Back(2012.9.18 up)

石井梧岡【弘化4年7月27日(1847)−明治37年5月29(1904)】

 名を彭、字を鏗期、希腎、通称は栄三、梧岡は号である。父は石井隆庵といひ、西洋医学黎明期の医制改革にも関った尾張藩医の家柄。 『名古屋市史 人物編』記述

 ここに紹介する写本2冊は、弘化4年(1847)の生年からすればそれぞれ、18才、33才時のときに清書されたもの思はれる。当初は号を梅圃、 居処も述古齋と自称してゐたやうである。詩中の永坂裒卿宅といふのは、同門の2年年長だった永坂石埭。のちにお玉が池の星巌旧宅を発見してそこに住まった。


述古齋吟稿

『述古齋吟稿』写本

12丁 24.5×17.5cm


述古齋詩稾 起癸亥十月 盡甲子二月

p1 p2

述古齋吟稿 通計五十八首

    尾張 石井彭鏗期

冬夜永坂裒卿宅小集 自癸亥(文久3年)十月 至甲子(文久4年)二月

寒街柝声断 戸外月如霜 古鼎茶先沸 深林酒亦香 才疎焚筆硯 話激罵文章 瓶裏梅花活 幽芬迸暗床
寒街、柝声断ゆ。戸外、月、霜の如し。古鼎、茶、先づ沸く。深林、酒また香ばし。才、踈く筆硯を焚(や)き、話、激して文章を罵る。瓶裏、梅花活けて 幽芬、暗床に迸れり。

 小春出遊

鷄犬声相雑 緩行村又村 敗籬花已盡 荒墅葉猶存 鍾動林間寺 烟溪上門 斜陽光欲没 吟詠到黄昏
鷄犬、声、相ひ雑じる。緩行、村また村。敗籬、花すでに盡き、荒墅、葉なほ存す。鍾動く林間の寺、烟横たふ、溪上の門。斜陽、光没せんと欲し、吟詠黄昏に到る。

 霜夜望月

暗香吹掠倚欄人 数朶斜梅影新 半夜樓頭吟眺久 護霜雲淡月如春
暗香、吹き掠める欄に倚る人。数朶横斜す梅影新し。半夜楼頭、吟じ眺めて久し。霜を護りて雲淡く月は春の如し。

p3 p4

簾且可鈎欄可凭 殘荷痩盡夜霜凝 憐他梅杪如梳月 來照江樓第一層
簾はしばらく鈎すべく欄は凭れるべし。残りの荷(ハス)は痩せ尽くして夜霜凝れり。憐む、また梅の杪の月を梳るごときを。来りて江楼の第一層を照す。

 沙村暮歸

柳葉無風蕭颯飛 隔林燈火一星微 寒沙水涸多人跡 漁弟漁兄陸続歸
柳葉、風なくして蕭颯と飛ぶ。林を隔てて燈火、一星微かなり。寒沙、水涸れ人跡多し。漁弟漁兄、陸続と帰る。

 冬晴散策

款冬花叢小柴荊 寒鳥啾啾遶屋鳴 一帶陰雲籠夕日 半村是雨半村晴
款冬花(ふきのとう)の叢、小柴荊。寒鳥啾啾として屋を繞って鳴く。一帯の陰雲、夕日を籠め、半村是れ雨、半村晴る。

 燈前飲酒芝夢樓課題

一炷水沈香已銷 竹窓燈冷雨蕭蕭 倦抛残巻無聊頼 伴麹先生到半宵

一炷の水沈香すでに銷え、竹窓、燈冷えて雨蕭蕭たり。倦抛残巻無聊頼 伴麹先生到半宵

p5 p6

 初冬夜坐

霜後園容減 林疎漏月光 窓前数竿竹 个字上書床
霜後、園容減じ、林疎にして月光を漏らす。窓前数竿の竹、个字、書に上す床。

 夜坐聴雨

獨對青燈奈此情 幽齋支枕到三更 錦城歌吹不曾識 愛聴茅檐夜雨聲
独り青燈に対して此の情をいかんせん。幽齋、枕を支へて三更に到る。錦城歌吹くも曽て識らず。愛し聴く茅檐、夜雨の声。

 湖村霜曉用星巌先生韻 草堂課題)
 「湖村霜曉」※星巌先生の韻を用ゆ 草堂課題  (『星巌丙集』巻6 所載※)

