Back Top(2006.01.11up/2016.12.23update

美濃地方漢詩文学年表

西暦 年号 干支 刊行 刊行(美濃) 生年 生年(美濃) 没年 没年(美濃) 記事
1600 慶長5 庚子 - - - - - - -
1601 慶長6 辛丑 - - - - - - -
1602 慶長7 壬寅 - - - - - - -
1603 慶長8 癸卯 - - - - - - -
1604 慶長9 甲辰 - - - - - - -
1605 慶長10 乙巳 - - - - - - -
1606 慶長11 丙午 - - - - - - -
1607 慶長12 丁未 - - - - - - -
1608 慶長13 戊申 - - 中江藤樹 - - - -
1609 慶長14 己酉 - - - - - - -
1610 慶長15 庚戌 - - - - - - -
1611 慶長16 辛亥 - - - - - - -
1612 慶長17 壬子 - - - - - - -
1613 慶長18 癸丑 - - - - - - -
1614 慶長19 甲寅 - - - - - - -
1615 元和1 乙卯 - - - - - - -
1616 元和2 丙辰 - - - - - - -
1617 元和3 丁巳 - - - - - - -
1618 元和4 戊午 - - 山崎闇斎 - - - -
1619 元和5 己未 - - 熊沢蕃山 - 藤原惺窩59 - -
1620 元和6 庚申 - - - - - - -
1621 元和7 辛酉 - - 木下順庵 - - - -
1622 元和8 壬戌 - - - - - - -
1623 元和9 癸亥 - - 元政 - - - -
1624 寛永1 甲子 - - 北村季吟 - - - -
1625 寛永2 乙丑 - - - - - - -
1626 寛永3 丙寅 - - - 1/?師蠻卍元 - - -
1627 寛永4 丁卯 林羅山編『惺窩文集』 - 伊藤仁斎 - - - -
1628 寛永5 戊辰 - - - - - - -
1629 寛永6 己巳 - - - - - - -
1630 寛永7 庚午 - - 貝原益軒 - - - -
1631 寛永8 辛未 - - - - - - -
1632 寛永9 壬申 - - - - - - 林羅山、孔廟を建てる。
1633 寛永10 癸酉 - - - - - - -
1634 寛永11 甲戌 - - - - - - -
1635 寛永12 乙亥 - - - ?/?長沼澹齋 - - 戸田氏大 垣へ移封(10万石)
1636 寛永13 丙子 - - - - - - -
1637 寛永14 丁丑 - - - - - - -
1638 寛永15 戊寅 - - - - - - -
1639 寛永16 己卯 - - - - - - 松平氏加納へ移封(7万石)
1640 寛永17 庚辰 - - 契沖 - - - -
1641 寛永18 辛巳 中江藤樹『翁問答』 - - - - - -
1642 寛永19 壬午 - - - - - - -
1643 寛永20 癸未 - - - - - - -
1644 正保1 甲申 - - (松尾芭蕉) - - - -
1645 正保2 乙酉 - - - - 沢庵73 - -
1646 正保3 丙戌 - - - - - - 長沼澹齋12、加納公近習となる
1647 正保4 丁亥 - - - - - - -
1648 慶安1 戊子 - - - - 中江藤樹41
那波活所54
- -
1649 慶安2 己丑 - - - - 木下長嘯子81 - -
1650 慶安3 庚寅 - - - - - - -
1651 慶安4 辛卯 - - - - - - -
1652 承応1 壬辰 - - 浅見絅斎 - - - -
1653 承応2 癸巳 - - - - - - -
1654 承応3 甲午 - - - - - - -
1655 明暦1 乙未 - - - - - - -
1656 明暦2 丙申 - - - - - - -
1657 明暦3 丁酉 - - 新井白石 - 林羅山75 - -
1658 万治1 戊戌 - - 室鳩巣 - - - -
