Back2004.04.12up / 2010.10.22update
【江戸後期詩人たちの周辺】

『酔古堂剣掃』(すいこどうけんそう)

嘉永6年 1853年和刻本



 明末の読書人、陸紹[王行](りくしょうこう、字は湘客)によるアフォリズムのアンソロジー。書名の由来は“酔古堂(号)の著した、鬱情を剣掃する書” の謂。政権交代期の世相に背を向けた隠遁文学者たちの手によって、明末から清初の時代にかけてアフォリズム文学が流行したが、それらを中心に編まれたアン ソロジー である本書もまた、採録にあたっては当時の所謂“山人小品文学”の理念であったところの、文人の節操や処世、また自然礼賛の色濃い箴言警句をもって選ばれ てゐる。
 アフォリズム文学はしかし以後本国では流伝されず、却って本邦において文人の教養書として珍重されるに至った。該書 は京都の儒者池内陶所と頼山陽の季子三樹三郎が翻刻して以来、幕末から明 治にかけて盛行したものであり、写真もそのおびただしい後刷の一種で ある。著者の心情を当年の政治状況に重ね合はせて含むところある賛意を寄せてやまぬ、出版企画人である池内陶所の序文および鴨克O樹三郎の跋文を茲に紹介 する。安政の大獄に遭ふ以前の、得意の絶頂期にあった彼らの意気をみたい。

    

左:合冊明治刷  右:二分冊嘉永版(ほかに四分冊ものがあり初刷りに近いか)


序文:池内陶所









【原文】

刻酔古堂劍掃叙
書可以益人神智。劍可以壮人心膽。
是古人所以書劍併稱。而有文事者。
必有武略也。但世上之奇書。多出於
西土。而刀劍則 我邦獨冠絶於宇
宙。不啻紫電白虹。剸[尸+羊]断蛟也。余夙
有刀劍之癖。坐一室。左劍右書。竊
以比南面百城之楽焉。毎當其抑鬱
無聊之時。輙發匣払拭而翫之。視其
星動龍飛。光彩陸離。廼大聲叫快。妻
兒婢僕皆騒然以爲狂。不知余之精
神煥發。靈慧開豁。一掃面上三斗俗
塵也。古人以謂撿書焼燭短。看劍引
杯長。讀書倦時須看劍。英發之氣不
磨者。皆可謂先獲吾志矣。然今此樂
也。余之所獨。而世人之所不同。若夫
讀書之中。[實]看劍之趣者。其惟酔古
堂劍掃兮。其命名已奇。而分門更奇。
蓋裒古人名言快語。以成[帙]。字字簡
澹。句句詠雋妙。可以煥發精神。可以開
豁靈慧。亦猶看劍而星動龍飛。光彩
陸離。其快意可勝言哉。往年偶獲謄
本。
刻 之以當一部説 劍。然魯魚頗
多。因循未果。頃者借崇蘭館所蔵原
本。校訂而開雕之。嗟呼。讀此者。磨其
英發之氣。以一掃面上三斗俗塵。而
神智自可益。心膽自可壮矣。則以斯
書爲我宗近正宗之利劍。亦豈不可
哉。是爲序。
嘉永壬子蒲月陶所池内奉時題
於容安書屋
           三井高敏隷

【訳】解読中

「酔古堂剣掃」を刻すの叙
書は以て人の神智を益すべし。剣は以て人の心膽を壮にすべし。
是れ古人の書剣を併称する所以にして、而して文事ある者は必ず武略ある也。
但し世上の奇書、多くは西土に出づ。而して刀剣は則ち、我が邦ひとり宇宙に冠絶せり。
ただに紫電・白虹のみならず、[尸+羊]を切り蛟を
断つ也。
余、夙に刀剣の癖あり。一室に坐して、左に劍、右に書、竊かに以て南面百城※(天子富豪)の楽に比す。
其れ抑鬱無聊の時に当る毎に、輙ち匣を発(ひら)き払拭してこれを翫す。
其の星動龍飛、光彩陸離を視れば、すなはち大声叫快し、妻児婢僕は皆な騒然として以て狂となす。
余の精神が煥発し、霊 慧は開豁にして、面上三斗の俗塵の一掃せらるるを知らざる也。
古人のいはゆる「書を
検して燭を焼くこと短し。剣を看て引杯長し。」※杜甫「夜宴左氏庄」
読書倦む時は須く剣を看るべし。英発の気を磨せざるは、皆な
先づ吾が志を獲ると謂ふべし。然らば今の此の楽しみ也。
余の之(ゆ)く所は
独り。世の人の之く所と同じくせず。
(も)し夫れ読書の中に、実に剣の趣を看る者は、
其れ(た)酔古堂剣掃なり。
其の命名すでに奇。而して門を分って更に奇なり。
蓋し古人の名言快語を裒(あつ)め、以て帙と成す。字字は簡澹。句句は雋(俊)妙。以て精 神を煥發すべく、以て靈慧を開豁すべし。
また猶ほ剣を看るごときにして星動龍飛、光彩陸離。其の快意、言ふに勝ふべけんや。
往年たまたま謄本を獲る。
これを刻せんと欲すれば以て一部を当てて剣を説く。然るに魯魚(誤字)頗る多く、因循未だ果さず。
ちかごろ崇蘭館の所蔵する原本を借りて校訂、而してこれを開雕(出版)す。
嗟呼。此者を読み、その英発の気を磨し、以て面上三斗の俗塵を一掃せよ。
而して神智を自ら益すべし。心膽を自ら壮とすべし。
則ちこの書を以て、我が宗近・正宗の利剣と為す。また豈に不可ならんや。是を序と為す。
 嘉永
壬子(五年)蒲 月(五月) 陶所池内、容安書屋に於いて時題を奉る。三井高敏、隷(書)す


