Back (2006.04.04up / 2010.07.20update)

三宅樅臺(みやけ しょうだい)(1816 文化13年 〜 1896 明治29年)

名は守観、字は海岳、のち佐平と改む。樅臺はその号。本姓は小坂氏、村瀬藤城の郷、上有知(こうづち)のひと。加納の旧族三宅氏に入婿。


樅臺詩鈔

『樅臺詩鈔』

(しょうだいししょう)

1891年(明治24年)9月 菊花堂 上梓

三宅佐平著 大野憲造 鈔

発行兼印刷者
  岐阜 浅野宗八

【第一冊】4,4,7(巻一),19(巻二)丁【第二冊】12(巻三),16(巻四)丁【第三冊】14(巻五),16(巻六),2,2丁
22.9×15.3cm


【第一冊】上

表紙 見返し

題字「天葩吐奇芬」(藤原 孝麿 明治23年8月) 1 2 3
題詞「樹無根本水無源無学何堪得立言偶作小詩詞未穏又敦三宅老人門」(大野 猷 明治24年5月) 1
題画「樅臺松校図」(大野 憲 明治辛卯[24年]暮) 1
題字「穆如清風」「大音希聲」(小崎 利準 岐阜県第3代知事) 1 2 3 4
序(藤陰 野村 煥) 1 2

三宅佐平

【巻一】
大野憲三識語 上藤城村瀬先生・・・
上藤城村瀬先生・・・ 同村瀬太乙岡崎樹仙遊善応寺・・・ 水亭観月 四時山水図
同村瀬太乙湊川寛夫訪神田南宮翁 寄塚原篁圃 山水小景 贈樹仙  同村瀬太乙村瀬秋水訪笹野知常 訪篁圃
訪篁圃 鎌潭漁釣 寄篁圃 送詢矦南遊
梅花村舎 春日雑詠四首 同岡崎樹仙足立伴逸観楓於喪山 村瀬秋水恵大書・・・
村瀬秋水恵大書・・・ 大風行 秋日即事 家大人東遊夢之得一絶
送太乙僑居尾府 梅荘蕉花初開喜成二絶 源三位墓

【巻二】
東遊 尾府寄雲涯師
発宮駅望新畭 途上 王潭 遊鳳来寺
薩埵嶺観岳 発駿府到吉原駅・・・ 発吉原・・・ 発沼津駅・・・ 三島駅別同行萬衛
不二山歌 筥根関 絵洲金亀山
絵洲金亀山 鎌倉詠懐 東都客舎 謁一齋佐藤先生 京橋僑居
京橋僑居 寓小島萬衛家・・・ 至日正燈師招飲・・・ 聖廟邂逅高知達三・・・ 東雲師邀余・・・
東雲師邀余・・・ 庚子歳旦 又 同各務文光遊向洲梅荘・・・ 余聞長野先生文名久矣・・・
余聞長野先生文名久矣・・・ 上野東照公廟十二韻 得叔三十翁訃・・・ 戯寄題梅本楼 林式部邸・・・
林式部邸・・・ 池端僑居・・・ 都門古謡
都門古謡 莫府功臣賛二十首・・・ 桑名少将 奥平美作守
榊原式部大輔 本多中務大輔 小笠原兵衛大輔 酒井雅楽輔 酒井左衛門尉 本多隼人佐
大久保七郎衛門 戸田采女正 土屋民部大輔 深溝松平主殿頭 水野日向守 鳥居彦左衛門
内藤弥次衛門 板倉伊賀守 書懐 寄分光 将上帰路。川田有興以永戸(長戸)士譲北道遊簿被贈 発江門
発江門 妙義山
妙義山 小室途上 上田城懐古 従小室旁筑摩河・・・
姥捨山 同文光遊河中島・・・ 小市駅別同行仲野重造・・・ 又 河中島戦場歌
河中島戦場歌 遊切通山・・・ 再遊切通山
再遊切通山 松本城 信州雑詩 懐重造 宮越懐古 御岳
御岳 入濃 十三嶺
末尾頁

