Top

ごあいさつ  この個人ホームページについて

わたしたちの国語が今後、情報化の中でどの様な変貌を遂げて行くのか分かりませんが、 この半世紀余りの時間の中で、喪はれたのではなく、ましては忘れられたのでもない、長い時間をかけて確かに「壊れてしまった」と感じさせる、言葉と、その背後にあった信頼について、 わたしはそれを現代に詩を書く者の立場から、文学の領域で推し進めてきた詩人たちの変節や世代間の断絶の問題として、このかた考へてきたやうに思ひます。

日本の現代詩史上には、大正年間に発祥した口語詩が、僅々二十年ばかりの間に白熱して輝いた、まさに「抒情詩の黄金時代」と呼ぶべき頂点の一時代がありました。 「大東亜戦争の時代」を結末に据ゑたその運命について、詩の発想に内在する「限界」を論ひ、これを社会的に総括しようとする試みが、これまでに多くの現代詩詩人や「文学」学者たちによって行はれてきました。 しかしわたしは、それを高みから観下ろして「限界」とあざ笑ふのではなく、「文化の表情」として掬ひとることによって、これら先人の遺産をわたしたちの古典の末尾に位置付け、再評価の意味を晴れ晴れと語ってゆきたいと思ってゐます。 そして一国の生成に係る倫理と、世界史的な反省といふ二つながらの観点について、引き続き思ひをあらたにすることが、詩人に限らぬ、物質文明の只中に生まれたわたしたち世代以後のすべての日本人が念頭に置くべき、大切な「責務」であるやうに感じてゐます。

生き証人があらかた物故してしまった大正末年から昭和初期にかけて青春を送った詩人達、彼等が残した形見とも云ふべき「詩集」といふ原質から、 断絶された抒情詩の歴史を振り返るべく、1999年夏より、家蔵の詩集や国会図書館の書誌データをもとにしてこのホームページを開設し、かたがた卑見を公開して今に至ってゐます。 また2003年からは対象とする昔の詩人たちを江戸時代後期の漢詩人にまでひろげて、郷土美濃地方を中心に先賢の遺業を紹介するコーナーを併設することになりました。

文学は虚学でなく実学であります。古典は謂はば漢方薬に等しい。 今や西洋医学で手の負へない病に対して経験値に保証された漢方が求められてゐるやうに、世の中に求められてゐるのは、 (この日本では天皇制・儒教・仏教を始めとする)古来の伝統が保証する古典と、その語意識の中に生きて人々に処方する、生薬のやうな穏やかな効き目のある「詩」ではないでせうか。 わたしは自分の目指す文学をそのやうなものとして考へてきましたし、現に自分を支へてゐるのは、そのやうな文学を体現してくれた、昭和戦前期の雑誌「四季」「コギト」等に拠った抒情詩人たち、 そして江戸時代後期の漢詩人たちが遺してくれた世界観でした。 「西洋医学の科学的な正当性(戦後民主主義)」に立脚した現代の詩人達を否定するものではありません。 今は糜爛した文化・社会全体に対して、その恢復が求められてゐるのです。

コンテンツの資料的部分では図書館界が推進してゐる「電子アーカイブ」事業と期を一にしてゐる所もあり、国会図書館の公開事業推進によって、このやうなサイトがこのさきどのやうな運命をたどるのかは正直、私にもわかりません。著作権が関はる公のサイトが手を出しづらい部分を補完するかたちで、ライフワークの存在意義が今後も確保されたらと思ってゐます。また管見を披露する部分では、私淑する詩人達と一緒に、むしろ伝統の末尾に殉ずることができる喜びの気持で臨んで参りたいと存じます。 多くの方々の理解と協力と黙認を経て成り立ってゐるこのサイトの資料情報のコンテンツについて、私は著作権上の公衆送信権を利己的に主張するつもりは今後もありません。

新刊書店の「現代詩」のコーナーでは目にする機会のすくない、戦前抒情詩と江戸漢詩の世界に触れていただければ幸ひです。感想・要望・御指摘など御気軽にお聞かせ下さい。

(2017.02.18update) 中嶋康博

logo


サイト移転の御挨拶 (2014/04/10)

私こと長らく勤めてきました職場の大学図書館からはなれ、この春より一学科部局の事務職への転属を突然に仰せつかりました。 文学研究書の大方を図書館に寄贈してしまったあとでの思はぬ異動であり、実に残念ではありますが、職務に恥づることはありませんでしたので致し方ない気もしてをります。

さて仕事上もさることながら、図書館サーバーの空き領域を拝借して開設してをりました当個人サイトも、管理者の異動とともに休止せざるを得なくなったのでしたが、 幸運なことに古書書誌サイト「稀覯本の世界」管理人様の御厚意御助力をもって、 容量が6Gbほどもあったホームページは新天地のサーバーに移転され、コンテンツのスリム化を施して頂いてをります。 まったく予想しなかったスピードでの再開には管理者当人が驚きを隠し得ず、ここにても篤く感謝申し上げる次第です。ありがたうございました。