1659 万治2 己亥 - - - - - - 朱舜水帰化
1660 万治3 庚子 - - - - - - -
1661 寛文1 辛丑 - - - - - 9/?愚堂東寔85 -
1662 寛文2 壬寅 - - - - - - -
1663 寛文3 癸卯 - - - - - - -
1664 寛文4 甲辰 - - - - - - -
1665 寛文5 乙巳 林鵞峰『本朝一人一首』 - - - ?/?佐藤周軒 - -
1666 寛文6 丙午 - - 荻生徂徠 - - - 多湖赤水、加納藩に仕ふ
1667 寛文7 丁未 - - - - - - -
1668 寛文8 戊申 貝原益軒『近思録備考』 - - - 元政46 - -
1669 寛文9 己酉 野間三竹『本朝詩英』 - - - - - -
1670 寛文10 庚戌 - - 伊藤東涯 - - - -
1671 寛文11 辛亥 石川丈山『覆醤集』 - - - - - -
1672 寛文12 壬子 - - - ?/?梁田蛻巌 石川丈山90 - -
1673 延宝1 癸丑 - - - - - - -
1674 延宝2 甲寅 釈元政『艸山集』 - - - - - -
1675 延宝3 乙卯 藤醒梅『東海紀行』 - - - - - -
1676 延宝4 丙辰 熊沢蕃山『集義和書』2版
石川丈山『新編覆醤集』
- - - - - -
1677 延宝5 丁巳 - - - ?/?多湖岐陽 - - -
1678 延宝6 戊午 - - - - - - -
1679 延宝7 己未 - - (若林強齋) - - - -
1680 延宝8 庚申 - - 太宰春臺 - - - -
1681 天和1 辛酉 - - - - - - -
1682 天和2 壬戌 - - - - 山崎闇斎65 - -
1683 天和3 癸亥 - - 服部南郭 安藤東野 - - - -
1684 貞享1 甲子 - - - - - - -
1685 貞享2 乙丑 - - (白隠) - - - -
1686 貞享3 丙寅 - - - - - - -
1687 貞享4 丁卯 - - - - - - -
1688 元禄1 戊辰 - - 平野金華 - - - -
1689 元禄2 己巳 - - - - - - -
1690 元禄3 庚午 - - - - - 12/?長沼澹齋56 聖堂、湯 島へ移る
1691 元禄4 辛未 - - - - 熊沢蕃山73 - -
1692 元禄5 壬申 - - - - - - -
1693 元禄6 癸酉 - - - ?/?守屋峨眉 - - -
1694 元禄7 甲戌 - - - - (松尾芭蕉51) - -
1695 元禄8 乙亥 - - - - - - -
1696 元禄9 丙子 - - - ?/?喜多村抱節 - - -
1697 元禄10 丁丑 - - 賀茂真淵 - - - 梁田蛻巌26加納藩文学顧問(〜1706)
1698 元禄11 戊寅 - - 青木昆陽 宇野明霞 - 木下順庵78 - -
1699 元禄12 己卯 - - - ?/?関祖洲 9/3大石桂林 - - -
1700 元禄13 庚辰 - - - - 徳川光圀73 - -
1701 元禄14 辛巳 - - - - - - -
1702 元禄15 壬午 古野元軌『扶桑千家詩』 - 秋山玉山 - - - 松平氏岩村へ移封
1703 元禄16 癸未 - - 安藤昌益? - - - -
1704 宝永1 甲申 林義端『扶桑名賢詩集』 - 柳沢淇園 高野蘭亭 - - - -
1705 宝永2 乙酉 - - - 6/?妙龍諦忍 伊藤仁斎79 - -
1706 宝永3 丙戌 荻生徂徠『峽中紀行』 - - - - - 安藤奎州、大垣藩に仕ふ
1707 宝永4 丁亥 - - - - - - -
1708 宝永5 戊子 - - 石島筑波 - - - -
1709 宝永6 己丑 - - - ?/?中西淡淵 - - -
1710 宝永7 庚寅 - - 鵜殿士寧 - - 2/12師蠻卍元80 -
1711 正徳1 辛卯 - - - - 浅見絅斎60 - -
1712 正徳2 壬辰 白石『白石詩草』 - - ?/?福島松江 - - -
1713 正徳3 癸巳 益軒『養生訓』 - 江村北海 ?/?金龍敬雄 - 2/?多湖岐陽37 -