本 文リンク(国会図書館近代デジタルライブラリー) 解説リンク(『醉 古堂劍掃』と文人)

跋文:頼鴨




【原文】

後叙
天下廣矣 未嘗無才子焉 而
才子者往々懐不平之氣於
是乎 放浪烟月流連麹蘗
珠以畫欄 嬌歌慢舞 以取
一 時樂 則樂矣 然興
酒醒則意況索然 無聊殊甚
向所以快意排悶者逼足以
長其不平耳 匡坐一 室 上下
千古 明目快心 以 蕩滌胸中之抑
塞者其唯讀書乎 而其書 成
於不平者 其感人爲尤深也 予
頃得明陸湘客劒掃者 讀之
蓋湘客亦一不平才子也 當著
以排其鬱悶 自序云 甲子
秋落魄 京邸乃出所 手録刻曰
劒掃甲子即天啓四年魏[玉+當]
横恣擧朝婦人之秋也則湘
客之寫不平於此書可知也 此書
輯古人名言語 外部奇
警剪裁雅潔 人一繙帙不能
釈手自 賛所謂 快讀一過恍
覺百年幻泡  世事棋 秤 向
來傀儡 一時倶化者信也矣 嗚乎
湘客不平之人 而爲快適之書
又使後世不平人讀之 快意不此
何也 子長曰 古來著出大抵聖賢
君子發憤之所爲  蓋非不平人無
知不平之情 自解 解人皆得其要
足 怪也 余曰与池内士辰謀
梓以行世今也 天下才子幸際
太平極治之運 而讀此快意之
書唯應覺其有瑞雲祥烟往
來紙上耳
嘉永六年癸丑春日頼醇撰并書于眞塾

後叙
天下は廣きかな、いまだ嘗て才子の無きことはあらざる。
而して才子は往々不平の気を是に懐くか。
放浪烟月、連 麹蘗(きくげつ:酒の謂)、珠に画 の欄を以て嬌歌慢舞、以って一時の楽に於いて快 を取るも則ち楽かな。
然れども興尽き、酒醒めれば則ち意況は索然。無聊、殊さらに甚だしく、向ふ所快意を以っ て 排悶(気晴らし)せん者も逼足し、以って其の不平を長ずるのみ
一室に匡坐(正坐)して上下千古 目を明るく 心を快く 以 て胸中の抑塞を蕩滌(洗い流す)するはそれただ読書にあらんか。
而して其の書、不平により成る ものなれば、其れ人為に感ずること尤も深き也。
予、頃(このご)ろ明の陸湘客の『剣掃』なるものを得る。これを読むに、蓋し湘客また一の不平才子也。まさに其の鬱悶を排せんこと を以って此のを著し出 すべし(出したのだらう)
自序に云ふ、甲子の秋、京邸に落魄し乃ち手録 するところを出して刻して『剣掃』と曰く、甲子即ち天啓四年(1624)、魏[玉+當](宦官魏忠賢の謂)横 恣(ほしいまま)にして、挙朝(国中みな)婦 人(の様に意気地無き)たりし秋也。
則ち湘客の此書において不平を[寫]すを知るべき也。
此書に輯めたる古人の名言砕語は、部を外れ、奇警は雅潔を剪裁す。
人一たび帙を繙けば手を釈くあたはず、自ら賛して謂ふところ、“快読一過すれば、恍として百 年も幻泡のごとく、世事も棋秤(囲碁あそび)のごとく、向來の傀儡(わだかまり)、 一時に倶に化するを覺ゆ”とは信(まこと)なり。
嗚乎、湘客は不平の人にして、快適の書を為す。また後世の不平の人をして之を読ましむ。
快意此れにあら ずんば何ぞや。
子長(子張:後藤松陰)曰く、古来のを 著はすは大抵聖賢君子が発憤の為す所なり。
蓋し不平の人に非ざれば不平の情の自ら解くことを知らず。
人皆その要を得るも、固より不足を怪 しむ也。
余、池内士辰(陶所)と謀って曰く、梓して以って世に行は んは今也と。
天下の才子、幸ひに太平極治の運に際す。
而ら ば此の快意の書を読み、ただ應に其れ瑞雲祥烟の紙上に往來するのみを覚ゆるべし。
嘉永六年癸丑(1853)春日、頼醇(三樹三 郎) 真塾にて撰并びに書す。
 



Back

Top