裏表紙


【第二冊】中

表紙

【巻三】
従藤城翁同秋水水東雲蟾諸友・・・ 梅荘皈途・・・
題画 八幡懐古 宗祇水 八幡祠
八幡祠 粥川寺観恠獣園引 次神田南宮翁消寒雑詠韻
次神田南宮翁消寒雑詠韻 送丹羽得夫赴尾藩徴二首 独歩到梅荘・・・
独歩到梅荘・・・ 細香女史来訪而藤城翁不在・・・ 梅荘酔帰 詠史十二首用山陽頼先生韻
詠史十二首用山陽頼先生韻 越前人福井退輔六十一歳寿言 徹臺七十三寿詞 林典膳 七十歳寿言 相撲
相撲 偶成 文殊菩薩賛 達磨大師賛
護筍 夏山蝶隊 又 鎌倉楽府十闋
鎌倉楽府十闋 詠饅頭・・・ 山田安碩僧峡龍見訪
山田安碩僧峡龍見訪 病中雑詩 己酉歳旦賀家厳病起 偶成似峡龍僧
患癬 患耳 又 秋水写秋巒・・・ 巌村藩文学田邉淇夫帰展先塋・・・ 似淇夫
似淇夫 得夫見過・・・ 次韻似得夫 龍泰正契師・・・

【巻四】
遊牧谿
観経二十韻似龍泰正契師 夢太乙・・・ 読華厳
読華厳 三野諸藩賛五首 清恭師開大法会・・・
庚戌冬紀事・・・ 訪太乙 中村詠懐 三河途上口占
三河途上口占 観潮坂望岳 猪鼻湾観打魚歌 酒間賦贈島某・・・
眇跛行懐山本馗鬼翁 従藤城先生同小出日坡村瀬秋水其子東作河合鎌五下藍見川。時嘉永四年七月廿四日也 墨俣駅訪澤井慎夫・・・
墨俣駅訪澤井慎夫・・・ 磨鍼嶺 松峰明寿院観諸宸翰・・・ 自八幡渉湖赴坂基
舟中詠懐 坂基 叡山横川松禅院・・・ 用藤城翁韻似同行諸友
入京師。賀梁川星巌翁徙居 従藤城翁謁山陽先生墓於長楽寺 藤城翁招同貫名海屋中島棕隠梁川星巌牧贛齋宮原節庵頼三樹等諸賢哲開宴於三樹坡水亭・・・
藤城先生有事急帰。余与日坡追之。不及・・・ 角田錦江恵長句因韻酬之 雲蟾師投示詩巻・・・ 郡吏中島幸衛七十歳寿詞 賀正武寺仙巌師上堂
聞異艦至浦賀 願念師蔵書頗多。借読言謝 桑名訪森樅堂・・・ 四日市駅訪山田古竹。古竹濃人与余同里閈者 白子駅即事 神路山
宇治訪中館主水 波切松 山田詞 阿濃津謁拙堂先生。遂従上観海亭眺望
題拙堂先生観海亭 此行請先人墓銘於拙堂先生也。先生許諾書喜。 発桑名赴尾府。舟中即事。
尾府訪太乙 樅園 佐藤如玉招飲 廣江海造宅観秋花 朝徹堂賞月。堂在東皐叔宅中
藩公徙封一百年于今。今安政二年八月有命。賜酒闔境士民。酔飽之余。恭集一百字。以奉賀下執事 中秋同東皐叔海造如玉・・・ 詠園中草木
峡龍僧従越前帰。途中見過 題宅中弁財神祠堂壁 献帝行
承前