模糊曉煙白 啼鳥已呼晴 風冷餘雲影 木零如雨聲 帆暎寒潭人 従古岸行前 路霜痕没朝 暉透水明過
模糊たり煙白く暁けたり。啼鳥すでに晴を呼ばふ。風冷しく雲影を余す。木に零す雨の如き声、帆は暎ず寒潭の人。古へより岸を行く前、路霜の痕は朝に没し、暉透水明を過(よ)ぐ。

※杲杲日初生 繁霜果得晴 殘雲餘濕影 折葦有乾聲 衝岸娵隅躍 爬沙郭索行 鯽魚來不遠 紅葉半灣明
 杲杲(こうこう)として日初めて生ず。繁霜、果して晴を得たり。残雲、湿影を余し、折葦、乾声有り。岸を衝いて娵隅(雑魚)躍り、沙を爬いて郭索(蟹)行く。鯽魚(フナ)来るも遠からず、紅葉、半湾に明らかなり。

p7 p8

 溪居冬夜

夢醒破窓残月窺 衣稜如鐡粟生肌 村醪味薄也堪醉 正是寒溪冰合時
夢醒め破窓れて残月窺ふ。衣の稜は鉄の如く粟、肌に生ず。村醪味薄けれどまた酔うに堪へたり。正に是れ寒溪の冰合するの時

 冬日郊行與兼康子道同賦
 冬日郊行、兼康子と道同して賦す

枯蘆折葦繞荒岡 墜葉飄風冷夕陽 一帯暮煙遮不斷 双々白鷺度寒塘
枯蘆折葦、荒岡を繞る。墜葉飄風、夕陽を冷やす。一帯の暮煙、遮れども断たず、双々白鷺、寒塘を渡る。

刈盡黄雲霜日暄 野人籬落菊猶存 吟鞋行踏夕陽影 又向溪南紅葉村
刈尽くす黄雲、霜日暄かなり。野人の籬落、菊なほ存す。吟鞋行き踏む夕陽の影。また溪南紅葉の村に向ふ。

 霜曉買梅 済美館課題

晨霜滿瓦襲人寒 起買梅花倚竹欄 一綫峭風香迸鼻 殘蟾影裏挿瓶看
晨霜瓦に満ち、人を襲ふて寒し。起きて梅花を買ひ竹欄に倚る。一綫の峭風、香は鼻に迸り、残蟾影裏挿瓶看

p9 p10

 寒村夜歸

落葉埋荒逕 寒雲凍不流 誰居呼我去 老鶻嘯巖頭
落葉、荒逕を埋む。寒雲凍りて流れず。誰か居りて我を呼びて去る。老鶻、巌頭に嘯く。

 冬夜雑詠用寒字

小閣酒醒更巳闌 窓疎影月痕寒 床頭題罷梅花句 也剔殘燈仔細看
小閣酒醒めて更すでに闌(たけなは)なり。窓に横はる疎影、月痕寒し。床頭題罷梅花句 也剔残燈仔細看

月華低在竹欄干 爐火紅銷夜欲闌 黠鼠窺人驚復去 殘燈影裏漏聲寒
月華低く在り竹欄干。爐火の紅銷えて夜闌ならんと欲す。黠鼠(かっそ)人を窺ひ驚きて復た去る。残燈影裏(朗読の)漏声寒し。

折竹壓檐雪未乾 對他氷月懶凭欄 家僮偸放湘簾下 護得瓶梅一夜寒
折竹檐を圧して雪未だ乾かず。他の氷月に対して懶く欄に凭る。家僮偸み放つ湘簾の下。護り得たり瓶梅一夜の寒。

酒醒燈殘夜欲闌 遠鐘林外洩聲寒 幽懷一掬銷難得 霜月依微落樹端
酒醒め燈残りて夜闌ならんと欲し、遠鐘、林外に声洩れて寒し。 幽懐一掬、銷えて得難く、霜月依微たり落樹の端。

 草舎偶詠追次星巌先生韻
 「草舎偶詠」星巌先生の韻※に追次す  (『星巌丙集』巻1 所載※)

寄跡蓬蒿地 他泉石隣 半世因詩痩 終年爲酒貧 林疎時送雨 梅早暗吹春 雖然堪寂寞 聊足避風塵
跡に寄す、蓬蒿の地。他の泉石とともに隣す。半世、詩に因りて痩せ、終年、酒が為に貧す。林疎にして時に雨を送り、梅早くして暗に春を吹く。然りと雖も寂寞に堪へ、聊か風塵を避くるに足らん。

