Back (2008.05.15up / 2017.02.11update)

梁川星巌(1789 寛政元年 〜 1858 安政5年)

張紅蘭  星巌

張紅蘭女史        :        梁川星巌翁

本名稲津長澄、幼名善之丞。家督を弟に譲り名を卯、字を伯兎と改め、のち更に名を孟緯、字を公図と改めた。若き日の通称は新十郎、はじめ詩禅と号し、のち星巌と改める。

梁川星巌記念館(大垣市曽根町1-772   塋域 南禅寺天授庵(京都市左京区)


著書

  初期の編著書(柴山老山との共編)

p1

第一刊行詩集『西征詩 星巌乙集』 文政12年4月刊

第二刊行詩集『星巌絶句刪 (星巌丙集・丁集)』 天保6年2月刊

第三刊行詩集『星巌集』

  天保12年版(未確認) [甲集・乙集・丙集・丁集・閏集・『紅蘭小集』 天保12年] 6冊

  安政3年版 甲集・乙集・丙集・丁集・閏集・『紅蘭小集』・戊集・『玉池吟社詩』 12冊

  生前に企図された最後の詞華集『近世名家詩鈔』 安政5年初版 / 万延2年後版

第四刊行詩集『星巌先生遺稿』  文久3年 9巻4冊

第五刊行詩集『籲天集』 明治元年刊 1冊

第六刊行詩集『春雷余響』 明治26年刊 5冊

(未刻草稿) 自警編(一巻)、香厳集(四巻?)、三涵集(関西大学中村幸彦文庫に見える稿本か。)

(未刻草稿 散逸)中倫堂集(十巻。『三野風雅』にみえる書目)、花影庵詞及玉雨山房詞(填詞)、農圃談余(二冊)、贅疣集


真跡と写し

その1(雪梅 紅蘭合作)  その2(夜桜 写し)  その3(方竹杖を得る)  その4(月色虫声)  その5(舟中紀事 写し)

その6(秋夕琴を聴く 伊藤信箱書)  その7(養老瀑布)  その8(遠州路上 関市千疋中村家蔵)  その9(不驚寵辱與栄枯)  その10(玉焦石燦 全集未収録

その11(全集未収録)  その12(自警録)  その13(竹窓聴風)

書翰  色紙   徳富蘇峰『梁川星巌全集』序文  紅蘭軸

読書ノート  伊藤信著『梁川星巌翁 : 附紅蘭女史』


Back

Top