裏表紙


【下】

表紙

【巻五】
丙辰歳旦。藩侯在東邸・・・ 歳首偶成
為甫再甥哭島児 春末夏初 論書絶句五首
安政三年七月挙男。喜簡媒宮田翁 読書雑感 大垣人小里妙春六十一歳寿言
十三夜 十四夜東皐叔見訪 中秋無月 十六夜 秋日偶成
石戦争行 田家待客
同細香女史僧大夢医順謁小原鉄心大夫 大垣帰途似僧大夢。大夢酔而失衲・・・ 丁巳歳首 三谷洞(三田洞)寺。題弘法大師祠堂之壁
詠懐 偶成 拙堂先生来遊大垣・・・ 従拙堂先生・・・ 陪拙堂先生。赴関原途上
関原古戦場歌 拙堂先生携令子誠軒来遊記喜 奉拙堂先生登稲葉山。従遊者三十余人
稲葉山懐古 拙堂先生賜以一絶句・・・ 送拙堂先生到笠松駅 秋江盧雁図 鉄心大夫自上州坂基駅・・・
題鉄心大夫改革十則 霖雨 患脚気 山田栄門恵楊梅子。言謝
患眼 己未歳首 寄題節爪師橡栗山房 白鶴巣藩城内郭之樹・・・ 霖雨
酒人傾壷図 西京雑詩 伏水詠懐 白鶴行
又 竹
菊 送平田学友東遊 送山本学友東遊 松竹梅画 木蓮翠鳥図為新貝氏嘱

【巻六】
聞王師収東都・・・ 災後即事 賀鍬甥加冠
中秋前一日・・・ 中秋 遊全昌寺。遇雪爪師南遊而還・・・ 次韻雪爪禅師芳野観花詩 送原田少属赴羽前 梅村楓崖既没・・・
長谷部知事鉄心太夫小野崎桐山両参事。与雪爪師前後見過戲作一章 明治三年九月遊京師。二十三日訪頼支峰・・・ 西京詞
同島河合廣江江藤田汲田諸教授遊上加納山・・・ 辛未歳旦明治四年 憲章館詩会・・・
鵜飼曲 題中村氏所愛盆石 贈丹羽瀬不与宇・・・ 備後三郎題桜樹図 壬申歳首明治五年
題小学校壁 長谷部知事見過 甲戌七月偶成二首明治七年 菅右府画像 乙亥歳旦明治八年
次韻朝田学監歳旦詩 遊瑞岩寺 観潮坂観岳不見 十年四月因事在東京客舎・・・
坂基訪小嶋金二・・・ 芝坊訪高知達三 題飯倉坊僑居之壁 聞無学師為妙心大教正・・・
小石川赴四谷即目 賀鴻春倪四谷新居 上野観花・・・ 亀居門観藤花・・・
賀遠田澄菴脚気病院委員。余曩患此病・・・ 東上舟中偶成・・・ 先妣磨甎院十七回忌日 十二年七月既望・・・ 庚辰歳旦示徹児
上野観花 都門雑感
先考徳運院三十七回忌期日 臂掉山 瑞岩仙応師・・・ 訪瑞巌快応師病
鎌溪 野口茂武嫗八十八寿言 片岡嫗七十齢寿言 湯島詞。島在飛騨益田郡 鞆児従在湯島客舎。誤殺一燕子・・・
偶成 明治十四年十二月。故主永井公謁先塋於莵路及加納・・・ 長良新橋 送瑞龍敬冲師
高山客舎似諸友人 高山偶成 国分寺小鳥刀 宿禰祠 題野原某画像
賀森孫作・・・ 森孫一・・・ 西覚寺観楓 同諸友遊篠谷観音寺観花 太乙先生既没七年。明治廿年桜井青木等諸子開書画会於乾山徳授寺・・・