※三間茅棟古 耕釣自成隣 有似鹿門隠 兼之原憲貧 客稀長閉戸 花落不知春 咄咄莫輕出 滿城車馬塵
  三間茅棟古りて 耕釣自ら隣を成す 鹿門の隠るるに似る有り 之に兼ぬるに原憲の貧 客稀にして長しく戸を閉ぢ 花落ちて春を知らず 咄咄として軽々しく出るなかれ 満城車馬の塵

p11 p12

 冬夜宿山寺

雪壓松扉夜不扃 月寒唯聴鹿呼庭 一鐘聲斷禪堂靜 柏子煙浮山字屏
雪は松扉を圧して夜扃(とざ)さず、月寒くして唯だ聴く鹿庭に呼ぶを。一鐘声断へて禅堂静かなり、柏子煙浮ぶ山字の屏。

 冬夜與子道訪裒卿宅
冬夜、子道とともに裒卿宅を訪ぬ

銀ス影裏費敲推 方是竹爐湯沸時 領略清新好詩料 梅花院落月來窺
銀ス影裏、敲を費して推し。まさに是れ竹爐、湯の沸く時。領略(理解)す、清新たる好詩料。梅花院落(中庭)、月来りて窺ふ。

 冬曉

宿鴉啼散梵王臺 風送疎鐘曉色催 殘月欲沈猶相照 紙窓澹冩一枝梅
宿鴉、啼き散る梵王台。風は疎鐘を送りて暁色催す。残月沈まんと欲してなほ相ひ照す。紙窓澹く写す一枝の梅。

 画樓倚雪芝夢樓課題
 「画楼倚雪」芝夢楼の課題

忍凍凭欄望一廻 精光射眼白皚々 粧梅泛柳未堪賞 瓊盡千林萬壑來
凍を忍んで欄に凭り一廻り望む、精光眼を射る白皚々。 粧梅・泛柳、未だ賞するに堪へず、瓊盡千林万壑来る。

p13 p14

 冬夜偶成

閑瀹清茶爐火紅 寒風不巻小簾槞 夜深檐外生痕月 淡在楳花疎影中
閑かに清茶を瀹(に)る爐火の紅。寒風は巻かず小簾槞(格子窓)。夜深くして檐外に痕月生ず。淡く楳花在る疎影の中。

 茶窓夜集 済美館席上

與世参差寡所交 茶窓對客問推敲 半宵無話及塵事 月自梅梢到竹梢
世と参差にして交はる所寡く、茶窓客に対し推敲を問ふ。半宵話なく塵事に及ぶ、月は梅梢より竹梢に到れり。

寒夜草堂小集

肅兀圍爐坐 掩窓風雪前 詩宜題古壁 茗則瀹寒泉 清夜聊堪話 一樽猶可憐 吾家無長物 唯剩舊青氈
肅兀として爐を圍をみて坐し、窓を掩ふ風雪の前。詩は宜しく古壁に題すべく、茗は則ち寒泉に瀹すべし。清夜聊か話するに堪へ、一樽猶ほ憐むべし。吾家に長物なく、 唯だ剩す旧青氈

 梅花下小飲

已看芳信到庭梅 半榼家醅邀客開 一片黄昏枝上月 和他疎影入杯來
已に看る、芳信の庭梅に到るを。半榼(盃)の家醅(酒)、客を邀へて開く。一片の黄昏、枝上の月。他の疎影に和して杯に入りて來る。

 冬夜訪子道宅席上同賦

林下尋盟約 相逢興杳然 酒酣呵凍筆 吟苦擘氷箋 寒砌梅吹雪 虚檐月帯烟 四隣鷄未唱 談笑夜如年
林下盟約を尋ぬ相逢ふて興は杳然たり。酒、酣(たけなは)にして凍筆を呵(か:息で温める)し、吟苦して氷箋を擘(さ)く。寒砌に梅は雪を吹き、虚檐に月は烟を帯ぶ。四隣、鷄は未だ唱かず。談笑して夜は年の如し。

p15 p16

 題画

峯回還路轉 溪語雑松聲 空林誰所在 孤鶴護柴荊
峯、回って還た路は転じ、溪語、松声を雑(まじ)ふ。空林、誰か所在せる、孤鶴、柴荊を護らん。

 寒夜客見訪

風吼空林霰撲窓 圍爐劇飲酒盈缸 豪來談及英雄事 槊阿瞒臨大江
風は空林を吼え霰窓を撲ち、爐を囲んで劇飲、酒缸に盈つ。豪の来りて談、英雄事に及ぶ、「槊を横へて阿大江に臨む」と※ (曹操(阿瞒)「槊(ほこ)をたへて詩を賦す、まことに一世の雄なり「赤壁賦」)

