてくだされ」と頼む。大西卯一郎宅のコルボオの会に出る。小高根二郎来らず。
硲君を家より呼びよせ聞けば「全田の純子と見合せし」と。「止めよ」といへば諾す。
17:00出て帰る。末吉よりのハガキにて「まだきまらず」と。「くれなゐ」来る。

12月5日
7:15にて出勤。午後ボーナスとして(5992−税1198)4794もらふ。大学その他との差につき意見あり、面白し。
帰り養徳社にゆけば「天理に評論くれよ」と松井君。朝日新聞より人事カード。

12月6日
西大寺にて畠中君といっしょになり聞けば「大学より図書館への金一封は一万円」と。「図書館執行委員弱くて困る」といふ。登館、高橋君にいふ。 佐藤誠、中村幸彦のこといふ。小野勝年君来館。
執行委員会へ13:30より出て服部氏を詰問。そのあとで高橋君責めらるるを見し。小野君と帰る、10号1級俸と。清水文雄、佐々木邦彦より便り。

12月7日
9:00京都発、11:00ゆけば支部会。青年をいためつけ、やっと協力的ならしむ。すみしは14:30けふ「くれなゐ」へ歌六首送る。

12月8日
研究日として欠勤。外山氏より「大阪へ早くゆけ」と。午後羽田へ寄り東方文化の藤枝と話し東洋史研究の会に出る。宮崎(※市定)、佐伯(※富)両先生の経済史の話、
すみて羽田と出、電車にて史の担任中島先生と会ふ。向ふ顔を覚えてゐられしに恐縮。川勝氏を訪ねしも帰らず、同窓会名簿置きて帰る。 佐々木氏に寄りしに不帰。帰れば硲君より「西太后に侍して」の刊年(藤枝より貰ひて帰りし)。

12月9日
7:15に乗りおくれ西ノ京下車、佐藤誠にゆけば薄茶のます。中村幸彦「羽田は我党なれど田中は然らず」といひし由。ゆけば11:30「ビブリア」のこと云はれしも相手にせず。
貴重書目録の会すみて真柱来り「ゲーテ詩集」二冊嬢ちゃんにとわたす。石浜先生、朝の電車にても一緒となり天理やめること申上げしに心配さる。小野勝年のことも頼みたり。
吉田ふじ子氏「高梨姓となり幸福」と八木嬢へたよりあり。帰り腹をへらして直行す。伊藤賀祐より「明日来い」と電報。

12月10日
出勤途中、東京より帰りの森忠巳氏に会ふ。鈴木治氏に寄りて行く。
をさな子のごとき眼をしておちてゆく夕日の丘によりそひてゐし。
布施市菱屋西106といふ伊藤賀祐(※のち岐阜大学)のところを探しまはってゆけば帰らず。
桜井にゆきて坂口允男を訪へば帰らず。保田にゆき文学辞典、名著解題の相談す。4:00まで話す。

12月11日(日)
保田家を出て駅にゆけば8:50。あはててゆきしに16:00まで待たさる。仙田「皮肉をやめよ」といふ。高橋君とおしゃべり。 来りし委員中に麓保孝氏(支那哲、昭6年天一商(※天王寺第一商業)教授)特に案内す。

12月12日
疲れて9:41にのり郡山下車。岡本女史に「祖国」の詩歌のこといふ。新井女史より2000借用。帰り山中女史に会ふ。高橋夫人今月中に出産と。内山完造「そんへえ・おおへえ」買ふ。

12月13日
10:00出て散髪。市役所にて昼食。筒井の顔見しのみにて府庁にゆけば山川課長不在。大手前高校の坪井を訪ひ、ともにゆきしも欠勤らしく坪井にたのみて出、 関大高校にゆけば末吉帰りしあと。山本治雄にゆけば不在、吉野書房に奥西兄(※保)を訪ひて帰宅。「くれなゐ」より「原稿受取りし」と。

12月14日
出勤。電車で川崎と同様「不景気」と。ボーナス1350もらふ。佐藤誠君、右上に移りしと。服部氏より秘密漏洩といはれしとて我応援にゆかんといひしも呼ばず。
帰り養徳社に寄る。けふ都新聞より原稿依頼(二十五日まで)と。高木惣吉「太平洋海戦史」買ふ。