1714 正徳4 甲午 - - 龍草廬 - 貝原益軒85 - -
1715 正徳5 乙未 白石『白石先生餘稿』 - - - - - -
1716 享保1 丙申 - - (与謝蕪村) ?/?武田梅龍 ?/?秦峨眉 - - -
1717 享保2 丁酉 伊東仁斎『古学先生詩集』 - - ?/?伊藤冠峰 - 9/?篠田守義? -
1718 享保3 戊戌 - - - - - - -
1719 享保4 己亥 - - 清田[タン]叟 大典顕常 - 安藤東野37 - 梁田蛻巌48明石藩に仕ふ
1720 享保5 庚子 - - - 5/19山田鼎石 - - -
1721 享保6 辛丑 - - - - - - -
1722 享保7 壬寅 - - - ?/?櫟原[セッ]齋 - - -
1723 享保8 癸卯 - - 三浦梅園 片山北海 - (若林強齋45) - -
1724 享保9 甲辰 - - 六如 - - 12/21喜多村抱節29 守屋峨眉、大垣藩に仕ふ
1725 享保10 乙巳 - - 松崎観海 - 新井白石69 - -
1726 享保11 丙午 - - - - - - -
1727 享保12 丁未 服部南郭『南郭先生文集』 - 南宮大湫 - - - -
1728 享保13 戊申 平野金華『金華稿刪』 - 細井平洲 - 荻生徂徠63 - -
1729 享保14 己酉 - - - - - - -
1730 享保15 庚戌 - - 本居宣長 中井竹山 - - - -
1731 享保16 辛亥 - - - - - - -
1732 享保17 壬子 室鳩巣『駿臺雑話』
本田猗蘭『猗蘭台集』
- 中井履軒 7/?守屋東陽 平野金華44 - -
1733 享保18 癸丑 - - 伴蒿蹊 ?/?土岐霞亭 - 8/?廣木忠信?? -
1734 享保19 甲寅 - - 皆川淇園 - 室鳩巣77 - -
1735 享保20 乙卯 青木昆陽『蕃藷考』 - 西山成斎 ?/?佐藤文永 - - -
1736 元文1 丙辰 - - 木村蒹葭堂 柴野栗山 - 伊藤東涯67 - -
1737 元文2 丁巳 - - 7/7岡田新川 - - - -
1738 元文3 戊午 - - - ?/?須藤水晶 - - -
1739 元文4 己未 - - - - - - -
1740 元文5 庚申 徂徠『徂徠集』 - - - - - -
1741 寛保1 辛酉 - - - - - 7/17佐藤周軒77 -
1742 寛保2 壬戌 梁田蛻巌『蛻巌集』 - - ?/?西村子麟 - - -
1743 寛保3 癸亥 - - 亀井南冥 ?/?矢橋赤山 - - -
1744 延享1 甲子 - - - - - - -
1745 延享2 乙丑 - - - - 宇野明霞46 - -
1746 延享3 丙寅 梁田蛻巌『蛻巌集』後編 - 塙保己一 頼春 水 村瀬栲亭 尾藤二洲 道光 - - - 佐藤文永14岩村侯侍御となる
1747 延享4 丁卯 - - 清田龍川 ?/?赤田臥牛 ?/?宮田嘯臺
江間蘭齋
?/?岡田寒泉 ?/?矢橋赤水
太宰春臺68 - -
1748 寛延1 戊辰 - - 菅茶山 - - - 福島松江、岩村藩に仕ふ
1749 寛延2 己巳 安藤東野『東野遺稿』 - 市川寛斎 太田南畝 - - - -
1750 寛延3 庚午 - - 古賀精里 ?/?川合春川 - - -
1751 宝暦1 辛未 - - - - 祇園南海76 - -
1752 宝暦2 壬申 - - 亀田鵬斎 山本北山 - - 7/15中西淡淵44 -
1753 宝暦3 癸酉 - - 頼春風 - - - -
1754 宝暦4 甲戌 秋山玉山『玉山先生詩集』
龍草廬『金蘭詩集』
- - 10/6左合龍山 - 3/25守屋峨眉62 木曽三 川工事 郡上一 揆
1755 宝暦5 乙亥 - - - - - - -
1756 宝暦6 丙子 - - 頼杏坪 日比野秋江 - 閏11/21福田太室50? -
1757 宝暦7 丁丑 - - - - 高野蘭亭53 7/?梁田蛻巌86 -
1758 宝暦8 戊寅 伊藤東涯『紹述先生詩集』
高野蘭亭『蘭亭先生詩集』
- 良寛 ?/?河合東皐 柳沢淇園55 石島筑波51 - -