 歳末立春曉起即事

曉日曈曨霽色開 先遭村叟報春來 數聲叫賣寒街上 一檐東風是早梅
暁日曈曨たり霽色開く。先づ村叟に遭ひて春来るを報ず。数声叫び売る寒街上、一檐の東風、是れ早梅。

 元旦口占 甲子

園梅枝上雪方殘 出谷春聲鶯尚寒 多謝隣叟好情意 一盆新贈駕正蘭
園梅枝上に雪、方(々)に残り、谷を出づる春声、鶯尚ほ寒し。多謝す隣叟の好情意。一盆新たに贈らる駕正蘭。

p17 p18

 早春郊外矚目

東風微峭水之M 寒勒堤梅未點唇 忽地碧穹雲影盡 數峯殘雪白於銀
東風して微峭(やや寒い)水の浜、寒の勒して(つれてきて)堤梅、未だ唇を点けず。忽地(たちまち)碧穹、雲影の尽くれば、数峯の残雪、銀より白し。

 早春雑詠

屋頭曦馭放新晴 催起尋梅問柳情 幾處門松翠烟暖 楊花已是送春聲
屋頭曦馭(太陽の運行)新晴を放つ。起きて催す、梅を尋ね柳情を問ふを。幾処の門松、翠烟暖し。楊花すでに是れ春声を送れり。

荒園春殘雪猶堆 睡起芸窓掩又開 瓶裏寒梅花尚活 一枝添得水仙來
荒園春残り、雪なほ堆し。睡起す芸窓(うんそう:学問=本)、掩ひ又た開く。瓶裏の寒梅、花なほ活にして、一枝添へ得たり水仙来る。

吟苦真同含囀鶯 殘寒何處試閑行 一籃摘得菜七種 勅婢先調人日羹
吟苦、真に同じうす、囀を含める鶯と。残寒いづこへか閑行を試みん。一籃摘み得たり菜七種。婢に勅して先づ調せしむ、人日(七草節句)の羹を。

 梅鶴高士圖 緕O軒課題

逍遥調鶴又吟梅 一幅之間不著埃 須把暗香疎影句 倩他健筆冩將來
逍遥す、調鶴また吟梅を。一幅之間、埃を著けず。須らく暗香疎影の句を把るべく、他の健筆を倩ひて将来を写す。

p19 p20

 賣花聲

嬌吹新歌入夢思 画簾春旭睡醒時 呼紅喚紫聲々麗 一擔香風過水湄
嬌やかに吹く新歌、夢思に入る。画簾の春旭、睡り醒る時。紅を呼び紫を喚ぶ声々麗しく、一擔の香風、水の湄(ほとり)を過ぐ。

 贈玉山女史

日侍慈親誦女箴 丹青餘事復清吟 展來一幅剡藤上 梅想姿容竹想襟
日(ひび)慈親の女箴を誦すに侍りて、丹青(絵画)は余事にしてまた清吟す。展べ来る一幅、剡藤(紙)の上。梅は姿容を想はせ竹は襟(節操)を想はす。

 春橋夜月和友人某韵

滿江花月倩誰描 也説千金賞此宵 絲竹更闌聲不斷 春人多處此紅橋
満江の花月、誰を倩いて描かせん。また説く千金もて此宵を賞すと。糸竹(音曲)は更(こう)闌にして声の断たず、春人多処は此の紅橋。

 游春絶句 緕O軒課題

蝶牽鶯誘入烟霞 野径歸來日已斜 一陣吹香風乍度 先知此際有梅花
蝶は牽き鶯は誘ふ烟霞に入れ(旅に出ろ)と。野径帰り来て日すでに斜めなり。一陣の香を吹いて風たちまち度(渡)り、先づ知る此際、梅花の有るを。