後序(門人:桂園 森 孫一郎) 1 2 3
後序(門人:棚橋 恒)  1 2 3

奥付

裏表紙


山陽詩鈔集解

『山陽詩鈔集解』

1881年(明治14年)7月 京都 : 佐々木惣四郎 上梓

小原鉄心 序 / 森春濤 跋

【第一冊】30丁、【第二冊】22丁、【第三冊】23丁、【第四冊】33+3丁  25.5×18.0cm

p3 p2

p5 p4

山陽詩鈔集解 序

山陽翁英傑之士也。雖身在草莽、心則常存于
王室。観其書可以覩高鳴呼使翁得運維新之
今日。則其文辛作用果如何哉。特恨其生之不晩耳。
非獨此為翁一人、而為家国天下也。至如詩則唾餘
耳。而唾餘亦出憂国之餘憤。而同一心血之所注。故左
詩老蒼豪佚非如尋常詩人争奇於片[酹]事
韵者也。雖然翁固 非欲以此儒世者、況於其注細乎。然
則三宅子之挙非耶。曰不然篠小竹辱翁詩集曰有
陳拾遺而李杜出有元遺山而揚虞興。夫有此翁
会豈果無翩興夫哉。子今為其好興者注解以使通暁
作者之旨。則謂子為善誘之師亦不誣也。蓋翁之
於詩有奕世之詩風盛衰之気運、而況憂国心血
之所存豈可不称逑哉於是乎序。

明治二年○○月 大垣鉄心小原寛

先人不能手謄而逝矣。因承其意以書噫不肖迪

山陽詩鈔集解 序 (小原鉄心)

山陽翁は英傑の士なり。身は草莽に在りと雖も、心は則ち常に王室に存す。
其の書の以て覩るべきを観るに、高鳴、翁をして維新の今日を運ぶこと得ましむ。
今日則ち其の文辛じて作用果たして如何哉。特に其の生れるの晩からざるを恨むのみ。
ひとり此れ翁一人の為に非ず、而して家国天下の為なり。詩の如きに至っては則ち唾餘のみ。
而して唾餘も亦た憂国の餘憤に出で、而して心血の注ぐ所と同一なり。
故左詩老蒼豪佚非如尋常詩人争奇於片[酹]事
韵者也。雖然翁固 非欲以此儒世者、況於其注細乎。然
則三宅子之挙非耶。曰不然篠小竹辱翁詩集曰有
陳拾遺而李杜出有元遺山而揚虞興。夫有此翁
会豈果無翩興夫哉。子今為其好興者注解以使通暁
作者之旨。則謂子為善誘之師亦不誣也。蓋翁之
於詩有奕世之詩風盛衰之気運、而況憂国心血
之所存豈可不称逑哉於是乎序。

明治二年●●月 大垣鉄心小原寛

先人(亡き父)手づから謄す能はずして逝けり。因りて其の意を承り、書して以て噫(なげ)く 不肖 迪(鉄心長男)

p7 p6

後叙

余稟先生之命校山陽詩鈔集解。
以西京書肆某乞上梓也。客謂
余曰、方今欧学盛行以理化諸
学為有用。詩奇為無用。莫有学
者而子乃校詩之注疏以附之梓
無乃属無用乎。余応之曰。然矣。雖
然寧知不無用之為有用有用之為楚
用哉。今夫世亦謂、詩人之詩徒争巧
文字間者謂之無用。亦可如山陽翁
之作。則不然寓忠孝於花月託是
非於鳥蟲使読者戚之焉以不能忘至
懐古諸篇及南山湊川等作忼慨憤
惋有使読者入忠勇節烈之誠。而不
自知者是先生之所以為此著。子則
以為無用耶。曩者四海之勤王開
端於横議之処士焉知不其間有起
志於此以玉奏切者哉。此之欧洲
有用之学利用有餘、而忠厚不足動
輙弃其君如佛人者其得失果不昺
判也。如何之不祖述焉。客聞之黙然
而玄。因用筆其言巻尾以供読者之一笑云

明治七年五月 門人 森春撰并書

後叙 (森春濤)