1759 宝暦9 己卯 - - - 野田鳳川 服部南郭77 - 江村北海、郡上在(〜1763)
1760 宝暦10 庚辰 - - - - - - -
1761 宝暦11 辛巳 - - 猪飼敬所 秦滄浪 - - -
1762 宝暦12 壬午 - - 館柳湾 - 安藤昌益59 - -
1763 宝暦13 癸未 - - 柏木如亭 川内當當 秋山玉山61 - -
1764 明和1 甲申 - - 葛西因是 - - - -
1765 明和2 乙酉 - - 尾池桐陽 - - - -
1766 明和3 丙戌 - 金龍敬雄『雨新庵詩集』 - - - 0/16武田梅龍51 -
1767 明和4 丁亥 江村北海『北海先生詩鈔』初編 - 大窪詩佛 岡本花亭 ?/?岡田主鈴 - - -
1768 明和5 戊子 - - 林述齋 武元登々庵 - (白隠83) - -
1769 明和6 己丑 - - 菊池五山 - 青木昆陽71 - 金龍敬雄57美濃に来る。
守屋東陽38大垣藩侍講となる
1770 明和7 庚寅 石島筑波『?荷園文集』 - - - - - -
1771 明和8 辛卯 江村北海『日本詩史』 - 松崎慊堂 山梨稲川 ?/?野田新甫 - - 櫟原[セッ]齋、垂井に聖堂泗水庵。
1772 安永1 壬辰 玉山『玉山遺稿』 - - 10/佐藤一齋 - 8/22須 藤水晶35
6/10福島松江61
-
1773 安永2 癸巳 - - - ?/?合田恒齋 - 8/?関祖洲75  -
1774 安永3 甲午 江村北海『日本詩選 - - - 鵜殿士寧65 3/28大石桂林76 -
1775 安永4 乙未 江村北海『北海先生詩鈔』二編 水晶山人編『日本名家詩選』 狩谷[えき]斎 - 松崎観海50 - -
1776 安永5 丙申 中井竹山『詩律兆』 - (平田篤胤) - - - -
1777 安永6 丁酉 伊藤君嶺『日本詠物詩』
千葉芸閣『芸閣先生文集』
- - - - - -
1778 安永7 戊戌 梅園『帰山録』
藤本惟恭・寺尾子徳『大和風雅』
藪孤山『楽集』
- - ?/?林伯英 3/3南宮大湫51 - -
1779 安永8 己亥 岡崎廬門『麗沢詩集』 山田鼎石『鼎石詩集』 中島棕隠 - - 9/26左合龍山26 川合春川30紀州藩に仕ふ
1780 安永9 庚子 - - 頼山陽 北条霞亭 - - - -
1781 天明1 辛丑 - - 篠崎小竹 (?大橋襲石6?) - (大橋襲石(60)
(加島圓齋(50)
大原正 純飛騨郡代となる
1782 天明2 壬寅 北海『北海先生詩鈔』三編 川合春川『春川詩草』
須藤水晶『水晶山人遺稿』
伊藤冠峰『緑竹園詩集』
廣瀬 淡窓 - - 1/8金龍敬 雄70
4/14守屋東陽51
-
1783 天明3 癸卯 六如『六如庵詩鈔』
村瀬栲亭『栲亭初稿』
山本北山『作詩志[こう]』
鵜殿士寧『桃花園遺稿』
『濃北風雅』 - ?/?水野陸沈 (与謝蕪村67) - -
1784 天明4 甲辰 祇園南海『南海先生文集』 - - ?/?菱田穀齋 - - -
1785 天明5 乙巳 - - - 4/17栢淵蛙亭 清田[タン]叟67 9/17矢橋赤山42 -
1786 天明6 丙午 市川寛斎『寛斎摘草』 - - - - 6/10妙龍諦忍82 -
1787 天明7 丁未 - - 草場佩川 ?/?江馬細香 - 1/18伊藤冠峰71 -
1788 天明8 戊申 - - - ?/?柴山老山 江村北海76 - -
1789 寛政1 己酉 - - - 3/18梁川星巌
丹羽瀬格庵
三浦梅園66 - 異学の禁
1790 寛政2 庚戌 木下順庵『錦里文集』 - 安積艮斎 - 片山北海67 津野滄洲73 佐藤一齋19岩村藩近侍となる
1791 寛政3 辛亥 - - - ?/?村瀬藤城
?/?戸田睡翁
- 9/12秦峨眉76 -
1792 寛政4 壬子 皆川淇園『淇園詩集』
大典顕常『北禅詩草』
- - ?/?佐藤龍涯 日比野孔武
5/13村瀬立斎
龍草廬79 - -
1793 寛政5 癸丑 - - 大塩中斎
渡辺華山 梅癡
- - 3/12土岐霞亭
(梅龍の弟)61
-
1794 寛政6 甲寅 - - - 村瀬秋水 - - -
1795 寛政7 乙卯 - - - - - - 日比野秋江40高須藩に仕ふ