春遍江郷暖漸加 花紅竹翠媚烟霞 數聲笑語人何處 画舫多維賣酒家
春は江郷に遍く暖、やうやく加はる 花紅に竹翠にして烟霞に媚ぶ。数声の笑語、人はいづこに。画舫は多く維(つな)ぐ売酒の家。

p21 p22

 春曉

殘睡依々未啓扃 餘寒峭々水晶屏 今朝好有看花約 恰被曉鶯呼夢醒
残睡依々たり未だ扃(かんぬき)を啓かず。余寒峭々として水晶の屏。今朝好く看花の約有り、恰かも暁鶯に呼ばれて夢から醒む。

模糊樹影上簾幃 春鳥何來塌翅飛 知道昨宵新雨過 梅姿柳態濕依微
模糊たる樹影、簾幃に上る。春鳥なぜに来りて翅を塌して(しょんぼり)飛べる。知道(了解)す、昨宵新雨過ぐと。梅姿柳態、湿りて依微たり。

 和友人某江樓別後寄懐

木蘭舟去水空流 夢思無端惹別愁 憐此柳梢眉様月 黄昏偏照美人樓
木蘭舟去り水空しく流る。夢思端なくも別愁を惹く。憐む此の柳梢の眉様の月を。黄昏偏く照す美人楼。

 春詞

無復筝琶勧玉杯 落花香撲小樓臺 生憎枝上黄鶯子 喚醒春人綺夢來
復た筝琶の玉杯を勧むるなく、落花、香は撲つ小楼台。生憎し、枝上の黄鶯子、喚び醒す春人の綺夢の来たるを。

 春晝

薫篭香盡午猶寒 飛燕聲中夢欲殘 花氣撲簾春晝静 半庭紅両濕干欄
薫篭、香り尽き午なほ寒くして、飛燕声中、夢残らんと欲す。花気簾を撲つ春昼静かにして、半庭の紅、両つながら干欄を湿らす。

 春日赴八事山途中作

午煙淡抹佛龕頭 日麗風微松籟収 幾箇春帆小於鷺 青山缺處是蓬洲
午煙の淡抹は仏龕の頭に、日麗らかに風微かに松籟収まる。幾箇の春帆、鷺より小さく、青山缺する処これ蓬洲。

殘梅踈竹擁禪關 詩酒還消半日閑 一路行香人不斷 磬聲依約夕陽山
残梅踈竹、禅関を擁す。詩酒は還た消す半日の閑。一路の行香(焼香)、人断たず。磬声依約(かすか)たり夕陽山

p22

 郊外散歩過某氏廃園

滿目荒涼換物華 欲尋往事夕陽斜 一株唯剩紅梅在 曾是何人手植花
満目荒涼たり物華に換ふる。尋ねんと欲す往事夕陽斜めたり。一株唯だ剩す紅梅在り。曾て是れ何人の手植の花

 春日過牧野

茶房酒肆向流 桾履相呼作隊行 摘取一籃春幾種 蒲公英又紫雲英
茶房酒肆流れに向ひて横はる。桾履相ひ呼びて隊行を作す。摘取る一籃、春幾種。蒲公英(たんぽぽ)また紫雲英(げんげ)。

 送曇龍上人之加賀

江樓握手夕陽間 無限離愁雙涙潸 蘸甲深杯君且飲 明朝隔斷幾溪山
江楼、握手する夕陽の間。無限の離愁、双涙潸(然)たり。蘸甲(さんこう:なみなみ)深杯、君しばらく飲め。明朝隔ち断つ幾溪山。

青山斷續遠鐘微 愁倚欄干對夕暉 春酒易醒留不駐 落花風裏送君歸
青山断続して遠鐘微かなり。愁ひて欄干に倚りて夕暉に対す。春酒醒めやすく留めるも駐(とど)まらず。落花風裏、君を送りて帰る

 花朝

朝暾影透小樓臺 開盡梨花落盡梅 昨夜簾前春雨足 滿江新水緑於苔
朝暾影透く小楼台、梨花は開き尽くして梅落ち尽す。昨夜の簾前、春の雨足。満江の新水、苔より緑なり

 春夜詞倣友人某艶體

杏花落盡雨蕭々 半臂軽寒酒易銷 知是誰樓双姉妹 黄昏合奏紫雲簫
杏花落ち尽くして雨蕭々。半臂の軽寒、酒銷えやすし。知んぬ是れ誰が楼、双姉妹。黄昏合奏す、紫雲の簫。