 余、先生の命を稟けて山陽詩鈔集解を校す。以て、西京書肆某、上梓を乞ふ也。
 客、余に謂ひて曰く、
「方今の欧学の盛行、理・化諸学を以て有用と為し、詩の奇しきは無用と為す。
 学者有りて、子の乃ち詩の注疏を校し、以て之を梓に附す。乃ち無用に属する無からんか。」と。
 余、之に応じて曰く。
「然り矣。然りと雖ども、寧ぞ知らん、無用の有用と為す無くんば、有用の楚用と為らざるかな。
 今夫れ世は亦た謂ふ、詩人の詩は徒らに巧を文字間に争ふものと。之を無用と謂ふは亦た可なるも、山陽翁の作の如きは則ち然らず。
 忠孝を寓して花月に託す。是れ非於鳥蟲使読者戚之、焉以懐古諸篇に至り南山・湊川(後醍醐天皇・楠木正成)等の作に及ぶを忘る能はず。
忼慨憤惋有りて読者をして忠勇節烈之誠を入ら使む。而して自ら知らざるは、是れ先生の此著を為す所以なるも、子は則ち以て無用と為すか。」と。
 曩者、四海の勤王、端を横議の処士に於て開く、焉んぞ知不其れ間有起志於此以玉奏切者哉。此れは之れ、欧洲有用の学利用有餘。
而忠厚不足、動(やや)もすれば輙ち、其の君を捨てる佛人の如き者は、其の得失、果して判ずること昺(あきら)かならざる也。
如何に之れ焉(これ)を祖述せざらん。客之れ黙然と聞く、而して玄。因りて其の言を巻尾に筆して、以て読者の一笑に供すと云ふ。

明治七年五月 門人 森春撰并書

p9 p8

p11 p10


三宅樅臺翁碑銘
翁諱守觀、字海岳、稱復輔、後改稱左平、三宅氏、樅臺其號也。美濃國稲葉郡加納町人。武儀郡上有知村小坂宗十郎君第三子也。安政二年六月、年三十九入螟於 三宅左兵衛君常家因冒其氏。三宅氏爲加納舊族。九世祖三宅孫六郎家重住厚見郡沓井。慶長之初、徳川家康公用家重之言、築城於沓井改稱加納。三宅氏之居適當 其地乃徙住市街。由是免地子及助役。子孫蝉聯占其地云。翁幼好学、從村瀬藤城受業、後執贅於幕府儒員佐藤一齋、於津藩文學齋藤拙堂。明治之初、補本藩出 仕、爲文学ヘ授。藩主永井公屡召諮詢國事、六年十月、以ヘ授心得、爲遷喬義校ヘ授。七年辞職。八年請官開樅臺私塾、下帷ヘ授。初翁之來嗣三宅氏也、攜授業 生徒ヘ、至是遠近子弟來學者滋多。翁誨人諄諄不倦。其講説不泥訓詁。指授大義使人思而自得。翁爲人朴實寡言、於世澹然無所求。如飲食衣服、一任家人所供、 或珎膳盈案、所職不過一菜羹。蓋非不強食之、將食而如忘之者、家居無事兀坐一室、潜心耽讀。有客在傍、不曽知之、久之始覺之、驚起作禮、談笑盡歓、雖祁寒 暑雨、終日徹宵、研精不休、嘗冬夜讀書、霜気透膚、所擁手爐火燼、灰冷亦不覺之。聞厨碑起汲井、始知天明。冬中如此者、數矣。其刻苦可知焉。平居讀書、随 讀随抄。所手抄數十帙、大日本史、日本外史等、皆所親謄冩。明治廿九年七月七日、罹病没、享年八十一。葬於加納町欣浄寺之先塋。配三宅氏擧四男四女、長曰 太郎吉、承家、次月歌之助、別爲家、次曰福三郎、輔兄整理家政、次曰巴亦別居、長女適羽島郡正木村野口嘉左衛門、二女夭。三女適大垣町小山常次郎、四女適 加茂郡今村村上吉尚。翁學該和漢、又研覃刑律、餘暇好詩賦、最長古詩。晩年繙貝葉、頗如有所得。又好爲山水之遊、毎花晨月夕、擁門人四五輩徜徉行遊、以爲 楽、所著有山陽詩抄集解。樅臺詩抄。今茲門人丸尾錦村、持翁之行歴、來屬余碑文。余曰余之不文不足以不朽翁、辭之一再。錦村曰君與翁爲同門。亦翁遺嘱也。 敢請。余不復辭、乃爲之銘曰。