1796 寛政8 丙辰 - - 寺門静軒 ?/?神田柳溪 - 野田鳳川38
7/?林伯英19
-
1797 寛政9 丁巳 寛斎『寛斎百絶』
菊池五山『水東竹枝詞』
南海『一夜百首』
- 齋藤拙堂 1/8後藤松陰
川内老泉
- - -
1798 寛政10 戊午 - - 原采蘋 ?/?金森匏庵 西山成斎64 - -
1799 寛政11 己未 大窪詩佛『詩聖堂詩話』 - 安井息軒
藤森弘庵
菊池渓琴
?/?木村寛齋 3/24岡田新川63 森球玉?? -
1800 寛政12 庚申 - - - - - 1/12山田鼎石81
1/2櫟原[セッ]齋78
館柳湾38飛騨に来任
1801 享和1 辛酉 龍草廬『草廬集』初編 (林 伯英『伯英遺稿』) 大槻磐溪 ?/?牧百峰 (本居宣長72)
釈六如65
大典顕常82
細井平洲74
- -
1802 享和2 壬戌 大田錦城『錦城百律』 - - 長戸得齋
芳野金陵
(木村蒹葭堂67) - -
1803 享和3 癸亥 小田煥章『駿府詩選』 - - 11/28角田錦江 - - -
1804 文化1 甲子 - - - 3/15張紅蘭
?/?村瀬太乙
中井竹山75 (?林乾城?) -
1805 文化2 乙丑 - - - - - - 佐藤一齋34林家塾長となる
1806 文化3 丙寅 - - - - (伴蒿蹊74) - 星巌18 入洛
1807 文化4 丁卯 菊池五山『五山堂詩話』
栲亭『栲亭二稿』
大典顕常『北禅遺草』
北条霞亭『霞亭摘稿』
柴野栗山『栗山堂詩集』
- 藤井竹外
5/17廣瀬旭荘
木曽旭翁 柴野栗山72
皆川淇園74
- 星巌19江戸に遊ぶ
1808 文化5 戊巳 - - - - - - 柴山老山21江戸に遊ぶ
1809 文化6 己巳 詩佛『詩聖堂詩集』初編 - - 郷余齋 - - -
1810 文化7 庚午 霞亭『霞亭渉筆』 - 遠山雲如
村上佛山
- - 9/25川合春川75 星巌22江戸に再遊。
山陽31茶山塾に寓す。
1811 文化8 辛未 - - 佐久間象山
岡本黄石
原田文嶺 - 6/21西村子麟70 藤城21浪速に遊び
入洛した山陽32に就く。
1812 文化9 壬申 菅茶山『黄葉夕陽村舎詩』
霞亭『嵯峨樵歌』
(大橋襲石『襲石詩草』) 春日潜庵 1/田辺恕亭
7/5江馬金粟
森川謙山
宇野南村
山本北山61 - -
1813 文化10 癸酉 - - - - 尾藤二洲69 恩田尨O71 山陽34郡上来遊の途に細香と遇ふ
1814 文化11 甲戌 武元登々庵『行菴詩草』 - 小野(横山)湖山 1/1鴻雪爪
山田訥齋
亀井南冥72 二木長嘯60
久世友輔64
7/27佐藤文永80
細香28入洛
1815 文化12 乙亥 寛斎『寛斎百絶』
仁科白谷『三備詩選』
村瀬藤城『清百家絶句』
梁川星巌他『今四家絶句』
齋藤竹堂 - - 1/19矢橋赤水68 -
1816 文化13 丙子 藪孤山『孤山先生遺稿』
霞亭『薇山三観』
- - 三宅樅臺
稲葉五雲
曽我耐軒
頼春水71 - -
1817 文化14 丁丑 - - - 11/3小原鐵心
田辺風外
12/28土井聱牙
古賀精里68
中井履軒85
8/19岡田寒泉71 星巌29帰郷
1818 文政1 戊寅 柏木如亭『詩本草』
霞亭『帰省詩嚢』
村瀬藤城『宋詩合璧』初版 3/19大沼沈山
松浦武四郎
溪毛芥 村瀬栲亭75
武元登々庵52
7/4合田恒齋46 星巌30藤城28ら白鷗社結成
1819 文政2 己卯 古賀精里『精里集抄』
(『群書類従』)
- - 4/2森春濤 柏木如亭57 8/12福田少室78? -
1820 文政3 庚辰 如亭『如亭山人遺稿』
『海内才子詩』
『知道詩篇 初篇』 - ?/?鳥居研山 市川寛斎72 後藤藍川61
浦上梅亭59
星巌32紅蘭17と結婚。
暾桑、郡上招聘
1821 文政4 辛巳 寛斎『寛斎先生遺稿』
松浦静山『甲子夜話』
山梨稲川『稲川詩草』初編
館 柳湾『柳湾漁唱』
菅原拙脩『三野風雅』
澤井樵歌『二節詩歌擷英』
- 杉山千和
?/?菱田恪齋
(塙保己一76) - -
1822 文政5 壬午 亀田鵬斎『鵬斎先生詩鈔』
霞亭『重訂小学纂註』
- 山中信天翁 - - 杉岡暾桑??