梨雲一簇夜凄迷 翡翠簾前月欲低 香霧霏々遮不斷 玉簫聲濾画樓西
梨雲の一簇、夜凄迷たり。翡翠簾前、月低からんと欲す。香霧霏々として遮れども断たず。玉簫声濾す、画楼の西。

甲子二月念二日 余将赴京之前日也 欲収之行李怱忙鈔録
甲子二月念二日(元治元年二月二十二日:文久4年は2/20に改元) 余、将に京に赴かんとするの前日なり。之を行李に収めんと欲して怱忙として鈔録す。

              晩生 梅圃 石井彭


行餘堂詩鈔

『行餘堂詩鈔』写本

(ぎょうよどうししょう)

12丁 24.3×16.3cm

行餘堂近稿

p23 p24

行餘堂詩鈔 己卯十月至 (明治12年)

      梧岡石井彭鏗期氏未定

 送一東石如之京次其留別韻與省所同賦
 一東・石如の京に之(ゆ)くを送り、其の留別の韻に次して與に省する所を同じく賦す

壁月瓊花感昔游 祗應詩酒遣閑愁 追尋絲竹東山夢 重問舊都紅葉秋
壁月瓊花、昔游に感ず。祗だ応ず詩酒の閑愁を遣るを。追尋す糸竹、東山夢、重ねて旧都の紅葉の秋を問はん。

 與省所少年二兄同泛舟于南濱分韵賦矚目
 與に省する所の少年二兄と同(とも)に舟を南濱に泛べ、矚目するを分韵して賦す

過雨無痕水欲波 浦雲纔散露青螺 美人杳在秋江上 一曲湘霊奈汝何
雨過ぎて痕なく水波せんと欲し、浦雲纔かに(やうやく)散ず露青螺(山)。美人は杳か秋江に在り。一曲の湘霊、汝をいかんせん。

青山紅葉蘸微波 也借扁舟載酒過 柔艪揺々秋似夢 一篷殘雨暮寒多
青山紅葉、微波をひたす。また扁舟を借りて酒を載せて過ぐ。柔艪揺々として秋夢に似たり。一篷の残雨、暮寒多し。

p25 p26

 金邠画 今宵酒醒圖 湖海吟社課題
 金邠※画「今宵酒醒圖」 湖海吟社の課題 (※尾張藩が招聘した清の詩人金嘉穂)

雖歌唱罷欲深宵 水閣秋寒月色饒 指點與君分手處 一株柳又昜蕭々
歌唱罷むと雖ども深宵ならんと欲す。水閣秋寒月色饒(多)し。指点す君と分手せし処、一株の柳また易(易水:荊軻訣別の地)蕭々たり。

江樓燈暗夜寒生 萍迹無端隔舊盟 最是依々月殘處 臨風憶煞柳耆卿
江楼燈暗くして夜寒生ず、萍迹端なく旧盟を隔つ。最も是れ依々たり、月残る処、臨風煞を憶ふ、柳耆卿(北宋詩人)。

馬蹄霜冷水之干 酒氣欲消別更難 殘月曉風秋一路 垂楊柳痩不勝寒
馬蹄霜冷ゆる水之干 酒気消えんと欲して別れ更に難し。残月暁風秋一路、垂楊柳痩せ寒に勝へず。

萍因絮果両無端 酒醒燈昏別也難 題到曉風殘月句 画中人更不勝寒
萍因・絮果、両つながら端なく、酒醒めて燈昏く別れまた難し。題は到る暁風残月の句、画中の人、更に寒に勝へざらん。

 夜酌話舊 湖海吟社席上掲題

碎墨零緦冩舊題 酒邉燈冷夜凄迷 小天台月小湖雨 話到當年鴻爪泥
碎墨零緦もて旧題を写す。酒辺燈冷えて夜凄迷たり。小天台の月、小湖の雨。話は到る当年の鴻爪の泥(時代変転)

p27 p28

青衫重對舊烏絲 記得年時傷別離 最是淺斟低酌好 雪蕭々底話相思
青衫(下っぱ役人)重ねて対す旧烏絲(烏糸欄:紙)。記し得たる年時、別離に傷めるを。最も是れ浅斟低酌好く、雪蕭々として底(なん)ぞ相思を話さん。