今後、文学とどのやうに関はってゆくことになるのか、想像つきませんが精神衛生を第一に復活を期して養生・修養に努めます。 完全復活といふも結局はそれを俟ってのこと。不徳の管理者の心中なにとぞ御推察のほどよろしくお願ひを申し上げます。


★表記は堅苦しくない歴史的仮名遣ひを使用してゐます。現代仮名遣ひからの「変換のし忘れ」が散見されることと存じます。

★各ページへのリンクは自由ですが、一部HP上公開に係る著作権(デジタルデータへの複製、公衆送信、送信可能化について)の許諾を受けたコンテンツを含んでをります。

 ダウンロードした情報についての扱ひは慎重にお願ひします。画像ファイルおよび掲載記事の無断転載は御遠慮下さい。

★コンテンツは大まかに以下の様な構成になってゐます。

  1.    【明治・大正・昭和初期 詩集目録】近代詩に関する書誌データベース。ところどころ1次情報を公開してゐます。「四季」「コギト」総目録を併載。
  2.    【四季派の外縁を散歩する】四季・コギト・モダニズム系の抒情詩人たちをめぐる管理人のエッセイ類。
  3.    【Twitter】些末な記事など現在専ら頻繁に更新される場所です。
  4.    【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】江戸時代後期に活躍した郷土美濃國の先達詩人の文業を紹介。
  5.    【書評 BookReview】新刊・古書とりまぜて御紹介。
  6.    【田中克己文学館】先師の詩業を紹介するデータベースです。ここだけでもお立ち寄り下さい。
  7.    【LINK】お世話になってをります。
  8.    【管理者日録】掲示板。現在専ら更新される場所です。
  9.    【過去ログ】掲示板の過去ログを公開してゐます。