7.22赤田臥牛76
星巌34夫妻西遊
1823 文政6 癸未 菅茶山『黄葉夕陽村舎詩』後編
鵬斎『善身堂一家言』
- - 1/27神谷簡齋 北条霞亭44
太田南畝75
川内老泉27 -
1824 文政7 甲申 - 杉岡暾桑『蘘荷溪詩集』 鈴木松塘 ?/?神山鳳陽 - 9/25川合春川75 -
1825 文政8 乙酉 中島棕隠『棕隠軒集』初集 - - 5/26頼三樹三郎 頼春風72
太田錦城61
日比野秋江70 藤城35白山登山
1826 文政9 丙戌 棕隠『鴨東四時雑詠』
栲亭『栲亭三稿』
釈日謙『聽松庵詩鈔』
遠山雲如『寰内奇詠』
堀田華陽編『聖代春唱』 - 曽我祐申
7/5江馬金粟
亀田鵬斎75
山梨稲川55
- 星巌38西遊より帰還
1827 文政10 丁亥 頼春水『春水遺稿』 赤田臥牛『臥牛集』 - 1/?野村藤陰
1/17雲谷任齋
棚橋松村
?/?村瀬雪峡
菅茶山80
大沼竹溪
- 星巌39 入洛
1828 文政11 戊子 詩佛『詩聖堂詩集』二編
菅茶山『菅茶山花月吟』
頼春水『春水遺稿』
- - 井上果齋
河原湟南
渡邊芝瑞
- - -
1829 文政12 己丑 加藤淵『文政十七家絶句』
佐藤一齋『愛日楼詩』
梁川星巌『西征詩』 - 入山謙受 道光83 - 星巌41一時(2〜9月)帰郷
1830 天保1 庚寅 頼山陽『日本楽府』 - 吉田松陰 神田孝平 - - -
1831 天保2 辛卯 安積艮斎『艮斎文略』
館 柳湾『林園月令』
- - 林犀江 良寛74 秦滄浪71 -
1832 天保3 壬辰 菅茶山『黄葉夕陽村舎詩遺稿』
頼山陽『日本政記』
- - 3/?戸倉竹圃
高木竹軒
頼 山陽53 - 星巌44江戸へ。
天保の大飢饉
1833 天保4 癸巳 頼 山陽『山陽詩鈔』
大塩中斎『洗心堂箚記』
頼杏坪『春草堂詩鈔』
- - - - - 星巌45玉池吟社開く
1834 天保5 甲午 尾池桐陽『桐陽詩鈔』 - 福沢諭吉 小林崋山
4/17棚橋天籟
頼杏坪78
尾池桐陽69
2/13宮田嘯臺88
2/2野田新甫64
-
1835 天保6 乙未 寺門静軒『江戸繁盛記』
仁科白谷『十九友詩』
- - - 狩谷[えき]斎61 7/25栢淵蛙亭51 -
1836 天保7 丙申 菊池渓琴『渓琴山房詩』
頼 山陽『日本外史』?
- 12/19富岡鉄斎 6/14菱田海鷗 - - -
1837 天保8 丁酉 仁科白谷『芙蓉百律』
垣内溪琴『溪琴山房詩』
広瀬淡窓『遠思楼詩鈔』初編
- 成島柳北 加島七舟 大塩中斎45
大窪詩佛71
- -
1838 天保9 戊戌 詩佛『詩聖堂詩集三編』
大沼沈山『房山集』
三上九如『天保三十六家絶句』
- - - - 江間蘭齋93 -
1839 天保10 己亥 棕隠『金帚集』
仁科白谷編『嵐山風雅集』
『紅蘭小集』
長戸得齋『北道游簿』
- 野川湘東
高木竹軒
- - -
1840 天保11 庚子 大沼沈山『枕山詠物詩』 - - - - - -
1841 天保12 辛丑 尾池松湾『梅隠詩稿』
矢上行他『宜園百家詩』
頼春風『春風館詩鈔』
梁川星巌『星巌集甲乙』 - - 渡辺華山49
林述齋74
- 佐藤一齋岩村に来訪
1842 天保13 壬寅 - - - - - - -
1843 天保14 癸卯 鈴木松塘『松塘小稿』 - - - 平田篤胤68) 郷東岡82
5/30岡田主鈴77
6/21河合東皐85
8/4木村寛齋45
-
1844 弘化1 甲辰 鷹羽雲淙『蓑唱菴存稿』
頼山陽『山陽遺稿』
- - - 館柳湾83
松崎慊堂74
- 村瀬太乙犬山藩儒となる
1845 弘化2 乙巳 遠山雲如・竹内雲濤『玉池吟社詩』
藤井竹外『竹外亭百絶』
- - - 猪飼敬所85 - 星巌57 玉池吟社閉じ帰郷
1846 弘化3 丙午 - - - - - 3/?菱田恪齋26 星巌58 入洛
1847 弘化4 丁未 - - - 石井梧岡 - - -