12月15日
ひるまへ羽田にゆき、午後京大東洋史研究室に「東洋史研究」の金払ひにゆく。
桑原武夫氏を訪ねしに不在。東方文化にゆけば藤枝あり「神田(※喜一郎)先生、名大の漢文の後任に我を推したまひ、一月から」と。「ただし六ヶ月間無給と思へ」と。
天野忠に寄り(川勝氏へゆく途中)家までゆけば夕食たまひ「ゲーテ」十冊貸し呉る。
川勝氏にゆけば(※市営住宅の件)駄目らし。帰り羽田にゆきしに入湯。帰れば「お幸伯母けふ死にたまひし」と。

12月16日
出勤。正午、内田吟風氏来る。司書会。いままでの出たらめを痛罵す。佐藤誠君、服部大人と喧嘩と。帰り内田氏と同行。「くれなゐ」へ150送金。岡本女史300送金せしと。

12月17日
出勤。支那地名の日本よみ表こさへて仙田に渡せしに有耶無耶。八木嬢の友、春日のおん祭見に来しとて佐藤誠君案内役「われ天理大の史学にもそねまれし」と。
生駒山ふもとのみちにゆきなづみふたりゐし日はゆめとなれかし。
下総町に寄れば母のみ。林叔母(※妹)に父一万円借用申込みことわられしと。
末吉より(※関大高校就職の件は)四月と。中野英夫。坪井明より「二十一日来よ」と。

12月18日(日)
一日臥床。旗田巍氏よりハガキ「池内先生歌作られし」と。「和田先生わが事を心配しをられる」と。父、不意に来る、珍し。

12月19日
忘年会不快とて欠勤。「若き俳人への手紙」を「天狼」のため書く。二百字二十枚。羽田にゆく。西田夫人汚しとて悪口、ゆき子叱る。夜、履歴書二枚書く。

12月20日
出勤。忘年会の肉と米呉る、珍し。「月下の一群」八木嬢に500で買はせ、佐藤誠の新居へゆく。小畑君の母上に会ふ。明日私鉄ストと。
いその上冬の木立を夕まぐれふたりし行けど会ふひともなし。

12月21日
私鉄ストと。9:30の省線にて大阪にゆき田村春雄に会ひ坪井の学校にて昼飯食ひ、山川課長に会ふ。「探して見ん」と。スト解除のことに美術館にゆくとて坪井とゆきし途、 上六にて降り天理にゆき月給もらふ。年末調整とて三百円多く引かる。
佐藤誠「ウイグル語の本もちて二十五日上洛」と。二十三日坐り込みにてボーナス一月分とらんと。帰れば伊藤賀祐より返本。

12月22日
9:00家を出て西大寺にゆけば[米田君]に会ひ、西にゆき松岡神社へ参り鶴橋、天王寺、花園町、津守●へゆく。19:00ともに出てアベノ橋、[米田君の親戚]に泊る。
新しき生を生きんとちかひつつ夜ふけぬれど疲れしらずも。

12月23日
8:00ともに出、別れて大鉄、松原の肥下にゆきコギト詩集一冊もらふ。
「凶作にて供出すれば売る米なし」と。「全田の純子の縁談心配す」と。
大江にゆけば叔母胃病にて起きしところと。パン呼ばれ八尾市太田まで歩き鷲教礼を訪ぬれば学校と。ゆけば出張。校長と話し、 伝言たのみ近鉄八尾駅まで一里歩き長瀬の伊藤賀祐にゆけばここも留守。(※河内)小阪より乗車、西大寺を経て帰る。


昭和24年12月24日〜昭和24年12月31日
25.5cm×18.1cm 横掛ノートに横書き

p3

12月24日
午後まで昼寝。15:00ごろ羽田の亨二君呼びに来り「旗田(※巍)氏来訪」と。ゆけば夫人もともにあり、北京以来満四年なり。羽田の帰宅までお相手つとむ。悠紀子も来って挨拶す。
羽田帰りて(※写真はこのときか。)夕食よばれやや話せば吉野書房より電話。ゆけば保田、前田氏ら以下あり。『祖国』正月号出来上りしを見る。
24:00近くまでゐて徒歩にて帰り不審訊問に会ふ。帰りて徹夜。「老兵の記録」(2)を書きて中途にて擱筆。