★おもな更新履歴

  1.    2017/09/04  【四季派の外縁を散歩する】第22回 東北の抒情詩人一戸謙三 モダニズム詩篇からの転身をめぐってup。
  2.    2017/07/07  【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】「戸田葆堂」に全昌寺展墓記追加。
  3.    2017/07/04  【四季派の外縁を散歩する】第6回 保田與重郎をめぐって ノートその4 『絶対平和論』up。
  4.    2017/07/03  【明治・大正・昭和初期 詩集目録】に、瀧川富士夫『夜道』1933、鈴木武雄『壁』1942の全文画像up。
  5.    2017/05/21  【田中克己文学館】 田中克己日記 1960 まで翻刻を完了。
  6.    2017/04/25  【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】「戸田葆堂」に豆馬亭訪問記追加。
  7.    2017/03/30  【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】「戸田葆堂」に『芸窓日録』公開。
  8.    2017/03/14  【明治・大正・昭和初期 詩集目録】に、池田日呂志『夜への歌』1938、 竹内てるよ『花とまごころ』1933の全文画像 up。
  9.    2017/02/12  【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】に「戸田葆堂」公開。
  10.    2017/02/08  【書評】新刊BookReviewに、29.『日本近代詩の成立』亀井俊介著up。
  11.    2016/11/13  【明治・大正・昭和初期 詩集目録】に、白鳥郁朗遺稿詩集『しりうす』の全文画像 up。
  12.    2016/05/03  【四季派の外縁を散歩する】第21回 東北の抒情詩人一戸謙三 追記up。
  13.    2016/04/11  【ごあいさつ】の言葉更新。
  14.    2016/03/30  【四季派の外縁を散歩する】第21回 東北の抒情詩人一戸謙三 up。
  15.    2016/01/29  【書評】新刊BookReviewに、28.『白昼のスカイスクレエパア』北園克衛モダン小説集up。
  16.    2016/01/10  【明治・大正・昭和初期 詩集目録】北陸地方の戦前詩誌に福井の詩誌『詩話会』(芦原温泉)『サフラン』(福井県武生)追加。
  17.    2016/01/08  ホームページにサイト内の横断検索ができる検索窓を設置。
  18.    2016/01/03  【書評】新刊BookReviewに、27.『言霊の人 棟方志功』石井頼子 著up。
  19.    2015/12/07  【書評】新刊BookReviewに、26.『詩歌に救われた人びと―詩歌療法入門』小山田隆明 著up。
  20.    2015/12/07  【四季派の外縁を散歩する】第17回 詩人小山正孝再考update。
  21.    2015/11/26  【明治・大正・昭和初期 詩集目録】に、河野進第一詩集『十字架を建てる』の全文画像 up。
  22.    2015/09/23  【書評】新刊BookReviewに、25.『杉浦明平暗夜日記1941-1945』up。
  23.    2015/06/18  【田中克己文学館】詩作日記「夜光雲」原冊をPDF公開。
  24.    2015/06/11  【田中克己文学館】田中克己日記1943-1991 の翻刻を開始。
  25.    2015/06/06  【明治・大正・昭和初期 詩集目録】に、北陸地方の戦前詩誌 up。
  26.    2015/04/21  【書評】新刊BookReviewに、24.『日夏耿之介の世界』up。
  27.    2015/03/25  【書評】新刊BookReviewに、23.『悲傷の追想―『コギト』編集発行人、肥下恒夫の生涯 』up。
  28.    2014/04/10  サイト移転完了。順次スタイルシートに変換中。
  29.    2014/03/31  管理人の図書館からの異動に伴ひ、一時サイト休止。
  30.    2013/05/31 『中嶋康博詩集』を編集、潮流社より自費刊行(300部)。
  31.    2013/03/24 掲示板を自由投稿モードから日記モードに変更。
  32.    2012/05/19 杉山平一先生逝去97歳。
  33.    2011/06/27 【古典郷土詩の窓】金龍道人、山田鼎石の項より円徳寺所蔵史料公開。
  34.    2010/05/07  サイトカウンター10万アクセスを記録(2000/01/21〜)。
  35.    2009/07/   【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】に宮田嘯臺資料公開。
  36.    2009/01/05 【四季派の外縁を散歩する・田中克己文学館】に、「田中克己文学アルバム」ほか公開。
  37.    2008/10/23 【明治・大正・昭和初期 詩集目録】深尾贇之丞資料公開。
  38.    2008/06/23 【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】に梁川星巌『西征詩 星巌乙集』公開。
  39.    2006/11/   【明治・大正・昭和初期 詩集目録】・田中克己文学館に『詩集西康省』ほか公開。
  40.    2003/05/06 【濃飛百峰 古典郷土詩の窓】公開開始。
  41.    2002/12/02 【明治・大正・昭和初期 詩集目録】高木斐瑳雄資料公開。
  42.    2002/11/11 【明治・大正・昭和初期 詩集目録】公開開始。
  43.    2002/09/13  ホームページ一旦休止ののち再開(10/01)。
  44.    2000/09/07 「四季」総目録公開。
  45.    2000/08/24 「コギト」総目録公開。
  46.    2000/01/27  掲示板開設。
  47.    2000/01/21  カウンター設置。
  48.    1999/06/30  ホームページ開設。
  49.    1999/04/04 平野幸雄氏編集「絨緂:じゅうたん」43号(4月)、44号(8月)に最初のコンテンツとなる「四季派の外縁を散歩する」を掲載。
  50.    1993/08/22 『田中克己詩集』を編集、潮流社より刊行(300部)。
  51.    1993/08/22  田中克己詩作日記『夜光雲』を山の手紙社(岐阜)にて編集・自費刊行(100部)。
  52.    1993/08/22 『詩集蒸気雲』山の手紙社(岐阜)より自費刊行(200部)。
  53.    1992/04    帰郷、岐阜女子大学奉職。
  54.    1992/01/15  先師田中克己逝去80歳。3/10 悠紀子夫人逝去。。
  55.    1988/12/28 『詩集夏帽子』七月堂(東京)より自費刊行(200部)。。
  56.    1987/08/09 「季」(関西四季の会発行)43号より50号(1989/05)まで同人参加、以後「季」「東京四季」「朔」「四季派学会論集」等に寄稿
  57.    1987/02/28  第五次「四季」(田中克己主宰)終刊11号に詩「音楽」ほかを発表。
  58.    1961/03/30  名古屋市に生れ、岐阜市に育つ。富山大学卒業後上京、台東区立下町風俗資料館勤務(1984/04-1990/03)。

【広告】(2013.7.2)

『中嶋康博詩集』 2013.5.31潮流社刊, 126p ; 21cm上製 付録8pつき

内容 T:夏帽子(1988)より U:蒸気雲(1993)より V:雲のある視野(拾遺篇)

 思ふところあって、自分のこれまでの詩作のあゆみを一冊にまとめることにいたしました。
 久しぶりに昔の作品を読み返してみて思ったのは、自らの作風が気候や政治のレベルで現在真実に喪はれつつある日本の自然風土に頼りきりのものであり、 自然と共生する発想を失ひつつある新しい日本人の目からは、書かれたとき以上に孤立した詩境として映るのではないかといふ惧れ、といふか感慨でした。

版元潮流社には在庫はございません。一般書店では販売してをりません。 amazonにてお求め下さい。


連絡先: 宛先

御手紙の場合は、現在の職場である岐阜女子大学:〒501-2592 岐阜県岐阜市太郎丸80 までお願ひいたします。


home