1848 嘉永1 戊申 『嘉永廿五家絶句』
横山湖山『湖山樓詩屏風』
長谷川昆溪『名家詩録』
広瀬旭荘『梅詩鈔』
大槻磐溪『寧静閣集』
- - - - - -
1849 嘉永2 己酉 北尾墨香編刊『摂西六家詩鈔』
『摂東七家詩鈔』
垣内溪琴『溪琴山人第三集』
大沼沈山『枕山詩鈔』
遠山雲如『雲如山人集』
村瀬藤城『宋詩合璧』再版 - - - - -
1850 嘉永3 庚戌 雲如『墨水四時雑詠』
羽倉簡堂『従吾所好』
横山湖山『湖山樓詩鈔』
- - ?/?高橋倭南 9/23岡本花亭84 - -
1851 嘉永4 辛亥 齋藤拙堂『月瀬紀勝』
鈴木松塘『松塘詩鈔』
- - 戸田葆堂 篠崎小竹71 4/11神田柳溪56
11/12鳥居研山32
11/18村瀬立齋60
-
1852 嘉永5 壬子 村上佛山『佛山堂詩鈔』
鷲津毅堂『薄遊吟草』
村瀬藤城『二家対策』
長戸得齋『得齋詩文鈔』
- - 齋藤竹堂38 7/13柴山老山65 -
1853 嘉永6 癸丑 草場佩川『佩川詩鈔』
村瀬太乙『茶山詩鈔』
棕隠『嵯峨小稿』
安積艮斎『艮斎詩略』
- - - - 9/3村瀬藤城63 ペリー来航
1854 安政1 甲寅 棕隠『水流雲在楼集』
藤井竹外『竹外二十八字詩』
藤森弘庵『春雨楼詩鈔』
- - - - 3/16水野陸沈72
長戸得齋53
-
1855 安政2 乙卯 淡窓『淡窓小品』
雲如『湘雲集』
- 4/12 頭山 満 - 菊池五山81
中島棕隠77
- -
1856 安政3 丙辰 山田翠雨『丹生樵歌』
雲如『晃山遊草』
『星巌集戊・玉池吟社詩』 - - 広瀬淡窓75 - -
1857 安政4 丁巳 寺門静軒『テイ肩瓦嚢』
雲淙『志摩詩志』
『安政三十二家絶句』
- - 2/27木曽岐山 - 青木敬慶75
2/13菱田毅齋74
4/28戸田睡翁67
-
1858 安政5 戊午 - - - - - 9/2梁川星巌70 -
1859 安政6 己未 成島柳北『柳橋新誌』初編
大沼沈山『枕山詩鈔』初編
- - 雄山魯岳 吉田松陰30
10/1原采蘋62
9/24佐藤一齋88
10/7頼三樹三郎34
安政の大獄
1860 万延1 庚申 長谷川昆溪『近世名家詩鈔』
関重弘・藤田千歳『近世名家詩鈔』
篠崎小竹『小竹斎詩鈔』
植村蘆州・眞下晩菘『六名家詩鈔』
- - - 安積艮斎71 - 桜田門外の変
1861 文久1 辛酉 大沼沈山『枕山詩鈔』二編
関重弘・藤田亀千載『近世名家詩鈔』
生口拡『近世詩林』
- - 12/18村瀬藍水 - 9/4江馬細香75 -
1862 文久2 壬戌 『新選名家絶句』
『文久廿六家絶句』
- 2/17森鴎外 - - 5/5佐藤龍涯71
8/?金森匏庵65
三宅東皐
-
1863 文久3 癸亥 - 『星巌遺稿』 1/25徳富蘇峰
2/14岡倉天心
- 遠山雲如54
8/17廣瀬旭荘57
2/12田辺恕亭52
2/13牧百峰63
-
1864 元治1 甲子 - - - - - 10/9後藤松陰68 -
1865 慶応1 乙丑 - - - - 齋藤拙堂69 - -
1866 慶応2 丙寅 内田均『慶應十家絶句』
森春濤『高山竹枝』
- - ?/?津田天游 藤井竹外60 宇野南村55 -
1867 慶応3 丁卯 門田朴斎『朴斎先生詩鈔』
大沼沈山『枕山詩鈔』三編
- 2/9夏目漱石
11/16服部擔風
- 草場佩川81 - 大政奉還
1868 明治1 戊辰 - - - - - - 明治維新
1869 明治2 己巳 - - - - - - -
1870 明治3 庚午 - - - - - 木蘇大夢 -
1871 明治4 辛未 - 江馬細香『湘夢遺稿』 - - - - -
1872 明治5 壬申 - - - - - 日比野孔武81
4/15小原鐵心56
-
1873 明治6 癸酉 - 小原鉄心『鐵心遺稿』 - - - 山田訥斎60 -
