Back (2006.10.28up / 2012.05.08update)

村瀬秋水 (1794 寛政6年 〜 1876 明治9年7月29日 83歳)
名は初め清、のちに澂・徽と改む。字は世猷。通称を真吾、のち太六(太良九)と改め平三郎とも称す。号は初め韓江、のち秋水、湖石齋、晩年或は秋翁と。


村瀬秋水 掛軸 (2010年05月入手)

村瀬秋水

p1

p2

秋壑翠圖
  庚戌(嘉永三年)冬日冩
  奉
 柳溪先生一粲
         秋水源徽

余今秋九月有虞之職僻居山中半閲月
●脱市中之塵累殆如在于世外一日早起
忽見遠近林木變色乃知時序已属晩秋
其眼前心際無適而不可愛亦無處而
不可畫 於此展一帋漫作此圖固不求形似
特寄興會情耳不復計我筆之工拙也
先生如不斥其拙一笑留之几邊幸矣
   徽又識

秋壑翠図
  庚戌(嘉永三年)冬日写す
  奉
 (神田)柳溪先生 一粲
         秋水 源 徽

余、今秋九月、虞の職(山林管理の仕事)有り。山中半ばに僻居して月を閲す。
市中の塵累を●脱して殆んど世外に在るが如し。一日、早起すれば
忽ち遠近の林木の変色を見る。乃ち時序の已に晩秋に属せしを知れり。
其の眼前心際、適ふ無ければ愛すべからず、また処なければ描くべからず。
此において一紙を展べ漫りに此の図を作す。固より形似を求めず
特(ひと)り興の情に会するに寄せるのみにして、復た我が筆の工(巧)拙を計らず也。
先生もし其の拙を斥(しりぞ)けず、一笑して之を几辺に留むれば幸ひかな。
   徽又識す


村瀬秋水 掛軸 (2010年12月入手)

p4  p5

淡々疎々梅一枝
水仙花発闘秀姿


村瀬秋水 掛軸 (2009年9月入手)

p6

霜葉風花畫最難
花多爲菊少爲蘭
平生愛菅山中艸
莫詩花開別眼看

霜葉、風花、画くに最も難し
花多ければ菊と為し、少ければ蘭と為す
平生、菅を愛 す、山中の草なり
詩に花開く莫し、別眼で看る

p7   p8


村瀬秋水 掛軸 (2006年10月入手)

p9 p10

「孤舟蓑笠獨釣寒江雪」

p11 p12


村瀬秋水 掛軸 (2007年1月入手)

p13 p14


『秋水山人墨戯(南遊墨戯巻)』

山陽先生評、相州柳田復校訂、[天保十四年]、湖石齋蔵版(私家版)

秋水山人墨戯


『己未秋日作草稿』

(岐阜県図書館蔵) 6丁 25cm 己未は安政6年、秋水66歳。

p15

テキスト1
テキスト2
テキスト3
テキスト4
テキスト5
テキスト6
テキスト7
テキスト8
テキスト9

後藤松陰評
廣瀬旭荘評 村瀬太乙評
草葉佩川評
自跋


Back
Top