 貌朴言訥、爛漫天眞、雅量容物、淳風孰倫。君子人耶、君子人也。

 明治三十一年五月 大垣野村煥識 恵那丹羽金吾書

三宅樅台翁の碑銘

碑銘

 翁、諦は守観、字は海岳、復輔と称し後改めて左平と称す。三宅氏。樅台はその号なり。美濃の国稲葉郡加納町の人にして武儀郡上有知村、小坂宗十郎君の第三子なり。 安政二年六月、年三十九にして三宅左兵衛君常家に入螟(ニュウメイ:養子)し、よって其の氏を冒(おか)す。
 三宅氏は加納の旧族たり、九世の祖三宅孫六郎家重、厚見郡沓井に住む。慶長の初、徳川家康公、家重の言を用いて城を沓井に築き、改めて加納と称す。三宅氏の居、 適(たまたま)その地に当たる。乃ち徙(うつ)りて市街に住む。是に由りて地子(地代)及び助役を免る。子孫蝉聯(ゼンレン:連なり)としてその地を占むと云ふ。
 翁、幼にして学を好み、村瀬藤城に従いて業を受け、後、贅を幕府の儒員佐藤一斉に、津藩の文学(学官)斎藤拙堂に執る(入門する)。明治の初め、本藩出仕に補せられ文学教授となる。 藩主永井公しばしば召して国事を諮詢(シジュン:はかる)す。
 六年十月、教授心得を以て遷喬(栄転)、義校の教授となる。七年職を辞し、入年官に請うて樅台私塾を開き帷下(開塾)して教授す。初め翁の来りて三宅氏を嗣ぐや、 授業(弟子)の生徒を携へ来り教ふ。是に至って遠近の子弟来り学ぶ者滋(ますます)多し。
 翁、人に教ふるや諄諄として倦まず、其の講説は訓詁に泥(なず)まず、大義を指授し、人をして思はせ自得せしむ。翁、人となり、朴実にして寡言、世におけるや淡然として求むる所なし。 飲食衣服の如きは家人の供する所に一任し、或いは珍膳案に満つるも、食ふ所は一菜一羹(あつもの)に過ぎざるが、けだし強いて之を食せざるには非ず、終に食はんとして之を忘るる者の如し。 家居無事なれば一室に兀坐(コツザ:正座)し、心を潜めて耽読す。客の傍に在るあるもかつて之を知らず、之を久しうして始めて之を覚り、驚き起ちて礼を為し、談笑歓を尽くす。 祁寒(キカン:激しい寒さ)暑雨といへども終日徹宵研精して休まず。かつて冬夜書を読むに、霜気膚に透り、擁する所の手爐(火鉢)の火燼(おき)、灰冷するもまた之を覚えず、 厨碑の起きて井を汲むを聞きて始めて天明を知る。冬中此の如き者しばしばなり。其の刻苦や、知るべきなり。平居書を読むや、随って読み随って抄す(抜書きした)。手抄する所は数十帙、 大日本史・日本外史等、皆親しく謄写するところなり。
 明治29年7月7日、病に罹り没す、享年八十一。加納町欣浄寺の先塋に葬る。
 配(妻)は三宅氏、四男四女を挙ぐ。長は太郎吉といひ家を承く。次は歌之助と日ひ別に家を為す。次は福三郎と曰ひ兄を輔けて家政を整理す。次は巴と曰ひまた別居す。 長女は羽島郡正木村野口嘉左衛門に適(ゆ)き、二女は夭(折)す。三女は大垣町小山常次郎に適く、四女は加茂郡今村村上青尚に適く。
 翁は学、和漢を該(か)ね、又刑律を研覃(ふかく研究)し、余暇には詩賦を好み、最も古詩に長ず。晩年貝葉(貝多羅葉の略、経文)を播き、頗る得る所有るが如し。又好んで山水の遊をなし、 花晨月夕ごとに門人四五輩を擁して逍遥行遊、以て楽しみとなす。著す所、山陽詩抄集解、樅台詩抄有り。今茲(ことし)門人丸尾錦村、翁の行歴を持ち、来りて余に碑文を属す。 余曰く、余の不文は以て翁を不朽ならしむるに足らずと、之を辞すること一再なり。錦村曰く、君と翁とは同門たり、また翁の遺嘱なり、敢へて請ふと。余また辞すること能はず、 乃ち之が銘を為(つく)る。