1874 明治7 甲戌 森 春濤『岐阜襍詩』 - - - - - 森春濤上京
1875 明治8 乙亥 - 杉山千和『大垣雑詩』 - - - 7/7渡邊芝瑞62 -
1876 明治9 丙子 - - - - - 7/29村瀬秋水83 -
1877 明治10 丁丑 - - - - - - -
1878 明治11 戊寅 - - - - 大槻磐溪77 - -
1879 明治12 己卯 - - - - - 3/29張紅蘭76
8/5村瀬雪峡53
-
1880 明治13 庚辰 - - - - - 6/11土井聱牙63 -
1881 明治14 辛巳 - - - - 菊池渓琴82 7/3村瀬太乙79
郷余齋73
9/27戸倉竹圃50
-
1882 明治15 壬午 - - - - - 1/5江馬金粟71 -
1883 明治16 癸未 - - - - - 溪毛芥66 -
1884 明治17 甲申 溪 毛芥『毛芥遺稿』 - - - - 12/29角田錦江82 -
1885 明治18 乙酉 - - - - 山中信天翁64 - -
1886 明治19 丙戌 - - - - - - -
1887 明治20 丁亥 - - - 4/?伊藤信 - - -
1888 明治21 戊子 - - - - - - -
1889 明治22 己丑 - - - - 11/21森春濤7 8/5雲谷任齋63 -
1890 明治23 庚寅 - - - - - 4/3神山鳳陽67 -
1891 明治24 辛卯 - 三宅樅台『樅台詩鈔』 - - 11/1大沼沈山74 - -
1892 明治25 壬辰 - 菱田海鴎『海鴎詩刺』 - - - 2/7村瀬藍水32 -
1893 明治26 癸巳 齋藤竹堂『竹堂詩鈔』 - - - - - -
1894 明治27 甲午 鴻 雪爪『山高水長図記』 - - - - - 日清戦争
1895 明治28 乙未 - - - 富長蝶如 3/1伊藤聴秋74 3/9菱田海鷗60 -
1896 明治29 丙申 土井聱牙『聱牙齋詩稿』 - 8/27宮沢賢治 - - 7/7三宅樅臺81 -
1897 明治30 丁酉 - - - - - - -
1898 明治31 戊戌 - - - - 岡本黄石88
鈴木松塘76
- -
1899 明治32 己亥 - - - - - 3/25野村藤陰73
11/29杉山千和79
-
1900 明治33 庚子 - - - - - - -
1901 明治34 辛丑 - - - - - - -
1902 明治35 壬寅 - - - - - - -
1903 明治36 癸卯 - 雄山魯岳他『藍水同人集』 - - - - -
1904 明治37 甲辰 - - - - - 6/18鴻雪爪91
9/11神谷簡齋82
5/29石井梧岡58
日露戦争
1905 明治38 乙巳 - - - - - - -
1906 明治39 丙午 - - - - - - -
1907 明治40 丁未 - - - - - 9/30高橋倭南58 -
1908 明治41 戊申 野村藤陰『藤陰遺稿』 - - - - 7/5戸田葆堂58 -
1909 明治42 己酉 - - - - - - -
1910 明治43 庚戌 - - - - 小野湖山97 10/2 棚橋天籟77 -
1911 明治44 辛亥 高木竹軒『竹軒百律』 - - - - - -
1912 明治45 壬子 - - - - - - -

(生没年不詳)
笙洲凍滴(龍草盧ノ門)、卜部金英(柴山老山ノ室)、服部笙岳(白鴎社)、日比野草川(白鴎社)、石原東堤(白鴎社)、澤井樵歌(白鴎社)、塚原篁圃 (白鴎社)、岸田松齋(大垣藩侍医)、 南條東山(大垣藩)、松井種徳(大垣藩)、田結葵園(大垣ノ医)、釈霊譚(大垣縁覚寺)、堀田華陽(『聖代春唱』編)、小野石芝(岐阜ノ医)、前田梅園、豊田華岳、武山赤壁、 津坂拙修(『三野風雅』編)