12月25日(日)
よべ不眠。佐藤誠君来るまでにと「老兵の記録」つづけ29枚とし、昼食終へし直後、同君来訪。
「ボーナス一ヶ月分28日頃出る」との高橋重臣君の手紙もち来る。ともに出て羽田君へゆく途中、亨先生へゆきたまふ神田喜一郎先生に会ふ。
羽田でやや話し、われのみ丸太町の吉野書房へゆけば無人!よべ置きし鞄とり原稿机上に置き放して帰る。「旗田氏、百瀬(※弘)氏の代りに神戸大学へとの話あり」と羽田の話。

12月26日
終日家居。15:00硲晃君来る「全田純子ことわりし」と。「東方史研究」の会費200円預る。蜜柑一かご賜ふ。夕食すみて帰る。

12月27日
9:00家を出、12:00天理着。養徳社に寄れば松井君不在。吉岡君より『陽気』正月号もらふ。高橋君にゆきて昼食する中、佐藤誠君来会す。 「高橋君三重大へ図書館指導にゆき帰れば館長東京へゆきゐし」と、可笑。「中村われに虚心」と、可怪。
図書館へゆく途、八木嬢とゆき合せ『陽気』父君へ托す。16:00、1月分11984−税2396=9588もらひ高橋君の分とどけ、また養徳社に寄りて帰る。
小宮義孝『城壁』買ふ。
わだのはら越えゆくごときこころもてなれと別れぬ青き冬空。
松本善海よりの『世界の歴史V』羽田とどけくれたり。

12月28日
悠紀子、三女をつれて買物。羽織980、弓子ズボン400、史ズボン600。
われ14:00出て東方文化に寄り外山軍治にゆく。餅つきをり「山川課長、北野高校へ入れんといひし」と。「神田先生の名大(※への就職口利き)も外山氏の口より」と。 「但し1月からは駄目ならん」と。
野田又夫にゆけば下阪。リアル書房に『月下の一群』の代500払ひ「ヴァン・デ・ヴェルデ第3部(※Van De Velde『完全なる結婚』著者)」(130)買ふ。
西田夫人にお歳暮500もちゆけば喜ぶ。「くれなゐ」3号来る。

12月29日
なれにこふ心かはらずもみぢする逢坂山をこえてわがゆく。
さざなみのしがのみづうみ波たたずくもれるを見てなれをこほしむ。
12:00八木嬢来訪。餅あまたと子らへのお年玉とをもち来り、子らよろこぶ。16:00送り出す。
下総町にゆけば大あり。「角川へゆきて見よ」といふ。井上靖「人間は好かねど三好以上の日本一の詩人」とわがことをいふよし。19:00ともに出て帰る。 (「千草明日上洛」と。『恋愛名歌集』葉巻2本とかへさす)。都新聞に「京の一年」を書く、400字也。
けふ悠紀子、羽田博士夫人にお歳暮もちゆけば「(※大家の)西田家、近ごろは何も云はぬゆゑ、いましばし(※退去の件は)よからん」と云はれし由。
瀧口春男君より「何か書け」と。(けふ14:00ごろ里井、佐藤の二君、羽田博士訪問の帰り寄りしかど上らず。田村春雄へ「三日行く」とハガキ出す。)

12月30日
母10:00ごろ来る。11:00再来、怒りて帰る。千草今夜来ると思ひて哀れなり。
午後羽田にゆく。「ボーナス5000位」と。旗田氏より池内先生の歌2首見せらる。和田先生、旗田氏に「田中の業績なし」といひをられし由。旗田、埜中、 松本善海へハガキ。都新聞へ原稿送る。

12月31日
雨。午後、下総町へ史やる。やがて千草をつれて帰り来る。千草土産あまたくれ、聞けば「内職もやり陽生(※夫)の方もまあまあ」と、安心。 和田、池内両先生へ手紙。和田先生へは「新制高校へゆかんか」との相談なり。『近江吟』6首作ってみる。


Back