 貌は朴、言は訥、爛漫、天真、雅量、物を容る、淳風たれか倫(たぐひ)せん。君子人か、君子人なり。

 明治31年5月 大垣の野村煥識す 恵那の丹羽金吾書す

(岐阜市加納西丸町加納小学校内

『碑文をたずねて 一 岐阜県下碑文漢文の部』(1994岐阜県歴史資料館刊行)に拠った。


落款

三宅樅臺

 名は守観、字は海岳、復輔と称し、後左平と改む。樅臺はその号、本姓は小坂氏、武儀郡上有知村小坂宗十郎(名は實信、北嵩と号す。嘉永五年没す。年七十七。 詩文集若干あり。)の第三子なり。文化十三年を以て生る。文政二年六月、年三十九、三宅樅園(佐兵衛守常)の家に入螟し、因て其氏を冒す。三宅氏は加納の旧族たり。 九世の祖、孫六郎家重、厚見郡沓井に住す。慶長の初め徳川家康、家重の言を用ひ、城を沓井に築き加納と改称す。三宅氏の居適々その地に当る。乃ち市街に移住す。 由て地子及び助役を免れ、子孫蝉聯その地を占むと云ふ。養父樅園その父牛洞並に文学あり。
 樅臺幼にして学を好み、村瀬藤城に従つて業を受く。天保十年東遊し、幕府の儒員佐藤一齋に贄を執り、後また津藩の文学齋藤拙堂及び宮原節庵に師事し、郷に帰りて私塾春曦塾を開き徒に授く。 安政二年三宅氏を嗣ぐや、授業生徒を携へ来りて教授す。明治の初め加納藩に出仕し、文学教授となる。藩主永井侯屡々召して国事を諮詢す。六年十月遷喬義校教授となる。七年職を辞す。 八年官に請うて樅臺私塾を開き、帷を下して教授す。遠近子弟来り学ぶ者多し。其の人を誨ふる諄々倦まず、其の講説訓詁に泥まず、大義を指授し、人をして思うて自得せしむ。
 樅臺人と爲り朴実寡言、澹然世に求むる所なし。飲食衣服の如き、家人の供する所に一任す。或は珍膳案に盈つるも、食ふ所一菜一羹に過ぎず。家居無事一室に兀座し、潜心耽読、 客の傍に在るあるも曾て之を知らず。久しうして始めて之を覚り、驚起礼を作し、談笑歓を尽す。祁寒暑雨と雖も、終日徹宵研精休まず。甞て冬夜書を読む。霜気膚に透り、 擁する所の手爐火燼するも之を覚らず。厨碑起て井を汲むを聞き、始めて天明を知る。此の如きもの度々なり。其刻苦知るべし。平居書を読むや、読むに随つて抄す。手抄する所数十帙、 大日本史、日本外史等皆親ら謄写する所たり。明治二十九年七月七日歿す。享年八十一。加納欣淨寺に葬る。配三宅氏、四男四女を挙ぐ。長子太郎吉、家を継ぐ。
 樅臺学経史に淵源し、博く百家に渉り、又刑律を研覈し、余暇詩賦を好み、最も古詩に長ず。共の詩胸臆を直抒し虚飾を事とせず、咀嚼味あり、篇々皆樅臺其の人の如し。 晩年貝葉を繙き、頗る得る所あり。又好んで山水の遊をなし、花晨月夕、門人四五輩を携へ、徜徉行遊以て楽となす。著す所山陽詩抄集解・樅臺詩鈔あり。 丸尾錦村、森桂園等其の門に出づ。

伊藤信著『濃飛文教史』(1936博文堂書店[岐阜市]刊行) 342-344pより。


Back

Top