Back (2006.03.15up / 2012.09.24update)

大沼沈山(1818文化15年 〜 1891明治24年)


枕山詩鈔  枕山詩鈔

『枕山詩鈔』

(ちんざん ししょう)

大沼枕山 著

熈々堂 私家版 ,嘉永二年(1849)刊 32丁 ; 26.2×18.2cm

後年刊本との異同のある初版を掲げます。

p2

p3

p4

p5

p6

p7

p8

p9

p10

p11

p12

p13

p14

p15

p16

p17

p18

p19

p20

p21

p22

p23

p24

p25

p26

p27

p28

p29

p30

p31

p32

p33

p34

p35

p36


大沼沈山 掛軸 その一

掛軸

歸雲獨鳥両悠々
栗里風烟勝石頭
不比宋家皇祚短
東籬老菊自千秋

淵明像 枕山厚

帰雲、独鳥、ふたつながら悠々
栗里の風烟、石頭に勝る 
比せず、宋家の皇祚の短きに、
東籬の老菊、自ずから千秋

栗里:陶淵明の故郷
宋家:淵明が忠節を誓った晋王朝
帰雲、倦鳥、東籬の菊:淵明の詩をふまへる。

印譜  印譜


大沼沈山 掛軸 そのニ

掛軸

一竿紅日映簷高
朝酔題詩意氣豪
幾滴井華涵硯紫
羊年恰好誠羊毫

癸未元旦 沈山叟

一竿の紅日、簷に映じて高し。
朝酔ひて詩を題す、意氣は豪なり。
幾ばくか井華を滴らし、硯紫に涵すは
ひつじの年、恰かも好し、誠の羊毫なり。

癸未元旦 沈山の叟(おきな)

一竿風月(塵外に遊ぶ謂)
井華(朝一番に汲んだ井戸水)
羊毫(羊毛の筆)
癸未(みずのとひつじ=明治16年)

印譜 印譜


大沼沈山 掛軸 その三

掛軸

君不見南極老人持大寶  君見ずや、南極老人大宝を持するを
表福禄寿示衆人        福禄寿表(あらは)れ、衆人に示せば
衆人欲得馳仍走          衆人得んと欲して馳せ、しきりに走る
誰知至寶存其身          誰れか知らん、至宝はその身に存するを
福禄寿即儉勤靜          福禄寿は即ち「倹・勤・静」
只此三字天休臻          只だ此の三字、天休(天からの恩給)に臻(いた)り
從心能致大饒富          従心(七十歳)にして能く大饒富(ゆたかなとみ)を致す
如意之珠放光新          如意の珠、光を放ちて新たならん

     大寶珠歌 枕山僊史

『枕山詩鈔三編』巻之上 (己未 安政四年)一丁に所載。

印譜 印譜


Back

Top