 清客王琴仙至同湖海吟社諸友開宴於[傳物]館 酒間次 永阪石埭湖亭與琴仙話別詩韵贈王琹仙 十二月十七日
  清客の王琴仙、湖海吟社の諸友とともに至り[傳物]館にて開宴す。酒間、永阪石埭の「湖亭と琴仙の話別詩」の韵に次して王琹仙に贈る 十二月十七日

侵篤眉月照歌筵 記否同觀湖上蓮 追憶共游猶似昨 飜鷺小別已経年 座中唫侶無今雨 臘裏寒梅帯晩煙 邂逅相逢非偶爾 淹留須到有[櫻]天
侵篤眉月、歌筵を照らす。記すや否や、同に湖上の蓮を観しを。追憶す、共游なほ昨に似たるを。鷺飜って小別すでに年経り、座中唫侶無くして今雨、臘裏(12月)寒梅晩煙を帯ぶ。 邂逅相逢ふは偶爾に非ざる。淹留して須らく[桜]天(神社)有るに到るべし

 酒間戲次琴僊韻
 酒間戯れに琴僊の韻に次す

楚腰真箇好風姿 一注秋波舞罷時 多情杜牧前身是 莫怪揚州夢醒遅
楚腰(柳腰)は真箇(まことに)好風姿、一に秋波を注ぎて舞ひ罷むる時。多情の杜牧は前身是なり。怪むなかれ揚州の夢醒むるの遅きを(「遣懐」杜牧)。

p29 p30

 次韻重贈王琴仙

朅來我亦憶同游 曾向京城匝 月留 画舫潮生鴎渡雨 瓊簫月弄柳橋秋 相思重冩新詞譜 殘夢猶迷舊酒樓 今日親朋無幾許 恐君早賦大刀頭
去来す、我また同游を憶ふを。曽て京城に向ふて匝月(ひと月)留まる。画舫に潮生じ鴎は雨を渡り、瓊簫、月に弄せし柳橋の秋。相思重ねて写す新詞の譜、残夢なほ迷ふ旧酒楼。 今日親朋幾許もなし、恐る君の早く大刀頭(帰還の謂)を賦せるを。

 雑感次琴仙韵

百結愁腸乱似絲 病躯偏遇歳殘時 論來得失無聊頼 閲歴榮枯多所思 落木蕭條寒鳥叫 夕陽惨澹凍雲痴 眼前光景已如此 且爲懐人補舊詩
百結愁腸、乱れること糸に似たり。病躯偏へに遇はん歳残す時。論し来って得失無聊頼、栄枯を閲歴して所思多し。落木蕭條として寒鳥叫び、夕陽惨澹として凍雲痴(停)す。 眼前の光景すでに此の如し、且らく為さん人を懐ふて旧詩を補せるを。

春淺園林花未薫 小缾插竹絶塵氛 夜來爲愛猗々影 且把書燈照此君
春浅く園林、花いまだ薫らず。小缾、竹を插して塵氛を絶つ。夜来愛を為す猗々たる影、且らく書燈を把って此の君を照らす。

也悲花神通信遅 書窓半夜 雪晴時 奇寒徹骨清無底 珎重缾中緑玉枝
また悲しむ、花神の通信の遅きを。書窓半夜雪晴るる時。奇寒は骨に徹して清きこと底なく、珎重す缾中の緑玉枝。

p31 p31

 梅花水僊同缾

素娥青女豈無縁 未及百花爭R天 誰識西湖山下客 嫁來洛浦水中僊 黄冠影落空床外 玉葉香浮小閣前 忽地風傳遥處篷 相思和夢到唫邉
素娥青女、豈に縁なからんや。未だ百花のR天に争ふに及はず。誰か識らん西湖山下の客、嫁し来って洛浦水中の僊。黄冠影落とす空床の外、玉葉香浮ぶ小閣の前。 忽地(たちまち)風は伝ふ遥処の篷、相思は夢に和して唫辺に到れり。

 酒間贈立原氏次其見似己卯歳晩作之韻
 酒間、立原氏に其の己にしめさるる卯歳晩作の韻に次せるを贈る

倚門情切幾時還 老樹白雲隔古關 他日知君省母去 錦衣重到舊家山
倚門(人を待つ)の情切なり、幾時か還らん。老樹白雲古関を隔つ。他日、知んぬ君が母を省して去るに、錦衣を重ね旧家山に到るを。


Back

Top